« モバイルドライ MD-2 | トップページ | TACHIO Bridle Leather »

2012年9月29日 (土)

SEIKO ASTRON に触れてみた

お久しぶりです。

また長い間放置していましたが、とりあえず元気でした。

最近涼しくなってきましたし、そろそろ本格的に活動再開するかも?

さて、今日は SEIKO ASTRON について。

・・・といっても、それほど詳しいことは知りません。

ただ、数日前にニュースで見て、「ああ、SEIKOがGPSで時間調整する腕時計を出すのか。」ということを知り、何気なく立ち寄った時計店で見せてもらっただけです。

第一印象としては、意外と悪くない感じです。いや、面白いかも。

必要性の有無は別として、世界中で正確な時間を得られるのは魅力的です(私には必要ないですが・・・)。

そして、新機能を詰め込んだ時計にしては、無難なデザインにまとまっていて、それほど嫌味がありません。知らない人が見たら、(大きいけど)普通の時計としか思わないでしょう。

時計の質感も、(新機能を搭載しているのに係らず価格を押さえ気味?にしている時計としては)悪くはないような・・・。

しかし、GPSを利用するということは、GPSを捕捉出来ない室内では正しい時刻を示せず、実際に店頭に並べられていた ASTRON は、それそれ微妙な秒差が出ていました。

仕方ないとはいえ、ちょっと残念かな?

でも、なかなか面白い存在だと思います

|

« モバイルドライ MD-2 | トップページ | TACHIO Bridle Leather »

コメント

デザインはG世代の私にはサイズを考えなくとも文字盤がカシオっぽく見えましたね。限定カラーは特に。

受信精度はまあ・・・構造から考えればまだマシな方な気もします。
アウトドア専用と違ってソーラーである事と修正に時間を要しないので
電波時計と違って外に出る時に修正する事を前提にすれば気にならないかもですね。

シリーズ継続して10年ぐらいすれば小型軽量化していきそうですが今のセイコーでは続けてくれるでしょうか・・・
面白い一品ですがGPS時計という特性上、日本では埋もれてしまうのではという気もします

投稿: サガ | 2012年10月 2日 (火) 16:53

確かにカシオの時計と言っても疑う人は少ないと思います。
私も、時計店で「カシオみたいですね。」と思わず言ってしまいましたから。
これまでの、セイコーの新商品で頻繁に見られていた不気味さは薄れていますね。

店の人に聞いたところ、技術的にはセイコーではなくてエプソンの実力が大きいみたいです。
それなら、今後は他社家電メーカーと手を結んだGPSウォッチが出てきたり・・・しないかな?

投稿: royalblau | 2012年10月 2日 (火) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/55776917

この記事へのトラックバック一覧です: SEIKO ASTRON に触れてみた:

« モバイルドライ MD-2 | トップページ | TACHIO Bridle Leather »