« 来年の手帳 | トップページ | 今年もノートンで(その後) »

2008年11月10日 (月)

すり傷には

すり傷に使うのは、メンソレータムかオロナインか・・・。

子供の頃から、その時の気分で使い分けてきましたが、本当は、どちらが良いのでしょうか?

メンソレータムの方が刺激が強いので、効き目も大きいような気がしていましたが、多分それは間違いでしょうね。

|

« 来年の手帳 | トップページ | 今年もノートンで(その後) »

コメント

こんにちは!

私は、というか我が家はオロナイン派でした。
母はオロナインを万能薬と思っているようなので、皮膚に何らかの異常が出たり、刃物で切って血だらけになってもオロナインを塗ってました。
大きくなってから、「これにオロナインを塗るのはおかしくない?」という疑問がよぎりましたが、今までこれで治ってきたので、まあいっか~って思っています(*^.^*)

投稿: 渓雪 | 2008年11月12日 (水) 11:19

渓雪さん、こんにちは。

私の場合、メンソレータムの比率が若干高かったと思います。
でも、冬になると、なぜかオロナインの出番が増えました。

どちらも、“しもやけ”に効果があるようですが、しもやけにはオロナインでしたね。

なお、私は中学一年生の冬に、生まれて初めて“しもやけ”ができたのですが、最初は何のことかわからず、虫にさされて腫れているのだと思い、ウナやキンカンを塗ったり、氷で冷やしたりしていました。
(それを母に見られ、笑われました。)

ところで、オロナインは“虫さされ”には対応していないのですね!
これは最近になって知りました。
知らずに使っていたような・・・。

投稿: royalblau | 2008年11月12日 (水) 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/43073143

この記事へのトラックバック一覧です: すり傷には:

« 来年の手帳 | トップページ | 今年もノートンで(その後) »