« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

花の写真 (76)

Flower_2008_0125Flower_2008_0126Flower_2008_0127Nikon D300 + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

久しぶりに花の写真を撮ったような気がしています。

名前は・・・。

何だったかな?

聞いたけど、忘れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

Logicool MX 1100 購入

Logicool_mx1100_01Logicool_mx1100_02Logicool_mx1100_03Logicool MX 1100 Cordless Laser Mouse(MX-1100)です。

発売当初から、買うべきか見送るべきか、かなり迷っていましたが、ボタンの数(10個)に魅力を感じ、買い足しを決めました。

現在、私が所有する、他のロジクールのマウスは、

・MX Revolution(MX-R)

・VX Revolution(VX-R)

・MX 620 Cordless Laser Mouse(MX-620)

・VX Nano Cordless Laser Mouse for Notebook(VX-N)

です。

VX-R と VX-N は、モバイル用途で使っているので、長時間使用することはあまりありませんけど、MX-RとMX-620は1日中使っていることが多いです。

MX-R は多機能かつ使いやすくて好きなのですが、専用充電池を使用するため、充電器を近くに置いていなければならないのが若干不便です。しかも、電池の劣化のため、1回のフル充電で当初の半分の日数(7、8日程度)しか使えなくなってしまいました。

MX-620 は、単3乾電池2本の使用で、約1年間の電池寿命があります。ロジクールならではの、ハイパーファストスクロール機能も有しており、普通に使うのなら、これで問題ないはずです。しかし、MX-R を使い慣れていると、物足りない部分も出てきます。

そこで、MX-R に近い機能を持ち、乾電池で使える MX-1100 は、私にとって、理想的なマウスだと思っていました。

でも、無理に買うこともないかな・・・、ということで、しばらく見送っていたのです。

ところが、最近、PCをかなり多用していて、“便利なマウスが欲しい!” ということで、急遽購入しました。

Logicool_mx1100_04Logicool_mx1100_05Logicool_mx1100_06大きさの比較です。

左から順に、MX-R、MX-620、VX-R と並べた写真です。

MX-1100 は、横幅が広いため、見た目よりも大きく感じましたが、1時間も使っていれば、慣れてしまいました。

とりあえず、“コピー/貼り付け”をボタンに振り当てたりして、便利に使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

PHOTOSHOP ELEMENTS 7 を使って

先週末から、急に忙しくなったため、趣味の目的ではほとんど使えていないフォトショップエレメンツ7です。

それでも、気分転換のため、少し使ってみました。

Adobe_photoshop_elements7_01Adobe_photoshop_elements7_022枚の写真から、邪魔なSDHCカードを消します。

本当は、記念写真や風景写真などで入り込んでしまった人や物を消すことを目的としている機能ですが、そんな写真を撮る機会がなかったので、この写真で代用してみました。

(それにしても、もう少し考えて写真を撮るべきだったかな?)

Adobe_photoshop_elements7_03消したいSDHCカードに、軽く線を引くように印をつければ、すぐに完成します。

あまりに簡単だったので、少し驚いてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

再度色の変化を(1ヶ月後)

Ink_20080924Ink_20080924_20081025およそ1ヶ月が経過したので、比較してみます。

やはり、ブルー系のインクは光に弱いですね。

これを見ると、この中のブルーなら、何を使っても、それほど差は出ない様子・・・。

今後、ここから頑張ってくれるインクがあるか、それとも全て消え去る運命にあるのか、そのあたりを観察してみます。

ついでに、もう1つの紙は、こんな様子です。

Ink_09ここまで来ると、先月との差が、わかりにくくなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

PHOTOSHOP ELEMENTS 7 を買いました

Adobe_photoshop_elements7フォトショップ エレメンツ 7 を買いました。

まだ、インストールしたばかりなので、ほとんど使ってはいません。

今まで私が持っていた、遥か昔のバージョンからすると、随分と変わりましたね。

いや、変わったというより、最近は全く使っていなかったから、初めて使うような感覚です。

まだ使ってみたいソフトもありますけど、少し絞り込んでいった方が良いのかもしれません。

本当は、1つで全てを満たしてくれればありがたいのですが、それが難しいのですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

ペンの写真 (10)

ほとんど治っていたはずの風邪が再度悪化したのか、夕方から頭が痛いです。

それでも、薬を飲んでおとなしくしていたら、少しは良くなったみたいですね。

久しぶりに、ペンの写真です。

クローズアップフィルターの使い勝手を試してみたかったので・・・。

Aurora_afrika_01Aurora_afrika_02共通事項として、カメラはニコンのD40、SB-800によるバウンス撮影、そしてクローズアップフィルターを2枚重ねて使用していますす。

使用したレンズに違いがあり、左が AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II 、右が AF Nikkor F1.4D です。

簡単に言えば、左がD40のキットレンズ、右が50mmの標準レンズですね。

あ、それから、どちらも絞り値F5.6です。

本当は、50mmはF1.4でも撮ってみたかったのですけど、とても使えるような写真にならなかったため、断念しました。

この程度で許してもらえるのなら、使えそうです。

いや、許してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

花の写真 (75)

Flower_2008_0120Flower_2008_0121Flower_2008_0122クローズアップフィルターを“AF Nikkor 50mm F1.4D”に取り付けて撮った写真です。

かなり、下手ですね・・・。

撮っている最中は、もう少しまともな写真が仕上がると思っていたのですけど。

風で揺れる花を手持ちのマクロ撮影、しかもオートフォーカス、というのは、かなり無理がありました。

うーん、悔しい。

あ、今回の写真は、普段とは異なる点が、もう1つあります。

何だか、わかりますか?

続きを読む "花の写真 (75)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

クローズアップフィルターを買ってみた

Hakuba_mccloseup_01以前から、少し興味はあったのですが、60mmと105mmのマイクロレンズを購入した後に、わざわざ買う必要などないだろうと思っていました。

しかし、ある事情により、どんなものなのか調べたくなったのです。

裏の説明を読んだら、“2枚組み合わせて使用することによりさらに高倍率の撮影ができます。” と書いてあるので、しばらく悩んだ後、2枚の購入となりました。

とりあえず、D40とキットレンズ(18-55mm F3.5-5.6)で確認です。

Hakuba_mccloseup_02Hakuba_mccloseup_03Hakuba_mccloseup_04左から、フィルターなし、フィルター1枚、フィルター2枚での撮影です。

さすがに、内蔵フラッシュでは、けられてしまいますね。

かなりの接写が可能なのではないでしょうか。

参考のため、60mmのマイクロレンズで撮った写真を載せてみます。

Hakuba_mccloseup_05持っているならば、素直にマイクロレンズを使った方が良さそうですが、クローズアップフィルターも、それなりに使えるかな、という印象です。

実は、このクローズアップフィルターを使って、いろいろ撮ってみました。

撮ってみたのですが・・・。

すみません、続きはまた明日ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

50mm

私は、花や時計などの接写をすることが多いためか、60mmあるいは105mmのマイクロレンズを常用しています。

ちょっとした理由があり、久しぶりに50mmをD300に組み合わせてみましたが・・・。

あれ? 50mm F1.4 って、使うの難しくないですか?

しばらく苦労しながら使っていましたが、素直にF5を出してみました。

やはり、こちらの方が馴染みます。

何だか、素人丸出しの感想です。

でも、一眼レフで、まともに地上の景色を撮りはじめたのは今年からなので、そこは許してくださいね。

天体写真では、F2 に 50mm F1.4 という組み合わせを使うことが圧倒的に多かったです。

うーん、懐かしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

ブルーブラックで1ヶ月

ブルーブラックのインクを本格的に使うようになって、1ヶ月が経過しました。

144とM400の両方とも順調で、特に問題となるようなことはなさそうです。

144では、EFなのにフローが良すぎる傾向があったので、ブルーブラックを入れることにより、むしろ使い勝手が向上しています。

しかし、他の万年筆よりも優先してしまうため、使う万年筆の偏りが大きくなってしまいました。

なかなか、うまくいかないですね・・・。

それから、最近ではブルーブラックの色で慣れてしまったので、久しぶりにロイヤルブルーを使うと、“うわっ! 青い!” と感じてしまうことに、自分でも驚いています。

やはり、慣れって、大きいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

時計の写真 (18)

Epos_11秋ですね。

黒文字盤に、黒のストラップ。

夏なら、暑苦しくて使う気にならない時計でも、そろそろ似合ってくる頃でしょうか。

ということで、今日の時計は、これでした。

D40にキットレンズで手持ち撮影。

時計と同じく、お手軽に。

でも、しっかり楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

花の写真 (74)

Flower_2008_0118Flower_2008_0119同じ花が続いてしまい、ごめんなさい。

でも、ホトトギスは、好きですから。

本当は、今日はコスモスを撮りに出かけたのですが、目的地が混雑していたので断念しました。

意外と弱気(?)なので、人ごみの中、邪魔になりそうな場所で撮るのは嫌いなのです。

やはり景色は、先ずは肉眼で楽しむもの、という感覚です。

まあ、本当は、人ごみが嫌いなだけかもしれませんけど・・・。

さて、今回の写真ですが、レンズを変えると印象が異なりますね。

最近、105mmばかり使っていたので、久しぶりに60mmを使うと戸惑います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

花の写真 (73)

Flower_2008_0116Flower_2008_0117ホトトギスには、いろいろな種類がありますが、どれも好きです。

もう少し、明るい場所で撮った方が良いのかも・・・。

でも、日陰でおとなしく咲いている花、という状況が似合うような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

クルトゥールにイエローオレンジ

Waterman_k_02私は今まで、万年筆で“大はずれ”は経験していないのかもしれません。

ちょっと書きにくかったり、購入直後に故障したり、その程度のトラブルなら人並みに経験していると思いますが、どうにもならないようなことは、ありませんでした。

まあ、万年筆というものは、何をどこまで求めるかによって、人それぞれ満足度が違いますから、全く同じ万年筆でも良いと感じる人もいれば、悪いと感じる人もいるので、客観的な判断は非常に難しいですよね。

私の場合、神経質な面と、大雑把な面を持ち合わせているみたいで、トラブルが発生した場合、最初は、“困った、どうしよう・・・。” と悩みますが、そのうち、“まあ、この程度なら、気にしなくても、いいか。” ということで終わってしまうことが多いです。

仮に、血液型による性格を信じるとすると(あまり信用する気になりませんけど)、私は付き合いの浅い人からはA型と見られる確率が高いのですが、ある程度親しくなると確実にO型として見られるようになります。

何だか、話が変な方向に行ってしまいましたが、いつも下書きなしで、思いつくままに書いていますので、そのあたりは許してくださいね。

さて、クルトゥールです。

私が所有する万年筆の中で、最も多くのインクを試したのは、間違いなくクルトゥールです。

それは、低価格なので、気楽に変えて遊んでみる・・・・、という理由ではなく、相性の良いインクを見つけるのに苦労したのです。

最初に使ったのは、純正のブラックでしたが、これが非常に相性が悪く、数時間で乾いてしまい、とても快適に使えるものではありませんでした。

その後も、純正を中心にいろいろ試してみましたが、翌日には満足に書けないことが多くて困りました。

まあ、それなりに相性の良いインクもあったのですが、ペンのイメージと合わないような気がしたりして、結局、あまり使わなくなりました。

今年、セーラーのイエローオレンジを買いましたが、実は買ったときからクルトゥールで使ってみたかったのです。

明るいペンに、明るいインクで、絶対に楽しめるだろうなと。

乾燥して書けなくなることを覚悟の上で、インクを入れてみました。

それで、結果は・・・。

なんと、翌日も書けます!!!

ただし、煮詰まるのが早すぎるのか、以前M400で使っていたときより、確実に色が濃いです。

私は、クルトゥールに対し、これ以上のことは求めません。

だって、好きな組み合わせにして、書けるのですから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

Vaimo11 FLAT (4)

前回、“40枚綴じるだけなら、従来から存在する、35号針や3号針でも問題ない。” と書きました。

ただし、40枚を超える枚数となる場合や少し厚めの紙を使用した場合では、35号針や3号針の方が限界を迎えるのが早く(紙には突き刺さるが裏面でうまく折れ曲がらない)、11号針を用いた Vaimo11 FLAT が最も多くの枚数(厚さ)に対応できるということがわかってきました。

やはり、アーチを形成することにより、針を奥まで押し込みやすいことと、針自体が細く、裏面で曲がりやすいことが、多くの枚数を綴じることに対し、効果的に働いているようです。

Max_vaimo11flat_10もう一度、針を見比べてみました。

上から、3号、35号、11号、10号で、それぞれ100本を並べています。

3号は、特に太い針ですね。35号も、3号ほどではありませんけど、若干太いです。

こうして見ると、太ければ曲がりにくいのは、仕方ないことかもしれません。

また、細い針は、リムーバを使って針を除去するのに、大きな力を必要としないことにも役立っています。

ただ、1つだけ。

針が細い分、除去に失敗した場合に、針が折れやすい気がします。正直言って、数字では実証できませんが、そんな感覚です。

まあ、まともなリムーバを使えば、それほど失敗はしないと思われますので、余計な心配かもしれませんが・・・。

こうして見ていくと、Vaimo11 FLAT、そして11号針は、かなり便利だと思います。

そうなると、後は、“小さく”、“安く”ですよね。

Max_vaimo11flat_11ダイソーで購入した、小型の3号タイプを並べてみました。

“100円で出せ!” とは言いませんが、実売価格五百円程度の小型版が欲しいです。

だって、千円以上出して、個人的にホッチキスを購入する人なんて、そんなにいませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

クルトゥールを綺麗に

万年筆のインクの入れ替えを行った際、クルトゥールにセーラーのイエローオレンジを入れるつもりでした。

しかし、表面の艶消し(滑り止め?)コーティングが劣化し、かなり酷いことになっていたのです。

ベタベタです。

いや、ドロドロという方が、感覚としては近いでしょうか。

とりあえず、見なかったことにして・・・。

そんな時、代理店で交換してくれるとの情報をいただき、どうするべきか、少し考えていました。

結局、エタノールの出番です。

Waterman_k_01劣化の酷い部分は、うまく剥がれ落ちました。

それほど劣化していない部分は、残っています。

(しかし、この写真では、わからないですよね。)

艶消しの蛍光イエローから、クリアーな蛍光イエローに変身しましたが、結果として気に入っていますので、この状態で使うことにします。

なお、私のクルトゥールは、この色で万年筆が2本、ボールペンが2本ですけど、なぜかボールペンの劣化が激しかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

カメラ購入を勧める

知人が、デジタル一眼レフカメラの購入を検討していたので、少し話をしてみました。

一応、キヤノンの40Dが本命だけど、50Dが発売されてから決める、ということになっていたのです。

-----------------------------------------------------

(家電量販店のカメラ売り場の前で)

“何を買うか、決めたの?”

“いやー、それが、2週間前からずっと悩んでいますよ。”

“前回話していたように、安くなった40Dで問題ないと思うけど。”

“そうですよね・・・。”

“予算に余裕があれば50Dとか、更にもう少し頑張って(ニコン)D300とかを買うことを勧めるけど、40Dだって決して悪くないよ。”

“わかりました、40Dに決めます。”

“そうだよ。カタログスペックばかりを気にするより、早く買って一枚でも多くの写真を撮った方が絶対に良いから。”

“ちなみに、どこで買うのが良いと思いますか?”

“もう、安い店で買ってしまったら? 誰もわからないって。”

-----------------------------------------------------

最後の一文で気付いたかもしれませんが、話していた相手は、家電量販店の店員さんです。

つまり、店員さんにカメラの購入を勧めていました。

私は、何をしているのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

Super Sheriff でブルーブラックを消す

Pelikan_supersheriff_09ブルーインクに続いて、今度はブルーブラックです。

普通に考えれば、完全に消えることはないはずです。

だって、ブルーブラックでも消えるのなら、最初から“ブルーブラックにも対応”って書いてあるはずです。

そして、消した後、どのような色で残るのかも、概ね予想できてしまいます。

Pelikan_supersheriff_10予想通りの、薄いブラックです。

ブルーブラックを、直ちに黒くしたければ、こんな使い方もあるのかもしれません。

誰も、そんなことはしないと思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

Super Sheriff で青を消す

Pelikan_supersheriff_01Pelikan_supersheriff_02Pelikan_supersheriff_03今さらですが、Pelikan Super Sheriff です。

ペリカンのロイヤルブルーで書いた文字を“白”で消し、その上から“青”で訂正するというものです。

Pelikan_supersheriff_04Pelikan_supersheriff_05Pelikan_supersheriff_06具体的には、こんな感じになりますね。

一度、“白”で書いてしまうと、その上には万年筆では書けませんので、“青”を使って書くことになります。

ペリカン製品なので、ペリカンのロイヤルブルーが消えるのは当然のことですが、他のインクはどうだろう、 ということで試してみました。

Pelikan_supersheriff_07Pelikan_supersheriff_08消えると言うべきか、残っていると言うべきか・・・。

まあ、こんなものでしょうね。

消え具合が悪いのは、インクが煮詰まっている影響もあるかと思います。

最も良く消えたのは、クロスでしょうか?

しかし、使うペンによって、結果が異なるような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

花の写真 (72)

Flower_2008_0113Flower_2008_0114Flower_2008_0115昨日から、10月です。

しかし、10月といっても、特別なことがあるわけではなく、いつも通りの日々を過ごしています。

暑くもなく、寒くもなく、穏やかな気分になれます。

秋って、いいですね。

同じ、暑くも寒くもない季節の春より、秋の方が好きです。

だって、春はスギやヒノキに苦しまされますから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

4ヵ月後

Ink_08これに関しては、変化の度合いが小さくなったためか、さすがに飽きてきました。

やはり、別の実験を開始すると、そちらに興味が移ってしまいます。

それでも、もう少しだけ。

先月と比較してみると、イエローオレンジの退色が目立ってきました。

ブラウンは、書いた当時と比較すれば、明らかに色合いが変わっているのですが、鮮やかに残っています。いや、最初の頃より鮮やかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »