« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

Vaimo11 FLAT (3)

Vaimo11 FLAT が発表された時、“40枚まで綴じられるとは凄い!” と思ったのですが、よく考えてみたら、従来の10号タイプでも、30枚程度までは強引に綴じていたような・・・。

こんなこともあり、本当にVaimo11 FLAT は凄いのか、自分で確認したくなったのが、今回の発端です。

Max_1011353_01Max_1011353_02コピー用紙を、10枚、20枚、30枚、40枚と重ね、それらを綴じてみることにしました。

なお、一番上はPLUSのST-010V(フラットかるヒット)、以下は全てMAXで、HD-10FN(昔のフラットクリンチ、今は廃番)、HD-10FL(SAKURI FLAT)、HD-10DFL(POWER FLAT)、HD-11FL(Vaimo11 FLAT)、HD-35F(35号針を使用)、HD-35F(3号針を使用)となっています。

10枚と20枚は、全く問題なし。30枚も、何とか大丈夫でしょうか。

実際、30枚程度なら、10号を使ってしまうと思います。

ただし、外見上は綴じていても、すぐにバラバラになってしまう可能性もあるので、メーカーとしては推奨しない、ということなのでしょうか。

Max_1011353_03Max_1011353_04よく見ると、10号針での30枚は、ぎりぎりですね。

それより、40枚です。

40枚となれば、一気に状況が変化します。

Vaimo11 FLAT と、HD-35F のグループは、使えると判断しても大丈夫でしょう。しかし、30枚を10号針を使って綴じた時と、外見上の差は少ないので、何を持って適応枚数としているのか、ちょっと疑問も生じます。

40枚での10号タイプは、まず使えないと言って良いでしょうね。一応、ST-010V だけは、裏面まで針が届いていますが、かなり危ういです。

実は、別の紙を使って、何度か試しましたけど、ST-010V でも、失敗することがあり、常に裏面まで達するわけではありません。HD-10FN も、ST-010V ほどではありませんが、針が裏面まで届くことはありました。

HD-10FL とHD-10DFL に関しては、絶対に無理です。何度行っても、針が曲がってしまい、成功する気配がありません。

Max_1011353_05横から見たらわかりやすいと思いますけど、ST-010V 以外の10号は、M字型に折れ曲がっています。

紙に突き刺さらない、入って行かない、という感じですね。

なお、よく見ると、HD-11FL は、中央部が膨らみを持って、アーチ状のようになっています。

実はこれ、購入した初日から気がついていましたが・・・。

Max_sakuriflat_02Max_vaimo11flat_09やはり、針を押し出す刃の部分の形状が異なりますね。

刃の両端に突起が付いていて、それが押さえ付けるので、綴じた際にアーチ状となるようです。

強度的に弱いはずの11号針で、40枚綴じを実現するために、こんな工夫がされているのでしょうか。

今回の実験で感じたことは、以下の通りです。

・Vaimo11 FLAT は、ほぼ期待通りの性能で、使い勝手は良い。

・しかし、40枚綴じるだけなら、従来から存在する、35号針や3号針でも問題ない。

・人気の高いSAKURI FLAT が、実は厚さには弱かった。

・MAXに関しては、旧製品の方が厚さには強い。

・10号で厚い紙を綴じる可能性があるなら、フラットかるヒット を選ぶのが良いかも。

こんなところでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

Vaimo11 FLAT (2)

Max_vaimo11flat_07気に入ったので、買い足しです。

今回は、別途、11号針も買いました。

これで、当分の間は大丈夫だと思います。

本当は、今日の買い物はこれで終わるつもりだったのですが・・・。

続きを読む "Vaimo11 FLAT (2) "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

耐水性も

Ink_200809242_0Ink_200809242_1先日から開始した、インクの退色テストに加え、耐水性についても確認してみました。

書いてから2日経過した紙を用いて、1分間水に浸けました。

左が水に浸ける前、右が水に浸けた後です。

やはり、ブルーインクは水に流れやすいですね。

それは、洗浄が容易であることを示しているとも言えますが。

モンブランのブルーブラックは、青が消えた分、黒く見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

再度色の変化を

Ink_20060920_20080924古いノートを整理していると、こんなものが出てきました。

2年前も、インクの退色の様子を調べていたのですよね・・・。

なお、2年前は、最近行っているのとは異なり、直射日光を避けていましたので、ほとんと変化は見られない、ということで終了していたと思います。

この紙も、完全にページを閉じた状態にしてあったので、どれもはっきりと識別が可能です。

2年程度では、特に問題なし、と判断しても良さそうですね。

というより、直射日光の影響が、とても大きなことに気付かされます。

さて、インクも増えたことですので・・・。

Ink_20080924これは、窓に貼り付けることにします。

説明するまでもないと思いますが、各社のブルーインクです。

ただし、下2つは、ブルーブラックです。

また、ラミーのみカートリッジ、他は全てボトルインクです。

実際の使用条件に近付けるために、インク吸入から10日程度経過させていますし、もちろん、万年筆とインクは、純正の組み合わせを行っています。

耐光性に優れるのは、どのインクでしょうか?

普通に考えれば、モンブランのブルーブラックあたりですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

時計の写真 (17)

Breguet_aeronavale_04Breguet_aeronavale_05Breguet_aeronavale_06今日は秋分の日です。

立秋の時点では、まだ夏としか思えない気候でしたけど、さすがに秋分の日となれば、十分に秋を感じます。

そろそろ、レザーストラップの季節かも。

盆明け後、少し涼しくなった際に使いかけたけど、また元に戻したアエロナバルです。

このクロコストラップは本当に丈夫で、今でも全く問題ありません。

しかし、最近のブレゲに使用されているストラップは、若干品質が低下しているような気がします。

-----------

今日食べた、ウニとイカは、美味しかった・・・。

すみません、ひとりごとです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

Vaimo11 FLAT

Max_vaimo11flat_01Max_vaimo11flat_02Max_vaimo11flat_03こんなホッチキスが欲しかった・・・。

ブログのネタとは無関係に、迷わず購入を決めたのが、MAXから発売された、“Vaimo11 FLAT”です。

10号針を使用した、一般的なホッチキスの場合、安心して綴じられるのは20枚程度であり、それ以上の枚数になると、かなり無理をして綴じていました。

3号針にすれば、確実に綴じることが可能ですが、ぎりぎり10号針では対応出来ない場合には、3号針では大袈裟に見えて、気に入らなかったのです。

そんな時に、“10号針の感覚で40枚まで綴じられる。” となれば、もちろん買うしかないですよ!

もちろん、従来の10号針を使って40枚を綴じるのは無理なので、新開発の11号針を用いています。これは仕方ないですね。

Max_vaimo11flat_04Max_vaimo11flat_05Max_vaimo11flat_06左から(あるいは下から)順番に、10号針、11号針、3号針を並べています。

こうして見ると、11号針の大きさは、10号針よりも3号針に近いですが、綴じる枚数を増やそうとしたら、こうなるのは当然でしょうか。

なお、大きさは3号に近くても、針の太さは10号と同じなので、綴じる感覚や綴じた後の見栄えは、確実に10号に似ています。

私としては、かなり気に入っています。

ただし、11号針が付属しているとはいえ、定価(税込み)が\1,575なのは、ちょっと割高に感じてしまいます。

やはり、実売価格で\800以下、出来れば\500程度にならないと、余程必要としている人以外は、なかなか買ってくれないような気がします。

それでも、これ1つあれば、かなりの場面で対応可能でしょうから、しばらくは注目してみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

時計の写真 (16)

Rolex_airking_02Rolex_airking_03Rolex_airking_04最近は、こればかり使っています。

日差はプラス1秒程度で安定していますし、何よりも使いやすい時計です。

実に、侮れない時計です。

ところで、写真を撮りたくなる時計と、それほど撮りたいとは思わない時計があります。

撮りたいとは思わない時計の代表がロレックスでしょうか。

私にとって、ロレックスは使うための時計なので、鑑賞しようとは思えないのですよね。

しかし、カメラを構えていると、どの角度から見たら魅力的に写せるか、いつの間にか夢中になって撮っています。

上手か下手かは別の問題として、好きな被写体でなければ、夢中になれないと感じています。

写真を撮っていると、良く出来た時計だと気がつきます。

良く出来た普通の時計。

実用時計としては、最高の褒め言葉かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

M400と144のEF

M400_144_01最近、“EF”と書くとカメラの方を想像してしまうのは、万年筆に対する興味が薄れている証拠でしょうか・・・。

まあ、そんなことは気にしないでいきましょう。

M400と144、どちらも愛用の万年筆です。特にこのボルドーのM400は、使い始めてから一度もレギュラーの座から降りたことはありません。

そして、どちらもEFです。

簡単なメモ書きや手帳への記入など、非常に使用率の高い万年筆です。

これが太字なら、ここまで使うことはなかったはずです。やはり、細字の方が実用的だと感じます。

------------------------

以下、個人的な意見です。

私としては、“本気で仕事をしている時に、万年筆の楽しさなど必要ない。” と考えています。

もちろん、使いやすいことは求めますが、万年筆であることを必要以上に意識させられることは嫌なのです。

普段は、存在を消して欲しい。時々、“良いペンだな。” って、思い出させて欲しい。

こんな感じですね。

“インクが乾くのを待つことが、スローライフだなんて思わない。それよりも、ペンを使い続けて、ゆっくりと手に馴染んでいくことを楽しみたい。”

“万年筆自体は文化ではない。万年筆によって生み出されるものこそ文化である。”

あまり不満ばかり書いても仕方ないので、これでやめておきます。

うーん、ちょっとストレスがたまっているのかもしれませんね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

花の写真 (71)

Flower_2008_0110Flower_2008_0111Flower_2008_0112再度、杜鵑草(ホトトギス)です。

薄暗い場所で撮ったので、ノイズが出てしまっています。

杜鵑草は、花によって色合いが異なりますが、これは好きです。

ニコンだけではなく、他社のカメラも気になる・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

blauschwarz

ペンスタンドを買い、気分が良くなったためか、一気に万年筆のインクを入れました。

特に、手持ちのブルー系インクは完全復活です。

やはり、鮮やかなブルーは良いですね。

ところが、あるものに気がつきました。

文字通り、“封印”していたブルーブラックのインクに・・・。

実は、万年筆を本格的に使い始めた頃は、ブルーおよびブラックに加え、ブルーブラックも時々使っていたのです。

しかし、中途半端な色合いのブルーブラックが好きになれず、あまり使わなくなりました。

それ以上に、万年筆を急激に増やしてしまったことにより、手のかかるブルーブラックを避けるようになったことが大きいかと思います。

ただ、使わないと思っても、なぜか新品インクを買っていたのです。

この際だからと、使うことにしました。

インクは、モンブランとペリカンです。

モンブランは、以前もブルーブラックを入れたことのある144に即決です。

ペリカンは、M400です。どの軸に入れるか少し悩みましたが、ボルドーになりました。なお、今まで入れていたイエローオレンジを抜いたので、イエローオレンジをどこに持っていくか、それはこれから検討します。

久しぶりにブルーブラックを使った感想ですが・・・。

かなり好きかも。

かつては、好きになれなかった“渋さ”が、不思議にも落ちつくのです。

ただし、鮮やかなブルーに囲まれているからこそ、その良さを感じるのであって、地味なブルーブラックのみなら、すぐに退屈してしまうはずです。

だから、“royalblau”から、“blauschwarz”に改名、というところまではいきませんね。

今のところは・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

変化ペン立て (2)

Changeable_pen_stand_05変化ペン立てが、計4個となりました。

こうして比べると、丸よりも四角の方が、かなり大きく見えます。

もちろん、大きい分、収納可能数も増えます。

さて、4個にした理由、それはもちろん・・・。

続きを読む "変化ペン立て (2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

花の写真 (70)

Flower_2008_0108Flower_2008_0109連休なのに、すっきりとしない天気です。

台風の動きも、気になるところです。

鬱陶しい気分を吹き飛ばす・・・、までは行きませんが、花を見て落ちつくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変化ペン立て

Changeable_pen_stand_01100円ショップで、こんなものを買ってしまいました。

“変化ペン立て”と書いてあります。

丸と四角、好みによって変えられるみたいです。

それでは、実際に見てみましょう。

Changeable_pen_stand_02 Changeable_pen_stand_03 Changeable_pen_stand_04

分解して、組み立てるだけです。

店内では、丸と四角の両方の形で置いてありましたので、この形状は最初からわかっていました。

それでも、印象は違ってくるので、飽きたら変えて楽しむのが良いかもしれません。

なお、半分丸で、半分四角、といった使い方も面白そうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

再度お知らせ

ココログのバージョンアップ以降、操作が重くなった感じがしています。

バージョンアップ後に調子が悪くなるのは、いつものことなのですが・・・。

こんな時に、余計なことはしたくないので、レイアウトの変更は延期します。

仕方ないので、ホームページ用の写真でも撮っておこうかと思ったのですが、ちょっと風邪をひいたみたいで、体調が悪くて・・・。

ということで、何もしていない数日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ペンスタンドかペントレイ

インクを入れて常時使用する万年筆を増やす・・・、はずでしたが、使い勝手を向上させるために、手頃なペンスタンドかペントレイはないかと考えているところです。

いつでも持ち歩けるように、インクを入れた万年筆は全てペンケースに入れてしまうのですが、家で使う場合には、むしろ使い勝手を悪くして、結果として使用頻度を下げてしまっていたのかもしれません。

やはり、自宅では、簡単に使い始められる状態にするべきでしょうね。

以前、“みーにゃ”さん にもらったペンスタンドはありますので、それに加えて新たにペンスタンドを追加するのが良さそうです。

とりあえず、手軽なものでも買おうかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

お知らせ

フォトアルバムを作成しました。

・・・と、言っても、まだこれからですが。

右側のカレンダーの下に、“WATCH”、“FLOWER”、“STATIONERY” と表示されているのがフォトアルバムです。

これまで、ブログで使用した写真の中から、気に入ったものをここに加えていくことにします。

なお、レイアウトの変更等を行う可能性もあります。

おかしな画面が表示されたら、“ああ、設定に苦しんでいるのだろうな・・・。” と思ってください。

元気があれば、放置状態の“BURGUNDY”の方も手を加えるつもりです。

結果として、ブログの方が止まってしまうかもしれませんが、それこそ、“ああ、苦しんでいるのか・・・。” と思ってください。

いや、ホームページビルダーの使い方なんて、忘れてしまいましたよ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

Moon_001部屋の中から外を眺めていたら、綺麗な月が出ていたので、思わず撮ってみました。

カメラにズームレンズ(70-300mm)を付け、後でトリミングしました。

こんなもので、天体写真だなんて言ったら、確実に怒られます。

でも、難しいことは考えず、楽しんでいます。

ところで、今月の14日は、中秋の名月ですね。

十五夜で満月・・・。

実は、今年の場合、満月に近いのは、翌日の15日です。

十五夜の次の日の方が、月が丸く見えると感じていた人はいませんか?

それが正解であることも多いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の写真 (69)

Flower_2008_0105Flower_2008_0106Flower_2008_0107ココログのバージョンアップ後、写真をクリックしたら、“ポップアップ(ライトボックス)で拡大画像を表示”される機能が追加されたのに、不具合回避のため無効になっているのが残念です。

バージョンアップの度に、使わない機能が増えているだけ、という気がしないでもありませんが、新しいことも試してみようかと思っています。

9月に入ったけど、ハイビスカス・・・。

まだ暑い日もあるので、大丈夫ですよね?

なお、今回から画像(写真)は、横幅800ピクセルにしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

魚の骨

夕食時に食べた魚の骨が、のどに引っかかっているような気がして、どうもすっきりしません。

気のせいかもしれないけど、まだ引っかかっているような・・・。

こんな時ってありますよね。

秋刀魚の骨には気をつけましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

3ヵ月後

本当は、昨日の予定だったのですが・・・。

Ink_01Ink_02Ink_05Ink_06Ink_07今日は、不具合は発生しないようですね。

昨日はメンテナンス後で、動作が重くなっていたためか、この段階から先に進まなかったのですよね。

さて、それでは。

上段左から順番に、6/3、6/16、6/30、8/3、9/2 の状況です。

ペリカンのロイヤルブルーは、そのうち完全に消えてしまうのでしょうか?

この企画も、そろそろ飽きてきたので、やめようかと思っていたのですが、窓ガラスに貼り付けて放置するだけで済むので、もう少しだけ続けるかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

障害

ココログの障害に苦しめられていましたが、回復したみたいですね。

PCが故障したのかと、慌ててしまいました。

さて、それでは。

・・・と、思ったのですが、まだ何か調子が悪いのかも。

画像の挿入がうまくいかないので、明日まで待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

リードシャープナー

Sharpener_01Sharpener_02今まで、写真左の“卵型芯研器”を使っていましたが、uni および DUX のシャープナーも買ってみました。

実売価格としては、どれも500円前後だと思います。

使い勝手としては、まあ、似たようなものです。本格的に使うなら、卓上型をお勧めします。

でも、それほど使用頻度が高くないのであれば、この位のサイズの方が邪魔にならないし、持ち歩きにも便利です。

芯を削った後、粉がこぼれ出さないことを求めるなら、この中では間違いなく uni ですけど、刃の交換を行うのは、他に比べると難しそうです。

リードシャープナーに限らず、日本製の携帯用鉛筆削りは刃の交換が難しいこと(使い捨てが前提?)に対し、ドイツ製は交換が行いやすくなっているのは面白いです。

ところで、リードシャープナーの替刃は、簡単に入手できるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »