« AirPressを買ってみた | トップページ | 花の写真 (30) »

2008年4月 4日 (金)

これが後継?

今まで何度も書いていますが、私はROLEXというブランドは嫌いです。

でも、ROLEXの時計は愛用しています。

時計店に行って、“ロレックスは嫌いだから絶対に買わない!” と断言していたのに、“これ、欲しい。” と言ってしまったのが、SEA-DWELLERなのです。

だから、とても思い入れのある時計です。

後継モデルが出たら、買い足すかもしれないと、ずっと思っていました。

それで、今年の新作発表ですが、何か出ましたね。

うーん。

今のところ、何とも言えないです。

大きくなるのは、仕方ないのですね。

|

« AirPressを買ってみた | トップページ | 花の写真 (30) »

コメント

エアキングでしたっけチェリーニみたいな
文字盤になったのは。

シードも結局、機構変更は在ったものの
大きくなっただけのようですね。

>大きくなるのは、仕方ないのですね。
もうこの一言に尽きますね(^^;)

投稿: サガ | 2008年4月 4日 (金) 21:59

エアキングは、あまり把握していないのですが・・・。
個性的なモデルが必ずしも悪いとは思いませんけど、シンプルに徹したデザインも残して欲しいです。

Deep Sea は、比較的正常な進化かもしれません。
でも、ね。

現在、ROLEXで最も興味があるのは、2針のチェリーニだったりして。

投稿: royalblau | 2008年4月 5日 (土) 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/40755396

この記事へのトラックバック一覧です: これが後継?:

» ロレックス デイトナ(コスモグラフデイトナ) Ref.116520 [ロレックス-ROLEX-コレクション]
デイトナの誕生は、1960年代初頭にアメリカのマイアミビーチに開設されたデイトナ・スピード・ウェイの公式時計として、文字盤に「DAYTONA」の文字が入れられ、関係者に配布されたこと。以来、一流のパーツメーカーの手による様々な機構が搭載され、高性能クロノグラフとしての揺るぎない地位を築いてきました。現行モデルの特徴は、機械式時計の心臓部ともいえるパーツを両側から支える方式にしたことで耐久性の向上が図られ�... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 16:20

« AirPressを買ってみた | トップページ | 花の写真 (30) »