« 面白そうですね | トップページ | P146か149 »

2007年10月20日 (土)

ペンケースの手入れは (5)

エタノールで拭いてしまった、その後の様子です。

さすがに光沢は失われ、“つや消しブラック”になってしまいました。

また、表面は少しカサついた印象を受けます。埃がつきやすくなったかもしれません。

でも、ベタつきは完全になくなりましたので、当初の目的“のみ”は、達成しました。

まあ、結果として使いやすいペンケースになったということで、一応成功の部類に入るかもしれませんけど、決してお勧めはしません。

いや、真似をしないほうが良いです。

もう、革製品にエタノールを使うことはないと思いますけど、仮に使うことがあるとしても、ごく少量にとどめたいですね。

今回は、あまりに勢いに任せて行動してしまいましたので・・・。

|

« 面白そうですね | トップページ | P146か149 »

コメント

>仮に使うことがあるとしても、ごく少量にとどめたいですね。

量が少ないとそれだけ革に塗れる・付着する量が
変わりますので革に対してダメージが

与えられた部分と
ノーダメージの部分(もしくわダメージが少ない部分)
2種類別々のコンディションが発生して
どれだけ均等に塗ろうとしてもやはりマダラになります。

単純に言えば今お手元にあるペンケースの状態より
大よそ見た目がもっとエグイ事になると思われます(^^;)

投稿: サガ | 2007年10月20日 (土) 21:47

アドバイスありがとうございます。
基本的に使うべきものではないですね。
薄めて使うとか、それも駄目でしょうか?

投稿: royalblau | 2007年10月20日 (土) 23:35

あ、薄めて使ったことはないです(^^;)

ネットで検索するとエタノール、アルコールなど
を革に対して使いこなしてる?方も結構いるようですね。
種類変わりますが食用バターでメンテとかも在りました(すげぇ・・・)

でもやはり各方々エタノールとかはお勧めはしてませんね(苦笑)
やはり焼けやタダレはかなり発生するそうです。
人間が消毒液で腕を消毒する時でも
一分間か長いぐらい多めの消毒液でこねくり回すと
肌がカサカサになるようなもんでしょうね。
油分と水分がもってかれますし。

投稿: サガ | 2007年10月21日 (日) 16:01

技の1つとして、エタノール(アルコール)の使用はあるのかもしれませんけど、素人が手を出す領域ではなさそうですね。
いろいろ、ありがとうございました。

投稿: royalblau | 2007年10月21日 (日) 20:54

お忙しそうですね!体調は大丈夫ですか?

以前、アルコール除菌タイプのウェットティッシュを使って、それをハンドバックに放り込んでおいたところ、ヌメ革のキーケースに付いてしまってびっくりしたことがあります。
その部分だけ、革がえぐれるように縮んで、変色していました。

アルコールの効果はすごいですね~…。

投稿: みーにゃ | 2007年10月23日 (火) 23:37

みーにゃさん、こんばんは。
私は、ちょっと風邪気味です。
でも、今のところ大丈夫です。

アルコールの効果は想像以上でした。
安易に使うと、とんでもないことになりますね。

・・・あ、そうか!
ウエットティッシュならアルコールが薄いので、これで軽く拭く程度なら大丈夫かな?
い、いや、危険なのでやめておきます。

投稿: royalblau | 2007年10月24日 (水) 00:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンケースの手入れは (5):

« 面白そうですね | トップページ | P146か149 »