« デュオフォールド復帰 | トップページ | 蜘蛛が苦手 »

2007年7月17日 (火)

40ミリのインヂュニア

サガさんから、昨日の“デュオフォールド復帰”にコメントをいただきましたが、時計についての貴重な情報と意見があり、こちらで新たに展開したいと思います。

以下、転載です。

----------------------------------------------------

今日、フリーガーのベルトの件で預けに時計店行きましたが
腕に付けると思いのほか40ミリ裏スケホワイトインヂュニアは良かったと思いました。バランスは非常に良いです。ファンはかなり怒っていますが(汗)
デザイン分野を切り口に時計に興味を抱いた身としては非常に優秀に思えました。まあ一個前のインヂュニアをデザインしたあの人の影響が残っているお陰でしょうが。帯磁の重さを捨てた分取り回し易さがかなり恩恵となっていますね。

しかし40ミリになったとはいえ、あのデザインだと3針でもまだ大きい方ですね。16センチの私の腕には改めてノーマルインヂュニアは無理かもしれません。。まぁく15さんとか最近の若人はもっと腕細いしどうなるんだろぅ・・・・ブレス調整範囲足らない時計も出てくるでしょうね。
本日はIWCは40インヂュとアクアタイマークロノSS・SSブレス。
ブライトリングはクロノスーパーオーシャンと時期購入候補を見てきましたが改めてスポーツ系ばかり眼が行くこの頃です。

----------------------------------------------------

実は私も、40ミリのインヂュニアは興味があります。もしも買うとしたら、42.5ミリの耐磁インヂュニアよりも40ミリの非耐磁インヂュニアを選ぶと思います。

理由は簡単です。42.5ミリのインヂュニアなんて、重すぎて使う気になれません。

時計としては非常に質感が高く、見るだけなら好きなのですが、手首の上に乗せると、“やっぱり、似合わないからいらない。” となってしまうのです。

“耐磁性のないインヂュニアなど、インヂュニアとは認めない。” というのも、わからないではありません。ミッドサイズを含め、インヂュニア以外の名称を与えていれば、こんな不満は出なかったのかもしれません。

でも、別に良いんじゃないですか? 好きなら買う、嫌いなら買わないで。

まあ、本音を書くと、cal.30110を使って、38ミリ程度の耐磁インヂュニアを出してくれるのが、最も幸せになれる人が多いと思うのですけど。

待っていても出ませんかね?

|

« デュオフォールド復帰 | トップページ | 蜘蛛が苦手 »

コメント

インジュとかアクアタイマーとか僕には絶対無理です。ほんと39~40が限界です。

それ以上だと普段Sサイズを着てる人が2Lくらいの服を着るようなダサさが生まれてしまいます(泣

ビックパイロットとか48mmレイルマスターとか見て唖然としますね。もういっそのこと柱時計でも腕に巻けば?と言ってやりたくなりますよ(笑

しかし重すぎ、デカ過ぎの時計を普段使いするにはどうしても不快感が伴ってしまいますよね。今のデカ厚ブームが早く終焉を迎えてくれないものか・・・
IWCをはじめスイスの時計メーカーのほとんどは全売り上げの2割近くを日本が占めてる状況なんだから、もっと日本人向けの製品を作ってくれてもいいのになぁと思ったりします。

投稿: まぁくXV | 2007年7月17日 (火) 23:42

帯磁で38mmのインジュニア!
去年、小型インジュニア発売の噂を聞いたとき、
全く同じものを期待しました。

まあ、残念な結果になりましたが(笑)

投稿: ジョニー | 2007年7月18日 (水) 00:02

今年時計好きで一番荒れ模様の話題なんですよね40ミリインヂュ(^^^;)よくライバル言われる今期ミルガウスはそこまで意見合戦は出ていませんし。

私は正直40ミリの質感には参ってしまいましたわ。
それと予想ガイと言うか白文字盤もミッドだと若干「あれ?安っぽくはないけど何だか他のIWCと質感が違う?」と不自然感が在りましたが
何だか40ミリだと不思議に違和感が在りませんでした。

勿論裏も他社上位モデル(ムーブメント自体に見せる・魅せる趣向も加えている)同様に張り合える綺麗さでしたし。ペラトンインヂュニア特有のテンプ周り、巻き上げ効率問題は解決されているかは不明ですが見た目としては中々惚れることができます。

ただまだ定価だけは正直割高な感じが否めません。

確かに本音は38サイズで帯磁で欲を言うなら文字盤バリエーションインヂュニアBLK追加です。
当分待っても出ないと思います。ただIWC歴史的にほぼ確実登場はするでしょう。カタチはまるっきり変わる可能性在りですが(昔のラウンドタイプ)廃盤になってまた10年ぐらいして小型化ブームになったときまでオアズケでしょうね。

投稿: サガ | 2007年7月18日 (水) 00:41

まぁくXVさん

私の限界は42ミリかな?
42.5ミリのインヂュニアに関しては、大きさもありますけど重さの方が苦痛になるはずです。
チタンなら軽いけど、あの外見は苦手です。

大きい時計自体は否定しませんが、それなりに理由は欲しいですね。
しかし、実際に使うとなると別問題です。
日本人には、40ミリでも大きめであり、45ミリを超える時計なんて、かなりの努力と忍耐が必要なはずです。

飽きたら手放す人にとっては、こんなサイズでも問題ないのかもしれませんけど、一生物として考える人には難しいですよね。

でも、実際に買う人がいるから、大型化が進むのでしょう。

投稿: royalblau | 2007年7月18日 (水) 01:12

ジョニーさん

私はインヂュニアに対して、特に思い入れはありません。
信頼性の高い実用時計であれば、それだけで良いと思っています。

普通の時計にインヂュニアならではの耐磁性を加えるだけで、何の不満はありません。
ペラトンなんて必要ないから、その分、安くしてくれる方がありがたいいと思います。

cal.30110で、38ミリの耐磁インヂュニアなら、その条件に当てはまりますね。

投稿: royalblau | 2007年7月18日 (水) 01:31

サガさん

インヂュニアと思わなければ、40ミリは素晴らしい時計でしょう。
私は、使いやすさやデザインを重視して時計を選ぶので、耐磁性のない40ミリでも、全く問題なく受け入れられます。

ただし、価格設定には悩まされますね。
“もう少し頑張れば、他にも良い時計が・・・。” という価格帯です。

cal.80110(80111)の信頼性も、まだ不透明さが残っているので、しばらくは様子を見た方が無難でしょうね。

投稿: royalblau | 2007年7月18日 (水) 01:50

こんにちは。

僕も40mmインヂュ楽しみにしていた一人です。
黒というかグレータイプを期待していたので
少しガッカリしました。

帯磁で38mmのインヂュでグレーがあったら
たぶん買ってしまうと思います。

投稿: hyde | 2007年7月18日 (水) 14:49

hydeさん

私はシルバー文字盤が好きなので、少し嬉しいです。
でも、黒とかダークグレーでも似合いそうですね。

マーク15(あるいはマーク16)の耐磁性を少し強化して、それをインヂュニアのケースに入れてしまえば・・・、なんてことは、素人の考えでしょうか?

投稿: royalblau | 2007年7月18日 (水) 17:40

こんにちは。
私はIWCのGSTアクアタイマーチタンを持っているのですがそれについて質問です。cal.37524だと思ってたら実際開けて見たらcal.30110でした。しかも現行の21石ではなく23石。見た目も金色ではなくローターも21Kではないのでコストダウン目的の変更でしょうか?でも石数は増えてるし。分らないことだらけです。何かご存じでしたら教えて下さいますか?

投稿: ホリノウチシンゴ | 2007年11月 8日 (木) 14:08

ホリノウチシンゴさん、こんにちは。
私もそれほど知識がありませんが、参考になれば。

本来、Cal.37524とCal.30110は、メッキが違う以外は、基本的に同じものだったと思います。
ただ、その後、Cal.30110は21石から23石(香箱真の上下に追加)に変更されたはずです。
だから、Cal.37524のローターは、本当に21Kだったかな? という疑問もあるのですが・・・。

間違っていたら、ごめんなさい。

投稿: royalblau | 2007年11月 8日 (木) 16:58

なるほどですね。参考になりました。有り難うございます。しかし金色に輝くムーヴを想像していたのでちょっと拍子抜けでした。コストダウン目的かどうかは微妙なとこですね。石数を増やしたことによるコストアップを相殺したんですかね。

投稿: ホリノウチシンゴ | 2007年11月 8日 (木) 21:36

Cal.30110が、ロジウムメッキなのか、ニッケルメッキなのか、人によって言うことが違いますけど、どちらにしてもコストダウンにはなっていないみたいです。
(むしろ、高価になるのかな?)
今でも改良が続けられているとして、良い方に解釈しておきましょう。
真相は謎ですが・・・。

投稿: royalblau | 2007年11月 8日 (木) 22:01

そうですね。では「改良」ということで(笑)。それにしてもインターは細かな違いのムーヴが沢山あって把握しきれませんね。ハマるとそれが楽しかったりもするのですが。有り難うございました。

投稿: ホリノウチシンゴ | 2007年11月 9日 (金) 06:15

気がついたら変更されていたりするので、要注意です。
でも、改良だったら歓迎しますけど。
こちらこそ、ありがとうございました。おかげで、自分でも調べることができましたので。

投稿: royalblau | 2007年11月 9日 (金) 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/15792659

この記事へのトラックバック一覧です: 40ミリのインヂュニア:

« デュオフォールド復帰 | トップページ | 蜘蛛が苦手 »