« ブレゲの時計 | トップページ | 見送る予定 »

2007年6月10日 (日)

ストラップの交換

クォーツの腕時計が止まっていることに気が付いたので、電池交換に行くことにしました。

ほとんど使うことはないのですが、それなりに思い出がある時計なので、止まったままにしておくのが嫌なのです。

使わないにしても、動かし続けてあげたいかなと・・・。

ついでに、傷みが目立ってきたストラップも交換することにしました。なお、ストラップを交換したら、電池はサービスしてもらいました。

Citizen_lighthouse_01Citizen_lighthouse_02Citizen_lighthouse_03こんな感じです。

購入当時で\12,000位(だったかな?)の時計ですし、使用頻度も確実に低いので、新たなストラップも高くないものを選びましたが、それなりに気に入っています。

ケース径が30mmですから、今となっては非常に小さな時計ですけど、10年位前は、決して小さすぎる時計でもなかったのですよね。

Citizen_lighthouse_04Citizen_lighthouse_05Citizen_lighthouse_06このサイズで、何か問題がありますか?

小さすぎて、格好悪いですか?

私も40mmを超える時計をいくつか所有していますし、大きな時計を否定するつもりはありません。

でも、小さい時計も悪くないかなと、そんなことも感じています。

縁があって手に入れた時計ですから、いろいろ楽しみたいですしね。

ところで、この時計を気に入って見ていたら、“レザーストラップって、いいなあ・・・。”という思いが強くなって、他の時計も交換したくなってしまいました。

これから夏ですが・・・。まあ、秋にでも。

さて、レザーストラップの購入を検討している時計は、何でしょうか?

|

« ブレゲの時計 | トップページ | 見送る予定 »

コメント

やっぱりマーク16じゃないかと思うんですがどうでしょう?

僕は逆にメタルブレスが欲しいです・・・

しかしさすがに今はブレスに20万も出す余裕はないので今年の夏はNATOストラップでしのぐ予定です。

それにしてもブレスもホールディングバックルもIWC純正は高すぎっす(泣)
ブレゲ純正より高いってどういう事なんでしょう(´・ω・`)

投稿: まぁくXV | 2007年6月10日 (日) 23:32

普通に考えれば、それしかないですよね。正解です。
パイロットシリーズのメタルブレスは、デザイン的に好きではない人もいるかと思いますけど、使ってみたら快適です。
でも、レザーストラップの格好良さにも憧れてしまうのです。

ブレゲのフォールディングバックルと、どちらが質感が高いのでしょうね。やはりブレゲなのかな?
革は確実にブレゲが良いですが・・・。

投稿: royalblau | 2007年6月10日 (日) 23:59

IWCレザーですが初夏に涼しく使う為にクリアランス空けようと
フォールディングバックルから純正に変えたら(腕周り16センチなので純正だとゴソゴソ)4日後かにクロコバネ棒側根元から破れて来ました(冷汗)
保障が聞くか現状不明なのですが(購入店には一ヵ月後かに行く予定)やっぱりあの厚みの無い皮ベルトにあのデカ厚時計を腕の上で上下するぐらいゴソゴソと使うにはチト耐久度が足りないみたいです・・・
まぁくXV様もおっしゃっていますがIWCはベルト系の価格は疑問ですが耐久度でさらに心配な頃々です。

投稿: サガ | 2007年6月11日 (月) 01:27

サガさん、情報ありがとうございます。

私の純正ストラップ(ドッペルとポルトギーゼ)は、今でも現役ですけどね。
最近のレザーストラップは、少し質感が落ちている気もしますが、いくら何でも、そんなに簡単には破損しないと思います。
でも、ストラップは消耗品扱いなのかな? そうすると、保障は厳しいかな?
結局、購入店がどのように判断してくれるかでしょうね。
デパートなら、かなり融通をきかせてくれそうな気もしますが・・・。

投稿: royalblau | 2007年6月11日 (月) 08:06

やはり腕に合ったショート丈にかえる方が吉でしょうね(IWCに在るかはわかりませんが)
何でも適合しないまま使うのは良くないと言う事をおぼえました・・・
クロコ自体扱い難いレザーなので人によっては(汗の質とか)でもダメージ率変わるんじゃないかと思います。私の場合丁度時計の来る位置が汗かき易いので余計じゃないかと(汗)

投稿: サガ | 2007年6月11日 (月) 08:37

>やはり腕に合ったショート丈にかえる方が吉でしょうね
残念ですね・・・。
でも、腕に合ったストラップの方が、損傷する確率は低いと思います。そして何より、着け心地も良いですからね。

>クロコ自体扱い難いレザーなので
クロコって、扱い難いのですか?
夏場は使用を控える位で、他にはほとんど気を使っていませんでしたけど、運が良かっただけかな?

投稿: royalblau | 2007年6月11日 (月) 13:31

質感はブレゲもIWCもステンレスだし、見た感じはそう大差ないんですけどね。どちらも値段を基準にして考えると・・・ですよね。9割ブランド料って所でしょうか。質感だけでいうとバシュロンのピンクゴールドバックルはかなりよさげです。25万というありえない値段ですが(汗)

しかし腕が細い僕的には尾錠の方が扱いやすいです。バックルはどうしても腕に合わず使用不可かと思われたのですが、店員さんによると革ベルトの12時と6時の位置を逆にした方が腕にフィットする人が多いらしく、ご多分にもれず僕もそうしてもらった所、うまく腕に収まりました。あの時は並行店ではなく正規店で購入するメリットを実感しました。
アエロナ、マークをはじめとするパイロット時計は革が基本モデルだし、そこは外せませんよね。純正ベルト&尾錠でも2万円以内で購入可能だし秋には是非ゲットして下さいませ。

>サガさん
IWCにも純正のショート丈革ベルトが存在しますよ。XSサイズと言えば取り寄せてもらえます。僕もバッファローですが、XSサイズを12時、6時逆にする事で細い腕ながらなんとかバックルを利用できてます。

投稿: まぁくXV | 2007年6月11日 (月) 16:30

本日IWCに純正ベルトの価格問い合わせしてみました。

やはりと言うかベルトも値上げしてますね。
取り合えず耐久度やフリーシーズン考えてフリーガークロノ用のSS考えていたので価格聞いてみましたがが189000円と言うのには息が止まりました(-_-;)
夏用にプラ風防スピードマスターの並行買えちゃいますがな(涙)SSはあきらめなきゃ・・・
クロコ(フリーガー用)は31500円でノーマルバックルは8925円とやはり値上げ後の精神的な重みはやはり感じますね。

XSは在りましたか。
ただ言ってはみたもののIWCのクロコはピッタリ使うと革アレルギー出るんで(革好きなのに革アレルギー持ち)どの道駄目なんですよね(^^;;)裏が合皮だし他のメーカーでもアレル殆ど出なかったんですけど何故かIWCだけ駄目なんですよね・・・まあそういう理由も在って普段からFB使って隙間つくったり緩めに着けたりしていたのですが・・・
NATO仕入れるしかなさそうですね(^^;)22ミリ最近生産減っているみたいですが・・・

ちなみにクロコはエキゾチックレザーの中でも
メンテしないとエライ事になりやすいですね。
ひび割れと言うかカサカサというか。革自体はかなり丈夫です。
まあ扱い辛いと言ってもイールスキン(ウナギ革)とかのように扱い難いと言うわけではありませんが。

投稿: サガ | 2007年6月11日 (月) 18:10

>まぁくXVさん

フォールディングバックルは、高いですよね。
特に18金とかになると、尚更高いです。

やはり、パイロットウォッチには、レザーストラップが似合いますね。
でも、純正の組み合わせなら、2万円以内は無理です。4万円程度になります。
それでも、秋には交換の予定です。

>サガさん

IWCのストラップは合皮ではないと思いますよ。
それでアレルギー反応が出るのではないでしょうか?

そういえば、クロコの手入れとして、少しだけ油を含ませたことはありますね。
後は、普通に使っているだけです。

投稿: royalblau | 2007年6月11日 (月) 19:08

あれ?4万円もかかるんですか!?
僕の場合はストラップ1万2千円と尾錠6千円でしたけど・・・

と思ったらバッファローの15と違い16はクロコ革でしたね。勘違いして申し訳ないです。

まだしばらく先になるようですけど、レザーver16の晴れ姿がアップされる日を心待ちしています。

投稿: まぁくXV | 2007年6月11日 (月) 21:19

>まぁくXVさん

バッファローという手段もありますね。それなら安いし・・・。
でも、クロコにするつもりです。

投稿: royalblau | 2007年6月11日 (月) 21:27

そう言えばIWC前まで水牛でしたね。
縦横に対してかかる力に対してはかなり強く、上下に対してかかる力には弱いので剥離性という点では若干問題あるくらいでベルトなど複合する製品に関しては非常に良い革ですね。ただやはりどこのメーカーもクロコになっているのは何故?高級感重視?

IWCのベルト裏は人工皮革じゃなかったでしたっけ?オイルも弾きますしそう聞いていたんですが念の為問い合わせしておこうと思います。

クロコのメンテは玉にオイルでOKですよ。
あとroyalblau様はどのみち時計自体でかなりローテするのとシーズンに合わせて休ましたりするのでベルトにとってはこれ以上に無い良い状況だと思いますよ。私はローテのみでシーズン別に休ませたりしないのでやはり見習わなければ・・

投稿: サガ | 2007年6月11日 (月) 22:07

>サガさん

先代のフリーガーは、12、15とUTCがバッファローでしたよね?
ドッペルはクロコですし、フリーガークロノもそうだったかな?
今は、上級モデルの方がクロコを使用していませんね。本格的なパイロットウォッチを演出したいのでしょうか。
そういえば、アエロナバルも最初はカーフでしたけど、トランスアトランティック登場後、いつの間にかクロコになってしまいましたね。
このあたり、各社の方針が見えてきて、面白いところです。

現行モデルのストラップを所有していないので、自信はないのですけど、裏地は合皮ではないと思っていました。
以前、私がマーク16を購入した店で確認した時も、“合皮ではないと思いますよ”と言われましたので。
どちらにしても、バシュロンやブレゲと違って不明瞭でしたので、再度確認してみた方が良さそうですね。

革が長持ちしているのは、夏場はほとんど使わないし、使ったとしても2日以上の連続使用はしないためかもしれません。
そして、艶がなくなったと思えば少し手入れする位で・・・。
あれ? 結構気を使っていますね。

投稿: royalblau | 2007年6月11日 (月) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/15384180

この記事へのトラックバック一覧です: ストラップの交換:

« ブレゲの時計 | トップページ | 見送る予定 »