« ミニ5のシステム手帳 | トップページ | 時計店に行くときの時計 »

2007年6月15日 (金)

残った7本

Fountainpen_01最近あまり使っていなかった万年筆を、一気に洗浄しました。

洗浄した万年筆は、そのままインクを抜いて休ませます。

結局、そのまま使う万年筆は、これらの7本になりました。

左から、M400(EF)、M400(EF)、ミニ・オプティマ(M)、オプティマ・バーガンディ(M)、スターウォーカー(F)、146(F)、149(M)です。

これらは全て、本格的に万年筆を使い始めてから1年以内(半年以内?)に購入したものです。

つまり、最近購入した万年筆は、含まれていないのです。

今まで、コレクションの目的で万年筆を買ったことはありません。どれも使うための万年筆です。

でも、最近の万年筆は明らかに“補欠扱い”です。購入直度は使うけど、すぐに使わなくなるのです。

やはり、残した万年筆を押し退けてでも使いたいと思うものが出てこない限り、これ以上買うことはないと思います。

・・・これらを押し退ける万年筆って、何だろう?

まあ、そのうち何か出てくるでしょうから、気長に待つことにします。

|

« ミニ5のシステム手帳 | トップページ | 時計店に行くときの時計 »

コメント

①非限定品,②ピストン吸入式(スターウォーカー除く),③非金属(キャップ),という共通点がありますね~。おもしろい。
やっぱり,通常のラインナップの商品が品質も安定しており信頼できる(しかも,魅力的?)ということかもしれませんね。ってことは,限定品ばやりの昨今なので,当分代わりがでてこないなんてことになるかも(w
限定品ではなく,定番品の開発にこそ力を入れてほしいものですね。

投稿: poirot_1977 | 2007年6月15日 (金) 23:29

外出時には、吸入式だけでなく、カートリッジ式もあれば安心なので、必ず1本は加えるのです。
今までは、144がその役割を担当していたのですけど、それだとあまりにも地味になりそうなので、あえてスターウォーカーにしてみました。
それに、スターウォーカーは、私にとって最初の1万円超の万年筆なので、それなりに思い入れもあるのです。

私は、“限定モデル”という言葉には全く興味がありません。
ただし、本当に気に入れば、買うかもしれません。
でも、新規加入より、補欠がレギュラー入りする可能性の方が高いかもしれませんね。

投稿: royalblau | 2007年6月15日 (金) 23:58

うーん、是非国産品も加えていただきたい。
セーラーとかパイロットも良いですよぉ~

投稿: どーむ | 2007年6月16日 (土) 22:51

実は、カスタム743、プロフィットスタンダード、プロフェッショナルギアなどの購入を本気で検討したことはあるのです。
外国製の万年筆と比較して、確実にコストパフォーマンスに優れていますし、実際、とても書きやすいと思います。
しかし、あの形状がどうしても許せないのです。
マイスターシュテュックとオプティマが大好きなだけに、余計にでも抵抗感は大きいです。

投稿: royalblau | 2007年6月16日 (土) 23:27

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残った7本:

« ミニ5のシステム手帳 | トップページ | 時計店に行くときの時計 »