« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

配色の変更中

ブログのデザインの変更を検討中です。

違和感があるから、元に戻そうかな・・・。

(追記)

しばらくの間、これで行きます。

不評なら戻しますので、遠慮なく言ってください。

(さらに追記)

これにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色の変化を調べる(6)

“色の変化を調べる”という企画を実行していたこと、忘れられてしまったでしょうか?

ブルーインクの退色の様子を調べようとしていたのです。

条件としては、直射日光を避けた室内放置グループと、システム手帳綴じ込みグループに分けていました。

直射日光に当てれば、退色が早まることは容易に想像できますが、実際の使用条件に合わせてみたかったので、こんな方法にしてみました。

しかし、思っていたよりも変化が少なく、長期実験になってしまったのです。

それでは、結果発表です。

Ink_20060930_2_1Ink_20070430

左側が7ヶ月前に撮影した写真、右側が本日撮影した写真です。

右側の写真には2枚写っていますが、左が室内放置、右が手帳綴じ込みです。

ロディアのマス目はかなり薄くなっていますね。インクの方も、わずかに薄くなっているのがわかります。

ただし、普通の使い方であるならば、インクの退色なんて気にしなくても良さそうです。

他にも、バインデックスやファイロファックスのリフィールに書いていたけど、結果はほとんど同じです。

でも、これが直射日光なら、結果は違うのでしょうね。

それから、他の紙、例えばもっと安い紙とか、逆に高級紙で試してみたら、結果も異なるのでしょうか?

まあ、それらのことは、他の人に任せるとして・・・。

私はこの条件で、もう少し続けてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TYPE XX と TYPE XXI

今日はブレゲを見に行きました。

いや、最初はそれほど意識していたのでなないのです。“何か入っているかな?”くらいの軽い気持ちで・・・。

私が所有するブレゲは、TYPE XX(アエロナバル)とクラシック・パワーリザーブです。この表現は適切ではないかもしれませんが、ブレゲの中では“安物”です。

ただし、妥協して買ったのではありません。本気で気に入っているのです。

スポーツ系クロノグラフの中でも、際立った優雅さと格好良さをあわせ持つアエロナバル、中2針・小秒針時計として、ほぼ完璧と思える文字盤のデザインを持つクラシック。

ブレゲの低価格モデルであっても、決して恥じることのない時計です。

・・・と、まあ、ブレゲを意識しすぎていた時期もありました。

だから、TYPE XX を世間の流行に合わせて大型化した TYPE XXI を必要以上に嫌ったりしていました。

素直に好きだと認められずに、極力避けてきたのです。見ていたら、好きになるのがわかっていたから・・・。

ここでも、ポルトギーゼと同じようなことをしていますね。

・・・さて、そろそろ本題に入りましょう。

今日見たのは、18KRGのTYPE XX です。これ、絶対に格好良いです。SSモデルも良いと思うけど、18KRGは、さらに良いです。

普段から書いていますけど、18Kであるならば、PGやRGが好きです。その中でもTYPE XXI のRGの色は、特に好みに合います。ストライクゾーンの真中です。そして、ダークブラウンのレザーストラップ、これも良いです。さすがに18Kなので重さを感じますが、腕に乗せると意外と馴染みます。大きさも42ミリなので、常識的な範囲です。

“何を今さら”と思われるかもしれない内容ですけど、本当に良いと感じたので・・・。

あ、でも、200万円を超えます。無理です、買えません。

買えなくても良いのです。好きなことには間違いありませんから。

好きなものを素直に好きだと認めると、本当に楽ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

プレッシャー

来月、親戚の結婚式がありまして、私の母も招待されています。

非常におめでたいことです。

でも・・・・・。

矛先がこちらに向くのです。

“去年、かなり頑張ってみたけど、結局うまくいかなかったから。” なんて、本当のことは話していません。

いつも話を逸らして逃げるのみ。これが悪いのです。深く反省しています。

12年前に父を亡くしているし、母も一昨年病気で手術をしたし、早く安心させてあげなければならないのだけど、こればかりは、相手が必要だから・・・。

時々、結婚に絡んだ話題を出すのは、こんな事情もあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァシュロンの財布

オーバーシーズを購入した際、もらった財布です。

Vc_wallet_01Vc_wallet_02Vc_wallet_03

カテゴリーを“時計”と“財布”にしたけど、間違えてはいませんよね?

正直言って、使い勝手の良い財布ではありません。だから、ほとんど使っていません。

お金を出して買ったものではないので、仕方ないのですが・・・。

でも、何かもらえるのは嬉しいです。

これを普通に使ったとして、バセロン(ヴァシュロン)の“マルタ十字”に気付く人は、どれだけいるのかな?

気付かれにくいからこそ、ヴァシュロンが好きなのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

万年筆も見たけど

デパートの時計売り場に行ったついでに、万年筆も見たのですけど、あまり面白くありません。

いや、見ること自体は好きなのです。時計同様、気に入ったものならば、いつまでも見ていたいと思うのです。

新しい情報に興味はあるけど、それほど買いたいと思う万年筆が見つからないのです。

現在所有する万年筆に対し、特に不満を感じていないことが最大の理由かもしれません。

それに、最近の価格上昇で、購入意欲も薄れています。

本屋に行き、パラパラとページを捲って、そのまま戻してしまったけど、“趣味の文房具”くらいは買おうかな?

本を手にとって、それでも買わなかったのは、今回が初めてのことです。

BaselとS.I.H.H.は終わったけど、まだ時計の方に傾いているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

連休初日とIWC

さて、連休の初日です。

ゆっくり寝ていようかと思いましたが、意外と早く目覚めたので、時計を見に行くことにしました。

今日の目的はIWC。

やはり、好きです。何と表現したら良いのかわかりませんが、好きです。

見ていて飽きないし、とにかく楽しく感じるのです。

以前、地元の時計店の社長にポルトギーゼを見てもらった時に言われた言葉として、こんなのがありましたね。

“結婚するのなら、ブレゲやヴァシュロンではなく、IWCみたいな人が良いですよ。”

必ずしも正しいとは限らないのでしょうけど、何となく理解できます。いや、共感と言うべきか・・・。

今日は簡単に時計を見て、それだけで終わりでした。

いつもの面白い店員さんと話せなかったのが残念だけど、それは次の機会にでも。時計の情報とか、海老煎餅の感想(?)とか、他にもいろいろ聞きたいことがあるので・・・。

連休明けかな?

あ! その頃には値上げしている!

他の店員さんから、少しでも情報を得るべきだった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

連休を前にして

今は、出張から戻り、自宅でくつろいでいるところです。

もう少しで、風呂の中で眠ってしまうところでした。

ところで、明日から連休に突入するのですが、何も考えていません。

仕方ないので、思いつきで行動します。

でも、人ごみは嫌いなので、混雑するところには行きたくないですね。

人が少ないことを期待して、天気の良い日を狙ってデパートなどに行ってみようかな? いろいろと確認したいこともあるし・・・。

本当は、思い切って実行したいこともあるのだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

飲み会での会話

予想していたよりも早く、飲み会が終わってしまいました。

みんな疲れていたし、仕方ないかもしれません。

直接的に仕事に関係する話題は出なかったけど、少し難しい話や、何の役にも立たない話とか、それなりに楽しめました。

その中で、“趣味のためにはお金を使うけど、人それぞれ方向性が違う。でも、何らかの共通点があるので、理解できる。” という話が出ました。

それはまあ、良かったのですけど、“腕時計なんて実用品。ロレックスなんて内容からすると高すぎる。” と言われてしまいました。

その人は、仕事中にはカシオの電波時計を使い、それ以外ではオリエントを使っているみたいですが・・・。

実用性だけを考えれば、それは正しい判断かもしれません。

でも、それで楽しいのかな?

別に、嫌味で書いているのではなく、本音として、どうだろうと思うのです。

・・・・・時計について議論していたら、横から、“結婚のこととか考えたら?” だって。

うーん。

ごめんなさい。少し酔っ払って書いてますので、内容がまとまりません。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

これからの飲み会で

昨日が仕事のピークだったので、今日は緊張感が薄れた状態でした。

明日もやらなければならないことがあるのですけど、今日が飲み会ということから、何となく察しがつくと思います。

さあ、技術的な専門用語が飛び交う飲み会になるのか、ただの馬鹿話なのか・・・。

多分、両方です。

そんな仲間たちと仕事をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

新作の写真

ああ、忙しい。

でも、明日は出張先の仲間たちと連休前の飲み会の予定です。

仕事がどれだけ片付くかは不明です。

さて、それでは時計について。

新作の情報の中でも、実際に撮影されたものは参考になります。

もちろん、興味のある時計から優先的に調べてしまうのです。

ポートフィノ、思っていたより良いかもしれません。少し心配だったリーフハンドだけど、良い方向に向かっているような・・・。もちろん、実物を見ないとわかりませんが。

ダヴィンチは、デザイン的に見れば、それほど悪くないと思うけど、やはり大きいですね。日本人の腕には合わないかな?

スピットファイア・ダブルクロノ、何となくわかってきました。早く実物が見たいです。

IWCはこれくらいで、ヴァシュロンは・・・。

とても買えないけど、相変わらず仕上げは美しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の続き

夢の続きを見たくても、なかなか見ることが出来ません。

心の中で期待していることは何か。求めているものは何か。

もう、気が付いているのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

今使っている筆記具

夜中まで仕事をすることはないのですけど、昼間はかなり忙しいです。

忙しいというより、かなりの集中力を必要とします。時々、頭がオーバーヒート気味になります。

だから、かなり疲れていますね。

ところで、最近仕事中に使っているのは、安い国産0.5ミリのシャープペンシルです。

実はこれ、他で使わない芯を適当に詰め込んでいたので、濃さが全く統一されていないのです。だから、次に出てくる芯が“H”なのか、“F”なのか、それとも“B”なのか、わかりません。

それでも、特に困らないので適当に使っています。

1日中使うのであれは、もう少し書きやすいシャープペンシルを持ってくれば良かったのですが、完全に忘れていました。

やはり、製図用とかケリーとか、そのあたりを持ってくるべきだった。今週、時計だけは無駄に持ってきていますが・・・。

でも、昔に比べると、確実に筆圧が下がっているのがわかります。あまり芯を折らなくなったことからも実感しています。

これも、普段万年筆を使っている効果かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の夢

正確には、今朝になるのかな?

仕事が終わるまで待っていて、一緒に電車に乗って帰って、“何かあったら連絡して。”と、メモを渡して・・・。

ただ、それだけのことではあるのですが、夢に出てきたのは初めての人なので、夢の内容に関わらず、ちょっと恥ずかしい気分です。

途中、世間話で盛り上がっていたけれど、なぜ、相手がマグカップを持っていたのか(夢の中でのこと)。

のどが渇いたから、お茶でも飲むのかな?

これは、心理学的には、何を意味するのでしょうね?

それにしても、現実にありそうなことと、“これは無いだろう”と思うことが混在して、奇妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

その日の気分によって

昨日、ブレゲを見に行きました。

いつも感じていることなのですが、ブレゲはその日の気分によって、凄く素晴らしく見えたり、それとは逆にうるさく感じることがあります。

基本的に、気持ちにゆとりがない時は綺麗に見えません。

昨日は・・・・・。

・・・・・良かったです。

でも、本命は別かな?

IWCのスピットファイア(クロノかダブルクロノ)、ヴァシュロンのパトリモニー。(買うかどうかは別として)本命はどちらかになると思います。

現行のポルトギーゼ・オートマティックも魅力的です。18KRGが理想です。

しかし、バシュロンが狙えてしまいます。

ポルトギーゼとパトリモニー・・・・・。

やはり、パトリモニーかな?

先のことは、自分でもわからないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

GARANTIE (4)

Vc_guarantee_01Vc_guarantee_02ついでに、ヴァシュロンも。

実は、ここまで写真に撮っていたので。

これもまた、オーバーシーズとは全く違います。

システム手帳になっているのが、文具好きには、さらに嬉しいポイントです。これは、どちらかと言えば説明書かな?

Vc_guarantee_03Vc_geneve_01他社と比較するなら、こちらでしょうね。

紙製です。多少は高級感があるけど、紙です。

オーバーシーズはクロノメーターの証明書が付いているけど、こちらはジュネーブシールです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

GARANTIE (3)

Breguet_garantie_01Breguet_garantie_02Breguet_garantie_03今度はブレゲです。

これは、クラシック・パワーリザーブですけど、アエロナバルの保証書とは、かなり感じが違います。

アエロナバルも並べて比較しないと、全くわからないでしょうね。でも、明日からの出張の準備で時間があまりないので、それは別の機会にでも。

この違いは、ブレゲ内でのクラス分けによるものなのか、それとも、代理店が変更になったことの影響なのか・・・。

とにかく、クラシックの方が箱を含めて豪華(?)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GARANTIE (2)

Iwc_garantie_04Iwc_garantie_05Iwc_garantie_06“IWCの昔の保証書は、どんな感じだったかな?” と思って、引っ張り出してきました。

やはり、筆記体は格好良いです。

この頃も、正規品は2年保障だったのですね。久しぶりに見たけど、忘れていました。

箱と保証書は、購入直後以外はほとんど見る機会がないけど、各社特徴があって、なかなか面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

GARANTIE

出張先から自宅に戻ってきたら、IWCの保証書が届いていました。

Iwc_garantie_01Iwc_garantie_02Iwc_garantie_03白いカードということに関しては、2000年の頃と変わっていませんが、ここでも筆記体が廃止されているのですね。

筆記体が復活しないかな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月20日 (金)

出張中のこと

今週は、GSTクロノを使っています。いつもは、交換用の時計も持ち歩くのですが、今はGSTクロノだけです。

日曜日に使って、そのまま寝てしまい、月曜日に慌てて出かけたので、こんなことになっているのです。

精度は良いです。日曜日に合わせてから、その後、プラス3秒です。

一緒に仕事をしている人(風邪をうつしてしまった人ではない人)が、セイコー5を使っています。少し嬉しくなったので、時計について話をしてみました。

----------------------------------------

“それ、セイコー5でしょ?”

“はい、そうですよ。詳しいですね。”

“まあ、時計には、少しだけ興味があるので・・・。”

“その時計、見せてください。・・・・インターナショナル、ウォッチ、・・・・・。”

“インターナショナル・ウォッチ・カンパニー。”

“高そうですね。20万円くらいはするのですか?”

“さ、さあ?”

----------------------------------------

当然、ブログのことなんて内緒です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンブランについて考える

昨日の続きで、今日は筆記具としてのモンブランについて考えてみます。

結局、モンブランの高級ブランド化に対し、どのような考えを持つか、それが問題なのでしょう。

私は、別に気にすることはないと思うのです。

買う人は買う、買わない人は買わない、ただそれだけのことなので。

私は、現行のモンブランが好きですし、古いモンブランを探してまで買おうとは思いません。

これは、時計と同じ考えなのですが、過去の名品に対しては敬意は示します。現在では考えられないような手間をかけられたものだってあるでしょう。

しかし、買うのは現行品にします。

時計や万年筆は、過去にピークを迎えた芸術作品ではなく、現在も進歩を続ける工業製品であって欲しいのです。

もちろん、“昔のモデルの方が良かった”と感じることは頻繁にあります。

それでも、今後の発展を期待して、現行品を買いたいのです。

変えて良いもの、変えてはならないもの、それぞれ何が何に相当するのか、とても難しい問題だと思います。

でも、現行品が好きで、それを長年使い続けられたとしたら、誰に恥じることもない立派な一生物です。

他人の評価なんて、関係ありません。

“気が付いたら好きになっていた”

“気が付いたらそばにいた”

“気が付いたら一生物になっていた”

そう思えるものに出会いたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

モンブランの新作

このブログで、“モンブランの新作” なんて書くと、万年筆のことかと思われるかもしれませんが、時計です。

文房具、特に万年筆愛好家に対し、とても評判が悪いのが、最近のモンブランです。高級ブランド路線を歩むことにより、昔からのファンを切り捨てようとしていると言われています。

このブログには、文具系ブログとしての“Burgundy”を期待して来られる人も多いでしょうから、ちょっと扱いにくい話題です。

それでは、批判覚悟で。

モンブランの高級ブランド化には、特に反対する気はありません。むしろ、どちらかと言えば歓迎しています。

筆記具の生産を大幅に縮小するならば、さすがに抵抗がありますけど・・・。

今のところは、十分許容範囲です。何よりも、生き残ってくれなければ困るのです。

まあ、今回は時計の話題なので、この位にして。

買わない可能性の方が圧倒的に高いけど、“ちょっと良いかな?” と思ったのが、今年のモンブランです。

でも、絶対に高いよね・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

ヴァシュロンの新作

まだ詳しく見ていませんが、いくつか発表されていますね。

奇妙なモデルが発表されていますが、あれは何でしょうか?

それから、お決まりの複雑系・・・。

シンプルなモデルもありました。最初は、カレンダーが邪魔に思えたけど、9時位置のスモールセコンドとのバランスを考えれば、あれも悪くないのかな?

もう少し調べてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度こそ

昨日まで、風邪の症状で苦しんでいましたけど、今日は今のところ快適に過ごしています。

今度こそ、風邪が治ったみたいです。

ところが・・・・・。

一緒に仕事をしていた人が、風邪で苦しんでいます。

のどが痛くて、咳が止まらないみたいです。

あれ?

またうつしてしまたかな?

この人は、とても謙虚なので、煎餅が食べたいとかマロングラッセが欲しいとか言うような人ではありません。それで、余計にでも申し訳ない気持ちです。

も、もちろん、最初にうつした二人にも、申し訳ないと思っていますよ。本当に反省しています。海老煎餅だけで許してもらおうとは思っていませんから(何だか言い訳に必死です)。

それにしても、健康っていいですね。

・・・絶対に怒られるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

累計アクセス100,000

累計アクセス10万突破です。

皆様、本当にありがとうございます。

それにしても、よく続いていると自分でも思います。過去に何度か、真剣に閉鎖を考えていた時期もありましたが、それを無事に乗り越えて今があるのです。

10万アクセスの記念に何かしようかと考えていましたけど、残念ながら今は出張中なので、何も準備が出来ません。

それでも、何かリクエストがありますか?

20万を迎える時には何かしたいですね。

今後もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWCの新作 (3)

パイロット、インヂュニア、ポートフィノと見てきたので、次はアクアタイマーとポルトギーゼですね。

正直言って、興味がある順番で書いていきましたので・・・。

私の答えは出したようなものですけど、これで終わるのもどうかと思うので、少し感想を書いてみます。

まずはアクアタイマーですけど、“限定モデル”自体にはあまり興味がないです。限定のことを別としても、それほど関心のある時計ではないです。これも、実物を見ていたら許容出来る時計になると思いますけど、積極的に購入を検討することはないでしょうね。

次はポルトギーゼです。ポルトギーゼに関しては、レギュレーターは欲しくないです。面白いとは思うけど、買うのなら他の時計にします。

結局、新作を合わせたIWC現行モデルの中では、ポルトギーゼ・オートマティック、スピットファイアのダブルクロノグラフあるいはクロノグラフ、40ミリのインヂュニア、39ミリあるいは34ミリのポートフィノが気になる存在になりそうです。

その中でも本命は?

何でしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

IWCの新作 (2)

普段“光”を使っていると、出張時の“8x”は辛いなあ・・・。

普段はそれほど感じないのですが、時計の画像を見ようとすると少しいらいらしますね。

さて、昨日の続きでも。

まずは、ポートフィノです。買う買わないは別として、ポートフィノは関心の高い時計です。

存在としては地味な時計です。現行IWCで最も低価格です。雑誌で紹介される機会もそれほどないと思います。

だからこそ、気になる時計なのです。

注目されない地味な時計だけど、それを手抜きすることなく真面目に作っているか。そして、その時計に魅力を感じるか。前にも少し書いたけど、それで時計会社の力量がわかると思うのです。

上級モデルが素晴らしいのは当たり前、最もベーシックなモデルで、どれだけの魅力を出すことが出来るのか。

大嫌いなはずのロレックスだって、エアキングは好きですから。

さて、今度のポートフィノは、どんな感じになるのでしょうか。

それから、やはりスピットファイアのダブルクロノグラフが気になっていますね。本当は、スピットファイアクロノのデザインのままで、スプリットセコンド化して欲しかったのですが・・・。

このあたりの良し悪しは、実物を見ない限りわからないでしょうね。

でも、確実に100万円超えかなあ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月16日 (月)

IWCの新作

IWCの公式サイトに今年の新作が紹介されています。

うーん・・・・・。

実物に期待しましょう。

ひとつ気になるのが、スピットファイアのダブルクロノグラフです。

画像を見る限り、従来のクロノグラフの方が格好良く見えるのですが、リュウズやプッシュボタンのバランスを考えれば、ダブルクロノグラフに期待してしまうのです。

それと、40ミリのインヂュニアもかな?

さて、さらに詳しく調べよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

ヴァシュロンの手帳

さて、これは時計に分類するべきか、それとも文房具に分類するべきなのか・・・。

一応、両方ということにしておきます。

Vc_notebook_01Vc_notebook_02Vc_notebook_03部屋の整理をしていたら、古い手帳が出てきました。

確かこれは、2000年末の、オーバーシーズ購入直後にもらったような気がします。

少し傷がついていますが、未使用です。

外側だけヴァシュロン(バセロン)ですが、中身は普通の手帳です。もちろん、日本語版の手帳です。

カバーだけ外して、大きさの合う手帳と組み合わせて使おうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の写真

Nanohana_2007_01花の名前は詳しくないのですけど、花の写真を撮るのは好きです。

綺麗だなと感じたら、適当に撮るだけなので。

だから、“これ、何と言う花?” と聞かれても、“さあ、何だろうね?” という返事が多いのです。

これは、もちろん菜の花です。

・・・間違えてないですよね?

こんなことだから、“花”のカテゴリーなんて、恥ずかしくて作れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

反省中

実は、まだ風邪が完治しません。

のどの痛みはほとんどないのですけど、夜になると咳が出ます。

やはり、最初にしっかりと治さなかったのが悪かったみたいです。

それに、飲みに行ったことも。

再度、反省中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計を見てもらって

地元の時計店に行って、スピットファイア・マーク16を持って行き、店長に見てもらいました。

---------------------------------------

“こんにちは。”

“いらっしゃいませ。こんにちは。”

“結局、これになりました。”

“良い時計ですね。”

“ありがとうございます。”

“ブレスもしっかりとして、素晴らしいです。でも、私は革ベルトの方が好きです。”

“実は、私もそう思います。だから、秋になったら交換しようかと考えています。”

“それはまた楽しみですね。”

---------------------------------------

店長はかなり忙しそうだったので、仕事の邪魔をしないように早めに帰ろうとしていたら、出口で社長に出会ってしまいました。

---------------------------------------

“いらっしゃいませ。お久しぶりです。”

“こんにちは。”

“もう、お帰りですか?”

“いや、まあ・・・。店に戻りましょうか。”

“是非、そうしてください。”

“実は、他の店で時計を買ったので・・・。”

“まあ、XXさん(私の名前)は、そんなことをするのですか!”

“はい、そんなことをしてしまうのです。”

“駄目ですよ。”

“・・・とにかく、買った時計を見てくださいよ。”

“素敵な時計ですね。お似合いです。”

“ありがとうございます。そう言ってもらえると嬉しいです。オーバーシーズも持ってきたけど、比べるとどうですか?”

“ヴァシュロンは綺麗ですね・・・。でも、IWCも素晴らしいと思いますよ。”

(中略)

“もう1本くらい、他の店でIWCを買ってもいいですか?”

“駄目です!”

“だって、ここでは買えないから・・・。ここで買える時計を他の店で買うと、本気で怒られそうだけど。”

“それは怒ります!”

(以下略)

---------------------------------------

メタルブレスに満足しているけれど、レザーストラップにも憧れます。交換するのに秋まで待てないかもしれません。

純正ストラップと尾錠(またはフォールディングバックル)では、どのくらいの金額になるのかな?

この前、確認すれば良かった・・・。まあ、いいか、そのうち教えてくれるだろうし。

それから、今日、再認識したけど、ヴァシュロンとIWC、どちらも好きです。それに加えてブレゲも。

次の時計の本命は、全くわかりません。ただ、当分の間は時計を買うことはない(買いたくても買えない)と思うので、気楽に考えます。

時計以外でも、考えなければならないこともありますし・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

ロレックスについて考える

過去に何度も書いてきましたが、ロレックスは嫌いです。

でも、愛用しています。

普段使いの座をIWCに奪われかけていますが、今後も愛用していくことは間違いないと思います。

ロレックスの時計を持っているからこそ、他の時計で思う存分楽しめるのかもしれません。

それほどまでに、実用時計として信頼しているのです。

だから、嫌いだけど気になるのです。

“ブランドとしては嫌いだけど、時計自体は好き。”

そうでなければ困るのです。

自分勝手な意見かもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年4月12日 (木)

新作の情報を見たけれど

何とか宿題の仕事が片付いて、少し気楽になっているところです。

Baselでの新作を調べてみましたが・・・・・。

正直言って、私の好みの時計はありません。

安心して、既存の現行モデルを狙えます。

しかし、ロレックス、もう少し何とかしてもらえなかったのでしょうか?

もちろん、他にも絶句するような新作が出ていまけど、ロレックスは話題性が大きいですからね。他への影響力もあると思うのです。

ただ、ロレックスは異色の存在なので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

さて、S.I.H.Hはどうなっているのか。

・・・ヴァシュロンとIWCが心配です。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2007年4月11日 (水)

新作情報が気になるけど

当初予定よりも忙しい日々が続いていて、今もビジネスホテルで仕事中です。

時計の新作チェックが出来ないな・・・。

当分の間は購入することなどあえませんが、今後の方向性は気になるところです。

どちらにしても、実物を見ない限りは何とも言えないものなので、慌てて情報を仕入れることもないのですけどね。

それでも、気になるな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目が覚めて

あー、よく寝た。

昨日の夜、酔った勢いでいろいろ書きかけていましたが、全て書き直しています。

それにしても、理屈っぽい理論的な話題が多かったな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

お知らせ

BURGUNDYの方ですけど、写真1枚追加です。

お知らせするほどの内容でもないですが・・・。

写真の全面差し替えをしたいけど、時間がないのでまだ先のことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から出張です

Ulyssenardin_sanmarco_01今日は久しぶりにサンマルコを使ってみました。

それにしても、この時計、何度撮っても満足出来ません。文字盤の美しさを伝えたいのですが、非常に難しいです。

また時間のあるときにでも、挑戦してみます。

そういえば、明日からまた出張です。

まだ、何も準備していませんが・・・。

仕事関係のメールでも、“今日中に送れると思います”ではなく、“今日中に遅れると思います”と変換してしまう気の緩み具合です。

だって、最初の変換が“遅れる”になったから。

まあ、仲の良い相手だから、冗談交じりにそのまま送ってみましたが。

さて、準備でも始めよう・・・。

なお、明日の夜は懇親会なので、ブログの更新がない場合は、盛り上がっているか、それとも力尽きてしまったと思ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

ブレゲとIWC

Iwc_mk16_15この時計、車の中で見るのが好きです。

斜めから光が当たると、インデックスの立体感が強調され、格好良く見えます。

夕日だと、さらに良いです。

さて、午前中はブレゲ、午後はIWCを見に行きました。

(午後の用事は、時計だけではなかったのですが・・・。むしろ、そちらが主目的?)

どちらも素晴らしい時計ですね。

でも、今の心境としては、IWCの方が優勢です。

ブランド価値としても、時計の仕上げにしても、ブレゲの方が勝っていると思います。

それでも、IWCが好き。

スピットファイア・マーク16を購入してから、さらにその想いが強くなっているようです。

・・・・・と、まあ、今でもマーク16が大好きな状況が続いているのですが、そろそろ他の時計に目が向くようになってきました。

いや、浮気心とか、そんなのではないのです。何と言うか、気になるだけです。

スピットファイアクロノ、これは良いです。レザーストラップのモデルなら、文句なしに好みです。

ダブルクロノグラフ、やっぱりいらない・・・。

ポルトギーゼ・オートマティック、さて、これが問題です。

前にも少し書いたことがあると思いますが、私が好きな“オートマティック”は、35ミリ径のポルトギーゼです。これは、私の理想に限りなく近い、本当に大好きな時計です。

しかし、この時計は生産中止となり、自社ムーブメントを搭載した時計が登場しました。

まあ、それは良いのです。仕方がないことです。

でも、限定品だった“ポルトギーゼ・オートマティック2000”、これを“ポルトギーゼ・オートマティック”という名前で定番化されたことが嫌だったのです。

だから、今まで現行オートマティックを避けてきました。少しだけ横目で見て、すぐにそこから逃げ去って・・・。

だから、まともに見たのは初めてかもしれません。

まず、大きいです。そして、大きさ以上の問題として、厚さが気になります。こんな厚みでは、装着感は悪いはずです。

それなのに、好きです。

嫌なところもあるけれど、それを十分補えるだけの魅力を感じるのです。実用に適しているかとか、そんなことを考える前に、好きなのです。

コレクションのための時計を買うことは、私の考えに反することです。でも、好きです。

ここまで“好き”を連発するのも珍しいですね。

まあ、元々ポルトギーゼのデザインは大好きですから。

それに加えて、ずっとオートマティックを避けていたことに対する反動が大きかったのかな?

あ、でも、当分買えませんよ。それ以前に、本気で購入を検討するかどうかもわかりません。

ただ、“この時計、好きだな。”と思える時計があって、購入を夢見るだけでも嬉しくなれるのです。

それをIWCで感じられることが、何よりも嬉しいのです。

何かを本気で好きでいられることに対し、素直に感謝の気持ちを示します。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年4月 7日 (土)

買わなかった時計

ブライトリングを意識した状態で、時計店に行ってみました。

結論から言えば、今後も買うことはないでしょう。

時計の良し悪しではなく、好みの問題として。

その中でも、唯一モンブリランだけは・・・・。

でも、買わないです。

ポルトギーゼの購入を検討していた頃、18kのモンブリランを見て、“これも悪くないかな?”と感じていた時期もあったのです。

しかし、私の好みでは、明らかにポルトギーゼの圧勝だったのと、ポルトギーゼ後は、ブレゲやヴァシュロンに興味が移行したため、モンブリランのことも忘れ去ってしまいました。

もしもあの時、モンブリランを買っていたら、その後の時計選びはどのようになっていたのでしょうか?

モンブリランではなくポルトギーゼ、サントスではなくサンマルコ、そして、デイトジャストやGSではなくスピットファイア。

他にも分岐点はあったはずです。

もしも、あの時、時計店に行かなければ・・・。

あの時計を見ることがなければ・・・。

そして、あの店員さんに声をかけられなければ・・・。

偶然が重なって、今があるのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

メモ帳を買ってみました

Kero_3Kero_4このキャラクターが気に入ってしまいまして、今度はメモ帳を買ってみました。

ただし、職場で使う勇気はないので、自宅限定で使うことになりそうです。

インクの相性など、紙質を問うような製品ではないと思いますけど、何となく鉛筆でメモ書きしたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

久しぶりに会ってみて

今、帰って来ました。

電話やメールでのやり取りは行っていたけど、実際に会うのは9ヶ月ぶり位でした。

-------------------------------------------

“いらっしゃいませ。お久しぶりです。”

“どうも、お久しぶり。”

“最近、何か時計を買いました?”

“・・・・・・・・・・。”

“何か買ったでしょう?”

“さ、さあ?”

“そんな返事をするときは、絶対に買っているでしょ?”

“それはどうかな?”

“絶対に買っているな・・・。”

“こんな時、持ってこなかったこと、なかったよね?”

“やっぱり、何か買っている!”

-------------------------------------------

今まで、焼酎は好んで飲んだことはなかったのですが、今日、初めて美味しいと感じました。

癖があると言われて、ずっと避けていた芋焼酎も、想像していたよりずっと美味しかったです。

それより、手際良く料理を作っているのには驚かされました。

かなり大変な仕事らしいけど、好きで選んだ仕事だからなのか、昔よりも確実に元気になっていました。

正直言って、少し羨ましく感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲みに行こうかと

実は、外で飲むのはあまり好きではないのですが、久しぶりに飲みに行くことになりました。

友人が働いている店です。

元々、全く別の職種でしたが、夢を叶えるための途中段階として、去年転職したのです。

でも、忙しくて、なかなか行ってあげることが出来なくて。

さて、今日はどんな話が出来るのかな。

時計好きだから、スピットファイアでも見せてあげようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

苦手な時計

このブログでは、嫌いなものは出さないようにしています。

いや、意識的に出さないのではなく、普通に出て来ないのでしょうね。

やはり、好きなものとか好きな人、面白かった出来事などを書いていきたいので、無理をしてまで嫌いなことを書きたいとは思いません。

さて、“嫌い”というより、“苦手”という表現の方が合う時計があります。

実は、ブライトリングは苦手です。ちょっと、文字盤がうるさ過ぎて・・・。

ブレスの感触は良いと思います。あの価格帯の時計としては、かなり満足出来る内容だと思います。

でも、デザインが・・・。

そんなブライトリングでも、唯一欲しいと思ったことがある時計があるのです。

カレンダー無しの、旧型モンブリランです。

ナビタイマーは全く受け付けないのですけど、何故かモンブリランは心の中に入っていく時計です。

不思議ですね。

他にも、カルティエは苦手だけど、サントスだけは好きとか、そんなのもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

久しぶりにシルバーを磨く (2)

本当は昨日書く予定だったのですけど、ココログ管理ページに入れなかったので、1日ずれました。

でも、磨くだけなら昨日だって問題なかったかな?

まあ、いいか。

Sterlingsilver_01

写真で見ると、あまり綺麗に見えませんが、かなり輝いているはずです。

やはり、磨くのも良いですね。

特に、伯爵とアンモナイトは良いです。

あれ? 他のペンは?

・・・・・磨くのに飽きました。

Sterlingsilver_02

純正以外に入れる気にならないので、他のペンケースで試したことはないのですが、ファーバーカステルの純正ペンケースはシルバーが曇りにくいらしいのですけど、本当のところはどうなのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風邪が治って

昨日のココログのメンテナンスのこと、完全に忘れていました。

覚えていれば、事前にお知らせするつもりだったのですが・・・。

ところで、さんざん苦しめられた風邪も、なんとか治ったようです。

でも、風邪の間は花粉症の症状が全く出なかったけど、風邪が治ったと思えば、また鼻がむずむずとします。こんなことって、あるのでしょうか?

さて、職場でのこと。

------------------------------------

“風邪が治ったみたい。”

“私、XXさん(私の名前)の風邪をもらったみたいで、土日は喉が痛くて寝ていたのですよ!”

“土日で治るくらいなら、別の風邪じゃないの?”

“いいえ、絶対にXXさんの風邪!”

“そうかなあ・・・。”

“そうです!”

“ごめんね。また何かお菓子買ってくるから許してよ。”

“それなら、煎餅が食べたい!”

------------------------------------

機嫌を損ねると、後が大変ですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

久しぶりにシルバーを磨く

毎年この時期は、時計の方に関心が高まり、文房具への関心は低くなります。

時計好きな人には説明する必要などありませんけど、BASELやSIHHでの新作発表が控えていますので。

それに加えて、時計を買ってしまったから、今はどうしようもない状況です。

しかし、しばらく放置が続いていると、やはり気になってきます。

久しぶりにスターリングシルバーのペンを見たところ、当然ながらくすんでいます。

それでも、定期的に使っていたペンならば、手で擦ると簡単に綺麗になっていきますが、そうではないペンは丁寧に磨く必要があります。

スターリングシルバーは磨くべきか、それとも磨かないべきか、いろいろ考えたこともありましたが、私の出した結論はこれです。

“原則として磨くべき。でも面倒なので気が向いたら磨く。”

ところで、消しゴムで磨く人もいると思いますが、消しゴムを使うのはどうも苦手なのです。最初は使ってみても、すぐに嫌になって銀磨きクロスを使ってしまいます。

消しゴムで、細部も綺麗になりますか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日も桜を

仕事中にサボって時間を調整して写真を撮りました。

Sakura2007_04Sakura2007_05Sakura2007_06

青空を背景とした桜の花が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

3針を選んだ理由

今回、スピットファイアのクロノグラフではなく3針(マーク16)を選びました。しかし、ブログではずっとクロノを本命であるかのように書いてきたので、不思議に思われた方もいるのではないかと思います。

最初に実物を見比べた時点では、間違いなくクロノが好きでした。3針で感じていた物足りなさをクロノが吹き飛ばしてくれたのです。この時点では、9対1でクロノが好きでした。

しかし、両者を何度も見比べているうちに、少しずつ3針に魅力を感じるようになりました。さらに、3針とメタルブレスとの相性の良さも感じるようになり、購入直前には、5対5の、どちらを選ぶかわからない状況になったのです。

魅力が強いのはクロノ、ずっと使い続けたいと思うのは3針。結局、毎日使うつもりの時計として、3針を選んだのです。

話は少し遡ります。

去年、シードゥエラーの代わりとなる、“3針カレンダー付きメタルブレス”の時計を探していました。

実は、デイトジャストやグランドセイコーも候補に挙げていた時期もあったのですが、購入には至りませんでした。

間違いなく良い時計だとは思うけど、魅力が足りないというか、色気を感じないというか・・・。もちろん、私個人の好みの問題です。

結局、シードゥエラーの代わりの時計を探すことはやめることにしました。

そうではなく、素直に自分の好きな時計を探そうかと。

それで、いろいろと迷い続けていたわけですが、結果的に最初求めていた条件を満たす時計に落ち着いたのです。

3針だから選んだのではなく、カレンダー付きだから選んだのでもなく、メタルブレスだから選んだのでもない。

好きになった時計が、条件を満たしてくれていたのです。

3針(マーク16)を選んだ理由とは、こんなところでしょうか。

それでは、なぜシードゥエラーの代わりとなる時計が欲しくなったのか?

1つは、重くて疲れるから。

これは重要です。いや、冗談ではなく。

もう1つは、毎日肌身離さず使う、別の時計が欲しくなったから。気分をどうしても変えたかったから。

それにしても、いろいろありましたね。ただ、今となっては、そんなこともあったかな? という感覚です。

でも、間違いなく先に進んでいるし、過去を悔いることもありません。

何を書いているのだろう?

相変わらず、まとまりのない文章でごめんなさい。

あ、4月1日だから、全部嘘かもしれませんよ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜を見る

まだ咳が出るものの、長引いていた風邪も、何とか回復に向かっています。もちろん、ここで油断しないで、無理は避けようと思います。

・・・桜を見に行ってしまいました。

無理はしていないですよ。

Sakura2007_01Sakura2007_02Sakura2007_03

曇り空なので、あまり綺麗には写っていませんが、実際はもう少し綺麗です。

やはり、桜を見ると、春を実感します。

4月1日なので、どんな嘘をついてみようかと思いましたが、普段通りのブログです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »