« 好きなものを見に行く | トップページ | パイロットウォッチなら »

2007年3月10日 (土)

時計を見る距離

今日は、IWC以外のクロノグラフも見ていたのですが、やはりIWCが好きかなと思った1日でした。

ところで、スピットファイアクロノとダブルクロノグラフの件ですが、近くで見るとスピットファイアクロノが良く思えて、遠くで見るとダブルクロノグラフが良く思えます。結局、どちらも好きです。ということで、後はその場の勢いに任せます。

ダブルクロノグラフに縁があるのか、それともないのか、それは自分でもわかりません。

本音を言えば、現行スピットファイアクロノでドッペルを出してくれれば、それが最高なのですが・・・。

待っていたら、そのうち出ないかな?

|

« 好きなものを見に行く | トップページ | パイロットウォッチなら »

コメント

という事は近場にダブルの在庫在ったんですね。

ドッペルは個人的にもう当分出なさそうに思いますね。

ラトラパンテ系を完全に排除したという事は
「限定」という名の下にのみ生産する気じゃないでしょうか今のIWCは。
そういえばスピッドのドッペルは完全に無くなりましたね。。

投稿: サガ | 2007年3月10日 (土) 23:21

そうです。実物を見てしまったから、好きになって困っているのです。

買いたい店で入荷予定があるか、聞いてみようかな?
“他の店でIWCは買わないから。”と約束したので、その約束を守りたいし。

やはり、ドッペル(というかスプリットセコンド)は、定番ラインでは残さないのでしょうね。限定でさえ出さなくなるとか、悪い方向に想像したりして・・・。

なお、今日はジラールペルゴやエベルのクロノグラフを見たのですけど、どう考えてもIWCの方が好きです。

投稿: royalblau | 2007年3月10日 (土) 23:43

エベルもみられましたか。個人的にエベルは変わってから魅力が薄れました。ただネットで叩かれているほど悪くは思いませんが。

だびんち情報見ました。微妙?

「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ」
フライバック、改良型ペラトン式自社製自動巻クロノグラフムーブメント、パワーリザーブ68時間。
価格はステンレスモデルで¥1,548,750 

「ダ・ヴィンチ・オートマティック」
社外製ムーブメント。

「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」
永久カレンダー機構。限定?
発表時名前が変わっていてダビンチの後継機と言われていた物?

んー路線変更?に思えます。まあダヴィンチ自体原点はクォーツでしたので趣向の完全変更がし易いシリーズなんでしょうね。

投稿: サガ | 2007年3月11日 (日) 01:24

ちなみに値上げは協議中との事。
もちろん傾きは値上げの方向に大きくですが。

投稿: サガ | 2007年3月11日 (日) 01:25

エベルも縁がありそうでなかった時計で、購入に至りません。ただ、腕に付けた感触は優しくて好きです。

ダヴィンチの情報は、まだ詳しく調べてはいないです。複雑時計をトノー型にすると、余計にでもサイズが大きくなるような気がしますね。
これも実物を見ないと、何とも言えません。

投稿: royalblau | 2007年3月11日 (日) 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/14215516

この記事へのトラックバック一覧です: 時計を見る距離:

» IWCの時計 [時計の世界をブログで語る]
IWCの時計はスイスの高級時計メーカー。スイス時計伝統のデザインと時計技術にアメリカの量産技術を組み合わせたユニークな時計メーカーです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 02:13

« 好きなものを見に行く | トップページ | パイロットウォッチなら »