« 3針とクロノグラフ | トップページ | 財布を受け取りに »

2007年3月 2日 (金)

2針と3針

今まで、シンプルな時計の例として、“2針あるいは3針”という表現を用いてきました。

しかし、2針と3針、似ているようで違うのかもしれません。

時々、“2針は退屈”とか、“2針は面白くない”とか、そんな意見を聞くことがあります。

実は、私もそのように考えていた時期もあったのです。

秒針があれば、瞬時に時計の動きを確認することができます。

しかし、秒針がなければ、短時間見ただけでは時の刻みを確認することはできません。極端な話、止まっている時計を見るのと変わらないのです。

動きを楽しむという点においては、3針は2針よりもクロノグラフに近いのかもしれません。

私が所有する2針の機械式時計はエクストラフラットのみです。究極の薄さを実現するためには秒針など必要ありません。いや、エクストラフラットに秒針はあってはならないのです。

私は、エクストラフラットは究極の2針だと思っています。全ての無駄を排除した文字盤のデザインであり、あの大きさと薄さであることに価値があるのだと思います。それなのに、何となく明るい気持ちになれる優しさを感じます。とにかく、私にとって究極の時計であることに間違いないのです。

と、エクストラフラットは大好きな時計なのですが、時々3針が欲しくなったりするのです。

ところが、文字盤のデザインとしてはブレゲクラシック、普段使いのトータルバランスとしては35ミリ径の旧ポルトギーゼオートマティック、という大好きな時計たちが控えているので、余程の時計でない限り、好きにはなれないのです。

あえてブランド名は出しませんが、どれだけ美しく仕上げられても、威圧感が強すぎる時計は落ち着かないし、装飾感の強すぎる時計はそのうち飽きてしまいます。また、自社製ムーブメントなんて、時計の魅力の一部にすぎないので、ほとんど考慮しません。

それで結局、ヴァシュロン、ブレゲ、IWC、という時計が好きになって、それが今まで続いているのです。

何だか、2針と3針の話題から外れてしまいましたが、時計らしい時計の製造を続けて欲しいという願いをこめて・・・。

ちょっと強引かな?

|

« 3針とクロノグラフ | トップページ | 財布を受け取りに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/14106911

この記事へのトラックバック一覧です: 2針と3針:

» ポールスミスの時計 [ポールスミス激安通販ショップ〜財布・時計・バッグ]
さぁ、あなたも新しいポールスミスの時計を身につけませんか?良いものは、いくつあっても良いですよね・・・あなたはこの良さが、お分かりになりますかぁ?ファッションアイテムのひとつ、有名ブランド・ポールスミスの時計は、かなりおすすめです☆ポールスミスの時計ひとつ変わるだけで、気持ちもリフレッシュできるから・・・手に入れたいアイテムでしょう。どうぞ、じっくり楽しんでお見逃しのないようご覧下... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 00:08

« 3針とクロノグラフ | トップページ | 財布を受け取りに »