« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

マーク16の使用感 (5)

IwcIWCの集合写真に挑戦してみましたが、予想以上に難しいです。

特に、シルバーとブラックの文字盤が混在すると、どちらに合わせてもうまくいきません。

こんな写真では、時計の魅力は伝わりませんね。

さて、使用感の続きでも。続きと言うより、初期段階で受けた印象をまとめてみましょうか。

この時計、カタログで見るよりも大きく感じます。

数字の上ではケース径39ミリなので、最近の時計の中では極端に大きいわけではありませんが、ベゼルが薄く、その分文字盤が大きいので、数字以上に大きく感じるのです。

しかし、大きな文字盤と大きな針が視認性に貢献しているのは事実です。文字盤の上を視線が迷うことなく、一瞬で時刻を読み取れます。

ケースや針の大型化は、不評なポイントでもありますが、間違いなく効果はあるのです。

飛行機の操縦予定は残念ながらありませんが、車の運転時には、かなり活躍してくれそうです。

Iwc_mk16_12Iwc_mk16_13Iwc_mk16_14メタルブレスとレザーストラップでは、見た目の印象はもちろんのこと、使用感も違うと思います。

私の時計はブレスモデルなので、今のところその使用感しか書けませんけどね。

このブレスは、最初の数日は違和感が大きかったです。好きとか嫌いの問題ではなく、他のブレスと比較して、違和感が大きいのです。

これまでに使ったことがないタイプだったので、体の感覚がついて行けなかったのでしょう。

しかし、慣れてしまえば、これが普通になります。もちろん、使っていて快適です。

特に不満らしい不満はありません。

唯一の不満としては、好きになり過ぎて、容赦なく使うことができないことでしょうか。

あ、もちろん、毎日大切に使っていますよ。

とにかく、好きな時計です。

買う前よりも、買ってから、さらに好きになっています。

手に入れた後も熱が冷めず、ずっと好きでいられたら幸せですね。

時計に限らず・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

明日は休めるので

もう少しで、また椅子に座ったまま寝てしまうところでした。危ないです。

それにしても、疲れました。明日はゆっくりと休むことにします。

“使用感”の続きも、また明日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

管理者なのに

今週に入って、コメントのスパム認証画面が出る確率が高くて、少しいらいらしています。

管理者なのに・・・。

表示しないように設定変更しようかと思います。

コメントよりも、トラックバックの方がスパムが多いのですが、これを何とかする方法はあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

マーク16の使用感 (4)

夜光塗料の発光の様子を写真に撮ってみました。

Iwc_mk16_10Iwc_mk16_11こんな感じです。

数字も発光しています。

昨日も少し書きましたが、極端に明るくはありません。でも、普通よりは明るいと思います。

なお、他の時計も写真に撮ってみました。

それぞれ、何だかわかりますか?

Watch_001Watch_002Watch_003Watch_004簡単ですよね?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

マーク16の使用感 (3)

風邪が治りかけてはいるのですが、回復が足踏み状態で苦しめられています。

不用意に出かけるものではありませんね。自分の体はもちろんのこと、誰かにうつしてしまう可能性もあるのですから。

・・・かなり反省しています。

でも、そのおかげで好きな時計が手元にあるのは事実ですし、それについては嬉しいことなのです。

今回感じたこととして、やはりIWCは好きですね。購入後の浮かれた心境は、ヴァシュロンやブレゲに劣る部分などありません。

ヴァシュロンとブレゲとIWC。今後もこれら3本柱で行くだろうなと思います。

さて、今日はマーク16と言うより、スピットファイアとしての使用感です。

視認性は、絶対に黒文字盤の“クラシック”が勝るはずです。これは誰が見ても同じ意見でしょう。

しかしスピットファイアも、立体感のあるインデックス、大きめの文字盤、大型の針によって、時刻が非常に読み取りやすいのです。

正直なところ、スピットファイアの視認性はあまり期待していなかったのですが、これは嬉しい誤算です。

夜光塗料の発光は、やや控え目ですね。アエロナバルほどの派手さはありません。これには、IWCなりの見解があるのでしょうか?

(なお、ドッペルも控え目でしたが、トリチウムなので単純に対比は出来ません。)

それから、発光の持続時間についても調べてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

マーク16の使用感 (2)

今週は、この話題ばかりになると思いますが、ご了承ください。だって、嬉しくてたまらないのです。

なお、今日も写真を撮ってみましたが、あまり上手く撮れなかったのでブログには載せないことにします。

リクエストがあれば、少しでも載せますが・・・。

さて、ブレスについて使用感を書いてみます。

このブレスは、肌にぴったりとフィットします。この感触は独特ですね。硬いのに柔らかいブレスです。

この感触が好きな人には気持ちよく感じ、嫌いな人には気持ち悪く感じるでしょう。

GSTのブレスとも違った感覚で、私も表現に苦しみます。

最初はこの感触に違和感があり、ブレスのコマを追加して緩めにしたのですが、そうすると物足りなさを感じ、結局、時計店で調整してもらった時の状態に戻しました。

どうやら、このブレスの感触が好きになってしまったようです。

それから、日差を測っていますが、今のところ1秒未満です。精度は良さそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風邪から回復中

のどの痛みは治まってきましたが、昨日の夜から咳が出るようになりました。

でも、回復に向かっているのは実感しています。

今日は朝からケーキを2つ食べたし、食欲はあります。

他の人にうつしていなければいいけど・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

マーク16の使用感

Iwc_mk16_07Iwc_mk16_08Iwc_mk16_09

綺麗な時計ですね。

店頭で何十分見続けていても飽きなかったけど、これは本当に飽きないです。

-------------------------

“飽きたら下取りに出して。”

“下取りに出して、どうするの?”

“私が使う。”

-------------------------

昨日、時計店でこんな会話があったけど、絶対に手放さないから!

とりあえず、1日使ってみた感想を書いてみます。

ます、文字盤が大きくて、良く見えます。シルバー文字盤なので、それほど視認性は良くないだろうと思っていましたが、不満はありません。

ブレスの質感も良いです。時計本体との重量バランスも良好です。

今日のところは、これくらいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

IWC SPITFIRE MARK16

少しだけ写真を載せます。

Iwc_mk16_01Iwc_mk16_02Iwc_mk16_03Iwc_mk16_04Iwc_mk16_05Iwc_mk16_06

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今日の出来事

今日の時計店での会話です。

---------------------------------------

“好きな時計をお出ししましょうか?”

“はい、お願いします。これ(スピットファイアクロノ)と、これ(スピットファイアマーク16)。好きな時計でインヂュニアを出してと言ったら怒られるかな?”

“・・・・・・。”

“やっぱり、クロノはストラップだよね。”

“まだそんなこと言ってるの?”

“いや、だからそれを蒸し返すつもりはないって。”

“そう?”

“でも、3針はメタルブレスでも良いかなと思うけど。”

“私もそう思うよ。毎日使う時計にするのでしょ? これにしたら?”

“これ、好きなんだよね。”

“似合うよ。これにしたら。”

(中略)

“そうだね。これに決める。ところで、カードは使えるよね?”

“はい、カードでも現金でも商品券でも。”

“あのね、現金はどこでも使えるでしょ?”

(中略)

“こちらへどうぞ。”

“はい。”

“コマの調整はします?”

“そうだね。GSTの時は自分でやったけど。”

“GS?”

“違うよ、GST! GSの調整なんかしないよ!”

“びっくりした。GSのイメージじゃないから。”

“びっくりしたのはこっちだよ。変なやつ・・・。”

“コマ調整は自分でしますか?”

“いや、お願いします。”

(コマ調整をしながら)“ちょっとこれ持って。”

“仕方ないなあ・・・。はい、持ちます。持たさせていただきます。”

(中略)

“はい、明日から使ってください。”

“今日から使うよ。”

“でも、今日の格好なら、アエロナバルの方が似合いますよ。”

“そう? それなら、そうするよ。”

“ケースに入れますね。・・・あ、入らない。コマ調整をしたから入らなくなりましたよ。”

“代わりにアエロナバルを入れる?”

“・・・これも入らない。タグホイヤーのケースでもいいですか?”

“うん、そんなの全然気にしないから、何でもいいよ。・・・ねえ、いつも入らないの?”

“そうですね。入らないですよ。”

“そうなの? GSTは自分で調整したし、他のは革ベルトだから、気がつかなかったのかな?”

(タグホイヤーのケースに時計を入れて)“これでいいですか?”

“あ、いいね。これ、今日のブログのネタにするから。最初の写真はこれにするからね。”

“本当ですか。”

“うん。いきなりこの写真を載せて、実は・・・。なんて展開にするから。”

(中略)

“どうもありがとうございました。”

“こちらこそ、ありがとうございました。また来ます。”

---------------------------------------

他にも面白い話はたくさんあったのですが、あまり変なことを書くと、次に会ったときに怒られそうなのでやめます。

今日は本当に楽しかったです。

体調は万全とは言えないけど、少し元気になりました。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正解は

Tagheuer2さて、正解は何でしょうか?

確かに、これは TAG Heuer の時計ケースです。

そして、今日入手したものです。

それは間違いないのですが、問題はその中身です。

続きを読む "正解は"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これは何かな

Tagheuerさて、これは何でしょうか?

予想外の展開が待っているのかな?

それとも・・・。

この続きは、また後で。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

風邪が悪化

昨日、布団をかけずに寝てしまった影響か、風邪が悪化です。

あー、のどが痛い。

実は、昨日のブログは、寝ぼけてよく確認しないままに載せてしまったので、中途半端な内容で終わっているはずです。

アーロンに座りPCに向かった状態で、多分30分位は眠っていましたから。気がついて、“保存”をクリックしたのだと思います。

その後、ベッドの上に倒れ込むように横たわり、寒くなって目が覚めるという、最悪のことをしてしまいました。

今晩ゆっくり休んで、明日には元気になっていることを信じます。

無理かな?

でも、明日は出来ることなら時計を見に行きたいですね。いろいろあって、明日を逃すと、また先になりそうなのです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年3月23日 (金)

万年筆とボールペン

仕事でボールペンを使うことが多いと、“万年筆だけでなく、もっとボールペンを買っておくべきだったかな?” なんて考えてしまいます。

しかし、よく考えてみると、かなりの確率でボールペンも買っています。

結局、それが原因になって、古くなったボールペンのインクが蓄積されていくのです。

インクの“賞味期限”を無視すれば、一生分のボールペンのインク(リフィール)は確保しているはずですが、それでも買ってしまいます。

万年筆とボールペン、どちらを好きな方が幸せに過ごせるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月22日 (木)

いつの間にか好きになって

地味に忙しいどころか、本当に忙しくなって、時計を見に行く余裕がありません。今週末も休めない予感がしています。

まあ、不満ばかり書いていても仕方がないので、何か楽しみを見つけたいところですね。

毎年この時期は、新作の時計に期待が集まります。

でも、今まで得た情報の中で、欲しくてたまらない時計は皆無です。この数年の新作は、明らかに私の好みとは別のところに行っているので・・・。

それでも、発表後、しばらくしてから徐々に好きになっていく時計もありますね。

つまり、写真では興味がなかったけど、実物を見て好きになるという感じで。

現行オーヴァーシーズもそうでした。写真で見たときは嫌いだったけど、実物を見ていくうちに少しずつ好きになってしまいました。

現行スピットファイアもそうです。先代のスピットファイアが嫌だったので、現行も最初のうちは興味がなかったのです。

今までの価値観が邪魔をして、新しい出会いを妨げていたのかもしれません。

しかし、実物を見てから何となく気になる存在になって、今では欲しくてたまらない時計です。

一目惚れではないのだけど、いつの間にか好きになって。

それなのに、なかなか素直に好きだと認められなくて。

せめて、時計ぐらいは素直にね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

パワータンクのインク

3年位前(?)に購入したパワータンク(スタンダード)を使っているのですが、書いているとかすれます。

こんなものでしょうか?

思ったよりも、インクが劣化するのかな?

なお、しばらく時間を置くと、復活します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日替わりでエポスを

Eposあまり使っていなかった時計を久しぶりに使ってみると、それまで気付かなかったことや忘れかけていたことを思い出させてくれます。

“この時計を買ったときは、どんなことがあったかな・・・。” なんて、いろいろ考えてみたりするのです。

さて、今週はエポスばかり使っています。

決して高級感があるわけでもなく、特別デザイン性に優れているわけでもありません。機能的に優れている面もありません。

でも、時計を難しく考えすぎてしまいそうになるときは、エポスを使うのです。

気楽に使える時計ですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

値上げ確定なので

IWCも値上げ確定みたいですね。

覚悟はしていましたが、ちょっと残念です。

さて、どうしましょう。

スピットファイアのクロノならば、レザーストラップは確定です。

マーク16も、レザーストラップが似合うと思います。ただし、メタルブレスとの相性も良さそうなので、両方準備したいのです。

クロノは、休日を中心に、時々使う時計として。マーク16は、1年中、ほぼ毎日のように使う時計として。

やはり、両方欲しいです。

まあ、同時には無理なので、仮に両方買うとしても、どちらが先なのか、という問題もありますが・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

大きさより重さ

昨日、久しぶりにシードゥエラーを使って感じたのですが、やはり重いです。

まだ体調が万全ではなかったので、余計にそう感じたのかもしれませんけどね。

毎日使うなら、軽い方が楽です。

大きさもですけど、重さの方が負担を感じてしまいます。

そう考えれば、レザーストラップが圧倒的に有利なはずですけど、腕に馴染まないストラップも苦痛ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ポートフィノの後継は

あまり話題には出てこないのですが、IWCの現行モデルとしてはダヴィンチだけでなくポートフィノも生産終了となります。

私としては、ダヴィンチよりもポートフィノの方が気になります。

高級モデルに魅力があるのは当たり前で、最もベーシックなモデルで、どこまでの魅力を出せるかが、そのブランドの実力だと考えている部分もあるので、ポートフィノの後継モデルには頑張ってほしいのです。

先代のモデルを買いそびれてしまった影響か、余計にでも現行モデルには不満がありました。

一体、どうなるのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

子供の頃を思い出して

小学生の頃、“ねりけし”が流行っていて、意味もなく買ったりしていました。コーラの匂いのするのとか、あったかな?

Seed_sk100_1ねりけしで、しかも蓄光なんてものを見てしまうと、それは買わずにはいられませんよ。

どう考えても子供向きで、大人が買うようなものではないことくらい、十分わかってはいますけど、たまにはこんな路線も良いかなと。

ただ、実用的ではないですね。それは裏に注意書きとして、しっかりと明記されています。

Seed_sk100_2“このねりけしは、字を消すことに適していません。”

実は、これが気に入ったのです。

何と潔いことか。

やはり、玩具としての文房具は、このくらいの覚悟が必要です。

それと、もう少し他にも買ったものが・・・。

続きを読む "子供の頃を思い出して"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析の障害

ココログのアクセス解析に障害が発生しているのか、カウンターの数字が全く増えなくなっています。

他の人のブログはどうなっているのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月17日 (土)

疲れているのに

昨日の夕方は本当に体調が悪くて、家に倒れ込むようにたどり着きました。

一晩眠って、かなり回復してきましたが、それでもまだ万全ではないです。疲れがかなりたまっていたので、それが悪かったのかもしれません。

そんな状況の中、姉が甥っ子を連れて遊びに来ました。

もちろん、相手をしなければなりません。

相手をすると言うより、一緒になって遊んでいます。

今日は、こんなものを引っ張り出して・・・。

Akudaikanこれ、知っています?

甥っ子たちの評判は良いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

風邪かな

夕方から気分が悪くなって、身動き出来ないほど苦しんでいましたが、風邪薬を飲んだら、元気になりました。

とりあえず、インフルエンザではなさそうなので、少し安心しています。

でも、早く寝ないと駄目ですね。

ゆっくり休んで、体力を回復したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

他のクォーツ式腕時計

昨日の話の続きであれば、もう1つのクォーツ式クロノグラフを持ってくるべきなのでしょうが、購入の経緯などを書いてると長くなるので、今回は見送ります。

正確には、長くなると言うより・・・。

まあ、いろいろありまして。

とにかく、別の時計です。

Citizen_lighthouse安いクォーツ式腕時計です。これもまた、最近は全く使っていません。

でも、購入後数年間は、頻繁に使っていました。

この時計を見ると、あの頃の事を思い出します。

ブログで伝えることは難しいけど、苦楽を共に過ごした時計ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

電池切れ

先月と比べると、かなり楽ではあるものの、地味に忙しい日々が続いています。むしろ、昼間の忙しさは、今月の方が上回っているかもしれません。それでも、早く帰れるのは幸せですね。

さて、久しぶりにクォーツ時計のチェックをしてみましたが、電池切れが発生していました。

Hondawatch

100分の1秒が計測可能なクロノグラフですけど、ほとんど使っていません。それでも、最初の頃は使っていたと思うのですが、本格的に機械式時計を使うようになってからは、ケースの中が定位置となっています。

チタン製で軽いし、たまには使ってみても良いのですが、なかなかそんな機会が訪れません。

でも、今度電池交換をしたら、数日間は使ってみます。

“腕時計”というものに興味を持つようになったのは、通販カタログにこの時計が載っていたことが関係しているのです。

そして、その通販カタログが届いた理由は・・・。

何だったか、憶えてくれていますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

結論

スピットファイアにします。

以上。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

知らない間に

これもまた、昨日のことなのですが、モンブランのインクの紙箱のデザインが変わったのですね。

というか、変わったので間違いないのですよね?

忙しかった期間の出来事だと思うのですけど、世の中の変化に取り残された気持ちです。

“文房具”カテゴリーで書く内容ではないけど、この最近で一番の驚きは、ロレックスの値上がりでした。何も知らずに時計店に行ったのですが、値札を見て何かの冗談かと思いましたから。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

BREEのカタログを入手

昨日は、BREEのカタログも入手しました。

家に送られてきたのです。

欲しいものもあるのですけど、他に優先したいものがあるので当分の間は我慢します。

店に行くと、見るもの全て欲しくなるので、困ってしまいます。

次は、“Times”が欲しいなあ・・・。

いや、我慢します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OMEGAを使う

昨日、時計店でこんなものをもらいました。

Omegamaniaオメガも好きです。でも、最近はあまり使っていなかったです。何となく、中途半端な感じがしていました。

オメガって、どんな時計なのでしょうか?

入門用?

それは正しいかもしれないし、間違っているかもしれません。

実は、以前からスピードマスターやシーマスターではなく、落ち着いた感じのオメガをいつか買ってみたい気がしています。

ヴァシュロンやブレゲとは違い、オメガならではの安心感をもって使える時計が欲しいのです。

でも、なかなかそんな時計に出会えず、今に至っています。

それと、今のオメガは必要以上に高級路線を目指しすぎている気がして、少し残念ですね。

IWC以外にも、昨日はオメガについて話していたのでした。

Omega_mk40少し気になって、久しぶりにオメガの時計を使ってみました。理想とする時計とは違うのだけど、使いやすいので使ってしまうのが、この時計です。

このサイズと重さは、とても楽です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

時計店で相談したこと

地元のIWCを扱っていない時計店に行って、店長と話しをしてきました。

-------------------------------------------

“今、忙しいですか?”

“少しくらいなら、大丈夫ですよ。”

“昨日、少し話していたIWCの時計ですけど、カタログを持ってきたので見てもらえますか?”

“いいですよ。見せてください”

“これ(ダブルクロノグラフ)と、これ(スピットファイアクロノ)ですけど、どちらを勧めますか? どちらも、実物はもっと格好良く見えますけど。”

“このセラミックの時計は120万円するのですよね。それなら、絶対にこちら(スピットファイア)です。”

“パイロットウォッチなら、黒文字盤の方が良いとは思いませんか?”

“いや、絶対にこちら(スピットファイア)です。さらに言えば、この3針(マーク16)が良いですよ。”

“やはり、そうですか・・・。実は、スピットファイアのクロノか3針で迷っていたところにダブルクロノグラフを見て、さらに迷っていたのです。”

“間違いないです。絶対にこちら(スピットファイア)です。そして、革ベルトの3針をお勧めします。”

“クロノと3針のどちらを選ぶかは別として、向こうの店でもスピットファイアのレザーストラップを勧められていたのです。他の時計に興味を示すと、「私はその時計は嫌い」って、怒られます。”

“面白い人ですね。でも、XXさん(私の名前)のイメージからしても、それは正解です。”

“ありがとうございます。ここで買えない時計の相談にのってもらって。”

“いえいえ、今のような時計に興味をもたれているのなら、安心できます。買ったら是非見せてくださいね。”

“はい、わかりました。両方買うことになったら、ここに戻ってくるのは遅くなりますけどね。”

“それは駄目です! 3針だけにしてください。”

- 近くを通りかかった女性の店員さんに対して -

“今、他の店で買う時計の話をしていたんだ。”

“駄目じゃないですか!”

“まあ、そんなこと言わないで・・・。どれを勧める?”

“この3針の時計(スピットファイア)ですね。”

“面白いね。店長と同じ意見だよ。”

-------------------------------------------

IWCの購入を躊躇していた理由の1つとして、今まで通い続けていた店とは別のところで時計を買うことに対して、何ともいえない罪悪感があったのも事実です。

しかし、昨日と今日でいろいろ話しをして、心が晴れた気分です。

好きな店で、好きな店員さんから、好きな時計を買う。

これからも、忘れることなく守っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KUMのルーラー

Kum_ruler思わず、買ってしまいました。

他の色もありましたが、目立つ色にしてみました。

少し、子供っぽいかな?

でも、何だか楽しくなるのです。

原点に戻って、素直に文具を楽しもうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月10日 (土)

パイロットウォッチなら

Pilotwatchパイロットウォッチならば、黒文字盤が正統派でしょうね。

それはそうなのですが、簡単には整理できない気持ちもありまして・・・。

ここに、何が加わるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計を見る距離

今日は、IWC以外のクロノグラフも見ていたのですが、やはりIWCが好きかなと思った1日でした。

ところで、スピットファイアクロノとダブルクロノグラフの件ですが、近くで見るとスピットファイアクロノが良く思えて、遠くで見るとダブルクロノグラフが良く思えます。結局、どちらも好きです。ということで、後はその場の勢いに任せます。

ダブルクロノグラフに縁があるのか、それともないのか、それは自分でもわかりません。

本音を言えば、現行スピットファイアクロノでドッペルを出してくれれば、それが最高なのですが・・・。

待っていたら、そのうち出ないかな?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年3月 9日 (金)

好きなものを見に行く

先週まで忙しかった影響なのか、今週は気持ちが緩みすぎて、仕事が進みません。先週なら2日で片付けなければならない内容を1週間もかけてしまった感じです。

あ、でも、先週までの1日というのは深夜までだったから、実質的には2日分はあるかな? ということは、4日? それなら、ほとんど同じか・・・。

さて、今週末は時計と万年筆、両方とも見に行きたいです。

万年筆は慌てて買う必要がないので、見るだけです。“携帯用として、こんなのも良いかな?”と思っている万年筆なのですけど、絶対に必要なものでもないし、最終的に買わない可能性だってあるのです。

何を狙っているのでしょうね? 是非、当ててください。

時計は、再度本命の確認です。クラシック系を続けた反動が出ているのか、力強い時計に魅力を感じています。これもまた、“絶対に必要か?”と言われると返事に困ってしまいますけど・・・。

でも、何かを好きでいないと、我慢できない心境になっているようです。

無理に何かを好きになろうとするのは良くないと思いますが、どうしても好きだというのなら、その気持ちは押さえ込みたくないです。ただ、正直なところ、自分でも何をどこまで好きなのか、よくわからなくなっているところです。

“縁があれば”と、無理をしないべきか、強引にでも手に入れるべきか。あるいは、本当に追い求めるものは、他に存在しているのか。それとも、目の前にあるのに、気がついていないだけなのか。

難しいな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 8日 (木)

ウィークリーマンションに戻って

しばらくの間、自宅で過ごしていたのですが、今日からまた数日間はウィークリーマンションでの生活です。

ある程度は慣れたとはいえ、1つ我慢できないことがあるのです。

狭い風呂は嫌いです。

もう少し広ければ、風呂に入ってリラックスできるのに・・・。

それともう1つ、誰もいない部屋に戻るのも、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

特に意味はないですけど

Watch_1Watch_2急に時計の写真を撮ってみたくなったのですが、やはり蛍光灯の明かりでは綺麗に写りません。

しかも、時計に付いた指紋も拭き取っていないし、根本的に準備不足です。

本当に、思いつきだけで行動しましたので。

Watch_3Watch_4それから、シンプルな時計は特に難しいです。

写真で時計の魅力を伝えるのは大変ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

累計アクセス90,000

累計アクセスが9万を超えました。

皆様、ありがとうございます。

毎回、アクセス数の区切りでそれまでのことを書いているので、今回も簡単に書きます。

8万から9万にかけては、本当に忙しい日々が続きました。ブログ開始以降、最も忙しかった期間だと思います。そんな時に、順調なアクセス数増加を見ることで、随分と元気付けられました。ありがとうございました。

ところで、もう少しで10万ですよね。何だか、信じられない数字です。

本当に、こんなブログが10万アクセスを迎えてもいいのでしょうか?

いつも曖昧な表現で逃げることが多いので、もう少し物事を丁寧に見つめていかなければならないなと思っていますが、やはり、大幅な方向転換は難しいでしょうね。

それより、ただの息抜きでも良いので、少しでも誰かの役に立つブログであれば嬉しいです。

これからも、どうかよろしくお願いいたします。

あ、そうだ。10万アクセスの際には、何らかの企画を準備した方が良いのかな?

忙しくなければ、ね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

理屈など関係なく

クロノグラフには、何を求めますか?

私はデザインが好みかどうか、それだけかもしれません。

もちろん、途中ではいろいろ考えることもありますけど、最後はデザイン重視です。

強烈に魅力を感じるかどうか。

そこには理屈など関係なく。

今回は、どうなのかな?

それともう1つ。

好きな店で好きな時計を買いたいけど、それが可能なのかどうか・・・。

限定モデルなんて、好きにならなければいいのにね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

使わないので

文房具店やホームセンターなどで、安い鉄ペンを見かけることがあります。少しは興味があるのですが、なかなか購入には至りません。

理由は簡単で、買ってもすぐに使わなくなるからです。

一応、書いておきますけど、世間の動きに反発しているのではないですからね。

安価な万年筆でも、優れたものはあるのだろうし、高ければ良いというものでもありません。

ただ、安い万年筆を何本も買っても・・・。

個人的な意見ですので、軽く流してください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

放置の結果

忙しかった間、限られた数本の万年筆以外は全く使っていませんでした。大量の万年筆を出張先に持っていく気にもなれず、自宅にずっと置いていたのです。

久しぶりに使ってみました。

とりあえず、ほとんどの万年筆では問題は生じていません。デュオフォールドとリエゾンなどはインクがかなり煮詰まっていましたが、それでも書けます(インクは純正ブルー)。

唯一、調子が悪くなったのが、プラチナのカーボンペンです。カートリッジの入れ替えをしようと思っても、固まってしまったのか開けられません。さすがに放置が長すぎたようです。

なお、以前は顔料系インクを入れていた、14kスタンダードおよびヤングプロフィットはインクを抜いて休憩中なので、当然ながら無事です。

カーボンペン以外は全く問題がなかったとは言っても、使う万年筆と休ませる万年筆をはっきりと分けた方が良いのかもしれません。

とりあえず、使うのは10本程度を目標として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予定変更ですか

“余計なお金がかかるから、今週中にウィークリーマンションを引き払おうと思うのですが・・・。”

“また来るのだから、そのままでも大丈夫じゃないの?”

“はあ?”

-----------------------------------------

また行くことになるのかな。

大変だけど、楽しみもあるから、まあいいか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 4日 (日)

本命を整理する

購入の本命としていた時計が変わってしまったのは、GSTクロノの影響が大きいのです。

つまり、最初に買おうと思っていた、毎日使うためのIWCを必要としなくなったため、本当に好きな時計を選ぶことに変更したからなのです。

結論から言えば、今でもスピットファイアクロノは好きです。ダブルクロノグラフの購入が無理ならば、迷うことなく決めると思います。

今まで何度もスピットファイアクロノを見て、大好きなのに物足りなさを感じていました。しかしその理由に気が付いたし、不満点を含めても好きだとわかったのです。

正直なところの本命は、ダブルクロノグラフですが、それには僅かに劣るもののスピットファイアクロノも本命に限りなく近い時計です。

3針スピットファイア(マーク16)も好きなので、これも欲しい時計です。

逆に、オーヴァーシーズへの関心は少し薄れました。質感の高さは捨てがたい魅力ですが、ヴァシュロンを買うならクラシック系にします。そして、それはまだ先のことでも良いと思うようになったのです。

だから、格好良いと感じる時計、今欲しい時計を選びます。

他人の意見も大切ですが、もっと自分に正直になろうと思います。

素直に好きなものを好きだと認め、それを正直に伝えることにして。

時計に限らず、最後の最後で自分に嘘をついて逃げることが多かったので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張解除

仲良くなった人と会えなくなるのは、少しさびしいな。

でも、これで終わりではないから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

本命に浮上したかも

今さら、こんなことを書いたら怒られるかもしれませんが・・・。

IWCのダブルクロノグラフ、これ、かなり好きです。

値段を無視すれば、スピットファイアクロノを上回るかな?

文字盤のデザイン自体は、スピットファイアクロノなのですが、リュウズの大きさなどを含め、細かい部分を見ていけば、ダブルクロノグラフの方が好きかもしれません。

先代のドッペルクロノグラフと比較すると・・・。

うーん、難しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

財布を受け取りに

BREEの財布の修理が完成しているので、それを受け取りに行きました。

Bree_repair_1左が修理した財布、右が最近使っていた財布です。

色の付き具合が全く違いますね。

この写真では、どこを修理したのか、わからないと思います。実際に、外見上はほとんど変わっていません。

Bree_repair_2Bree_repair_3これでわかりますね。

外見で判断できるのは、この部分です。補修用の革がまだ白いですが、そのうち目立たなくなると思います。

でも、修理はこれだけではありません。

Bree_repair_4Bree_repair_5財布の内側はこんな感じです。

弱くなっていた部分が補強されており、そのため、かなり頑丈になっています。

これで、数年間は問題なく使い続けられそうです。

なお、革が乾燥して白っぽくなっているので、水分(油分)を補給するためにクリームを塗ってみました。

もう少し、光沢が出てくれると嬉しいのですが・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年3月 2日 (金)

2針と3針

今まで、シンプルな時計の例として、“2針あるいは3針”という表現を用いてきました。

しかし、2針と3針、似ているようで違うのかもしれません。

時々、“2針は退屈”とか、“2針は面白くない”とか、そんな意見を聞くことがあります。

実は、私もそのように考えていた時期もあったのです。

秒針があれば、瞬時に時計の動きを確認することができます。

しかし、秒針がなければ、短時間見ただけでは時の刻みを確認することはできません。極端な話、止まっている時計を見るのと変わらないのです。

動きを楽しむという点においては、3針は2針よりもクロノグラフに近いのかもしれません。

私が所有する2針の機械式時計はエクストラフラットのみです。究極の薄さを実現するためには秒針など必要ありません。いや、エクストラフラットに秒針はあってはならないのです。

私は、エクストラフラットは究極の2針だと思っています。全ての無駄を排除した文字盤のデザインであり、あの大きさと薄さであることに価値があるのだと思います。それなのに、何となく明るい気持ちになれる優しさを感じます。とにかく、私にとって究極の時計であることに間違いないのです。

と、エクストラフラットは大好きな時計なのですが、時々3針が欲しくなったりするのです。

ところが、文字盤のデザインとしてはブレゲクラシック、普段使いのトータルバランスとしては35ミリ径の旧ポルトギーゼオートマティック、という大好きな時計たちが控えているので、余程の時計でない限り、好きにはなれないのです。

あえてブランド名は出しませんが、どれだけ美しく仕上げられても、威圧感が強すぎる時計は落ち着かないし、装飾感の強すぎる時計はそのうち飽きてしまいます。また、自社製ムーブメントなんて、時計の魅力の一部にすぎないので、ほとんど考慮しません。

それで結局、ヴァシュロン、ブレゲ、IWC、という時計が好きになって、それが今まで続いているのです。

何だか、2針と3針の話題から外れてしまいましたが、時計らしい時計の製造を続けて欲しいという願いをこめて・・・。

ちょっと強引かな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »