« マーク16の使用感 (2) | トップページ | マーク16の使用感 (4) »

2007年3月28日 (水)

マーク16の使用感 (3)

風邪が治りかけてはいるのですが、回復が足踏み状態で苦しめられています。

不用意に出かけるものではありませんね。自分の体はもちろんのこと、誰かにうつしてしまう可能性もあるのですから。

・・・かなり反省しています。

でも、そのおかげで好きな時計が手元にあるのは事実ですし、それについては嬉しいことなのです。

今回感じたこととして、やはりIWCは好きですね。購入後の浮かれた心境は、ヴァシュロンやブレゲに劣る部分などありません。

ヴァシュロンとブレゲとIWC。今後もこれら3本柱で行くだろうなと思います。

さて、今日はマーク16と言うより、スピットファイアとしての使用感です。

視認性は、絶対に黒文字盤の“クラシック”が勝るはずです。これは誰が見ても同じ意見でしょう。

しかしスピットファイアも、立体感のあるインデックス、大きめの文字盤、大型の針によって、時刻が非常に読み取りやすいのです。

正直なところ、スピットファイアの視認性はあまり期待していなかったのですが、これは嬉しい誤算です。

夜光塗料の発光は、やや控え目ですね。アエロナバルほどの派手さはありません。これには、IWCなりの見解があるのでしょうか?

(なお、ドッペルも控え目でしたが、トリチウムなので単純に対比は出来ません。)

それから、発光の持続時間についても調べてみたいと思います。

|

« マーク16の使用感 (2) | トップページ | マーク16の使用感 (4) »

コメント

夜光塗料ですが私のは最初、絶句するほど暗かったです。
念のため超高光度ライトで長時間照らしても使い始めは泣くほど?暗かったです。

ただ使っていく内に何故か明るくなっていきました。
今では一応パイロット時計らしい光っぷりです。
しかし夜光塗料に「慣らし運転」が在るなど聞いた事ないですがね・・・

現行のアエロとIWC現行の夜光塗料はあまり違い無いと思います。
T塗料は流石に一枚も二枚も上手ですね。

投稿: サガ | 2007年3月28日 (水) 23:26

私のスピットファイアは、“想像していたほど明るくない”という程度で、それほど暗いとは感じません。
パイロットウォッチでなければ、特に気にすることもなかったでしょう。

夜光塗料の発光の様子を写真で比較したいと思っているのですが、実現にはもう少しかかりそうです。

投稿: royalblau | 2007年3月29日 (木) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/14441094

この記事へのトラックバック一覧です: マーク16の使用感 (3):

« マーク16の使用感 (2) | トップページ | マーク16の使用感 (4) »