« 大切に使うこと | トップページ | 気付いたこと »

2007年1月 8日 (月)

昨日見た時計について

昨日はIWCを主目的として時計店に行き、ついでにヴァシュロンでも見ておこうかな、というつもりだったのですが、予想以上に楽しめました。

ビッグパイロットウォッチとポートフィノも見たので、その感想を書いてみます。

まず、ピックパイロットウォッチですが、見るだけなら楽しいです。これだけ大きければ、視認性には文句の付けようがありません。ただし、大きすぎて普通に使えるとは思えません。どう考えても、コレクターのための時計です。当然、買うことはないです。

ポートフィノは、現行IWCの中では小さめの時計です。しかし、小さく見えません。むしろ無駄に大きく見えます。やはり、“先代のポートフィノを買っておけば良かったな”という意識が働いてしまいます。それでも、しばらく見ていると、徐々に違和感が小さくなりますが、完全には消えません。これも買わないです。

現行パイロットウォッチのクラシックシリーズは、ビッグパイロットウォッチを最優先したデザインに思えました。それで、3針のマーク16が間延びして見えたり、クロノのバランスが悪く見えたりするのではないでしょうか。

ただし、何が優れたデザインなのかは、私にもよくわかりません。所有者が満足できれば、それで問題ないのでしょう。

なお、IWCは大好きですが、パテック、ヴァシュロン、オーデマ・ピゲなどに比べると、質感の差は歴然としています。特に昨日はそれを強く感じました。

スピットファイアクロノとオーヴァーシーズクロノ、質感の高さと美しさの違いは比較するまでもありません。しかし、常用するための時計として、私の良きパートナーとなってくれそうなのは、間違いなくスピットファイアクロノです。そもそも、スピットファイアクロノのデザインの方が好きですから。それに、オーヴァーシーズクロノを買う余裕があるならば、他に欲しい時計もありますので。

スピットファイアクロノの次が何になるのか、それは私にもわかりません。パテックか、ヴァシュロンか、それとも、もう一度IWCか・・・。

しかし、そんなことはあまり関係ないと思うようになりました。今、欲しいと思う時計を選び、これから先のことは、その時になって考えることにします。

もちろん、憧れの時計は、いつも心の中に存在していると思います。それもまた、将来の目標として楽しむつもりです。

|

« 大切に使うこと | トップページ | 気付いたこと »

コメント

仕上げを見ると今期で一番眼に入るのはミッドサイズの16(黒も白文字盤も双方)でしょうか。一番作り込まれているように思いました。

確かにビッグパイロットを主において他のモデルも全てリモデルされた
という方が良いでしょうね。IWCもそのような発言だしてますし。

そういえばroyalblau様のブログではオーデマピゲはあまり話題に挙がりませんが一応守備範囲でしょうか?
私はミーハーなんでロイヤルオーク38サイズSSシースルーには興味常に持ってます。並行でしか手が出せませんが。。

投稿: サガ | 2007年1月 8日 (月) 21:24

サガさん

パイロットの3針ミッドサイズは、意外と人気があるみたいですね。インヂュニアも最近はミッドサイズがよく売れているみたいです。
ただ、私には小さいので、購入することはないと思います。
ビックパイロットに関しては、今回のデザインが好きです。その他のクラシックシリーズは、何とも言えませんが・・・。

オーデマ・ピゲは、あまり好きではなかったのですが、少し興味が出てきました。それでも、まだ優先順位は低いです。
私はオーヴァーシーズ派ですが、ロイヤルオークの確立したデザインには魅力を感じます。オーヴァーシーズは、デザイン的にまだ完成されていないと思います。それもあって、次の本命にならないのです。

投稿: royalblau | 2007年1月 8日 (月) 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/13391042

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日見た時計について:

« 大切に使うこと | トップページ | 気付いたこと »