« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

時計の精度

この前の土曜日から、ずっとGSTクロノを使っています。

今更ながら、この時計は良いです。

日差も、+2秒程度で安定しているし、全く問題のない精度です。

この調子だと、日差の大きいシードゥエラーには、戻れないな・・・。

ところで、夏と冬では、どちらがブラス側になりますか?

実は、あまり精度に拘らないので、それほど真面目に計測したことがないのです。

何となく、寒いと進み、暑いと遅れていたような気がします。確か、エアキングがそうだったかな?

それから、調子が悪くなると遅れるのか進むのか?

これは、遅れました。シーマスタークロノが止まる前、日差-1秒だったのが、-5秒位になったことがあります。

しかし、油切れになると進むということを聞いたような気もするし、実際にはよくわかりません。

何しろ、それほど計ったことがないので・・・。

機械式時計なので、精度そのものに対しては、過度の期待はしていませんけど、時計の調子を把握するためにも、定期的に精度をチェックした方が良いのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

普段使いに変化

とても忙しいです。

しかし、気分転換は必要なので。

さて、本題に入ります。

買うことを決めた時計の影響で、普段使いの時計に変化が生じています。

IWCの使用頻度が確実に上がりました。GSTクロノが、シードゥエラーを押しのけてしまった感じです。

でも、本来その予定でGSTクロノを買ったので、ようやく目的を達しつつあるのです。

普段使いにGSTクロノ、そして、GSTクロノがいたポジションに、新しい時計を持ってきます。

次はレザーストラップの時計だから、比較的丁寧に扱う必要があります。

・・・既に買った気になっているのかな。

まあ、いいです。ストレス発散には、好きなことをいろいろ考えることが効果的なのです。

それと、時計店に行って、話をすることも、かな?

効果は大きいけど、副作用もありますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

果物が好き

果物が好きで、普段はよく食べているのですが、出張の状態が続いている現状では、あまり食べることが出来ません。

その気になれば何とでもなるのでしょうけど、疲れて帰って来たときに、皮を剥くのが面倒で・・・。

でも、栄養のバランスのこともあるし、何とかしたいです。

たまに苺や柿などを食べると、もの凄く美味しく感じます。

体がビタミンを欲しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れ星

仕事帰りに夜空を眺めていたら、偶然流れ星を見て、少し嬉しい気持ちになりました。

しかし、続けて夜空を眺めることよりも、詳しい天文情報を調べようとしてしまいます。

素直な心のままに、夜空を見上げることは出来ないのかな・・・。

これこそ、“知識は感性の邪魔をする” ということなのでしょうか?

でも、綺麗でした。星空を眺めて感動する心は、健在のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

値上げと購入のタイミング

IWCが値上げするとの情報があり、どうしたものかと考えているところです。

慌てて購入するのではなく、余裕のあるときに落ち着いて買おうと思っていたので、ちょっと予定が狂いそうです。

今回検討しているのは、IWCの中では比較的安いモデルですが、どれだけ上がるのでしょう?

さらに、同じリシュモンクループである、ヴァシュロンの動向も気になります。

ヴァシュロンは去年値上げしましたが、今年も?

とりあえず、IWCはスピットファイアクロノとマーク16、ヴァシュロンはセミフラット・スモールセコンドの情報を得たいです。

知ったところで、本当に欲しければ、値上げしても買うのでしょうが・・・。

でも、厳しいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

父の姿

それほど好きな父親ではなかった。

センスが良いとも思わなかったし、あまり話もしなかった。

しかし、ニコンF5を買ったのは、父のF2に対抗するため。

手巻きの時計に興味を持ったのは、毎日決まった時間にゼンマイを巻いている、大人の姿に憧れたから。

父の死を知ったとき、涙なんて出なかった。

泣いている余裕もなかった。

でも、葬儀が終わって泣き崩れた。人前で泣いたのは、何年ぶりだったのだろう。

亡くなって、初めて存在の大きさに気が付いた。

明日は十三回忌。

まだ、父には勝てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

第一印象で

時計や文房具に限らず、第一印象で好きになったものが、いつまでも好きな気がします。

それに対して、理屈で好きになったものは、無理に好きになろうとするためか、しばらくすると飽きてしまいます。

“いくら理想を追い求めても、欲しいものは見つからない。なぜなら、既に見つけているのだから。”

と、最近こんなことを考えています。

あ、でも、最新技術を使った工業製品などは別ですよ。技術の進歩を見るのは好きですから。

だから、それ以外のことです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

昼寝の効果

眠いです。

仕事の忙しさが最大の原因だとわかっていますが。

でも、昼休みの間に、少し寝るだけでかなり楽になります。

さて、仕事でもするかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月24日 (水)

好きな万年筆と使う万年筆

今度は、万年筆で考えてみました。

ここでも楽しむための万年筆と、実用に徹した万年筆に分かれるような気がします。

モンテグラッパやファーバーカステルで楽しみ、モンブランやペリカンを普段使いしているのです。そして、アウロラがその両方を満たすのかな?

しかし時計と異なり、それほどはっきりと区別されるものではありません。

そもそも、使うことを前提とした万年筆しか買っていないので、これは当然の結果なのです。

しかし、時計だって、全て使うつもりで買っているのです。

この差は、どこから来るのでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

好きな時計と使う時計

好きな時計と使う時計は同じですか?

私が好きな時計のブランドは、IWC、ヴァシュロン、ブレゲなどですが、日常的に使っているのはロレックスの確率が圧倒的に高く、次いでIWC、オメガなどです。

休日など、ゆっくり時計を楽しめる時には、ヴァシュロンやブレゲを使いますが、慌しい時には使いたくないのです。

それとは反対に、時計を楽しもうとする場合には、ロレックスでは物足りないのです。

なお、IWCなら、少し緊張しながらも毎日使えそうな気がするし、時計として十分楽しむことも出来ます。

やはり、本当に好きなのはIWCなのでしょうか?

何をもって好きと言うのか、実は難しい問題かもしれません。

持っていて、毎日のように使って好きなのか。

買ったけど、大事に保管して好きなのか。

買えないけど、憧れとして好きなのか。

“好きなのに、どうして使わないのですか?” と、質問されたら、どのように答えますか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月22日 (月)

累計アクセス80,000

今回、報告するのはやめておこうかとも思っていたのですが、一応区切りなので。

皆様、どうもありがとうございます。

70,000の時は、かなり落ち込んでいた時期だったけど、今回は元気です。

仕事のストレスは溜まっていますが、それ以外は概ね良好です。

これからも、興味があることについて書いていきます。

どうかよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

好きな時計は

時計店での出来事です。

-----------------------------------------

“前から聞こうと思っていたけど、好きな時計は何?”

“好きな時計の3大ブランドは、IWCとブレゲとGP。”

“IWCとブレゲは、今までの話の中で何となくわかっていたけど、女の人でGPは珍しいよね。”

-----------------------------------------

その後も話は続いたのですが、書くのはここまでとします。あまり変なことを書くと、後で・・・。

ところで、私の好きな時計の3大ブランドだったら、IWC、ヴァシュロン、ブレゲですね。

パテックやランゲなども素晴らしいと思うのですが、好きという気持ちとは、また別のものなのです。もちろん、パテックやランゲも好きになりそうですが、IWCやヴァシュロンなどの方が、好きだという気持ちが強いのです。

理由は、自分でもよくわかりません。ただ、何となく。

あえて言うなら、デザインかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

腰痛対策

実は、先々週位のこと、腰が痛くて苦しんでいました。

そして先週、湿布を買おうと思って薬局に行ったところ、薬局で綺麗なお姉さんに指摘されました。

-----------------------------------------

“腰痛だったら、湿布も効きますが、根本的な解決のためには栄養面を考えた方がいいですよ。”

“はあ・・・?”

“ビタミンB1を補給するのが効果的です。

“そうですか? 確かに、最近仕事の関係で忙しく、栄養バランスが狂っているかもしれないです。”

“辛くて早く治したいなら、是非どうぞ。”

“わかりました。買います。”

-----------------------------------------

1週間位経過しましたが、確実に効果がありました。

忙しくて、さらに1人だと、適当な食事になってしまいます。

栄養のバランスは大切ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

質問です

ちょっと質問です。

“2番目の時計”の最後の方に、「続きを読む“2番目の時計”」と表示されているのですが、これは先日実施されたメンテナンスの前から出ていたのでしょうか?

それとも、メンテナンス後のことでしょうか?

なお、“続き”は空白なので、当然のこと、クリックしても何も出てこないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

くじ運

今頃になって、年賀状のお年玉を調べています。

くじ運ですか?

・・・・・全く駄目です。

切手シートでさえ、当たっていません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

万年筆の絞り込み

本来なら、年末に万年筆の洗浄を行い、ついでに使う万年筆を絞り込もうと考えていたのですが、忙しくて何も出来ず、今日になって開始しようとしていました。

でも、今までに同じことを考えて失敗しています。急に減らそうとすると、必ずその反動が来るのです。

だから、急に減らさないことにします。

結局、インクを抜いたのは、ヤングプロフィット、フリーウェイ、クルトゥールの3本です。

あれ? 鉄ペンだけですね。

他の万年筆に対しては、特に気を使うインクを入れていないこともあり、適当に使っていきます。

そして、インクが切れたときに、再度インクを入れて使い続けるか、それとも洗浄して保管するか考えることにします。

こんなことで、いいのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

疲れた時には

今週は、かなり忙しくなることが予想されていたのですが、期待を裏切らない忙しさが待っていました。

それでも、何とかなりました。

しかし、さらに仕事が増えてしまったのは、なぜでしょう?

ところで、疲れた時に出番が多くなる時計がエアキングです。とにかく楽です。月曜日から連続して使っています。

でも、楽しくないです。

“楽”と“楽しい”は別ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

悪い日ではないけど

ココログのメンテナンスが終了したみたいで、新たな機能も追加されているようですが、まだ詳しく確認していません。

今日は忙しかった・・・。

それに、クリップターンは壊れるし、代わりに慌てて取り出したボールペンは書けないし・・・。

ここまで予定が狂うというのも、久しぶりです。

でも、悪い日ではなかったです。

清々しさなんてものはないけど、少しだけ達成感があるのかな?

しかし、全体で見れば、作業は進んでいません。

まあ、いいか。明日頑張るから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

メンテナンスのお知らせ

ココログのメンテナンスが行われます。

2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間です。

昨日のうちに、お知らせするのを忘れていたので。

今ですか?

仕事の合間に書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

2番目の時計

“将来、ヴァシュロンのセミフラット・スモールセコンドも買いたいと思うのですが。”

“それはやめた方が良いですよ。”

“なぜですか?”

“エクストラフラットと比較して、その結果、負けた時計です。仮に買ったとしても、ヴァシュロンの中で2番目にしかならないです。そんな気持ちで買っては駄目です。”

“そうですか・・・。”

----------------------------------------------------

去年、エクストラフラットの次の時計として、セミフラット・スモールセコンドを考えていた頃の時計店での会話です。

確かに、この時はエクストラフラットの代わりとしてセミフラット・スモールセコンドを見ていたのかもしれません。そして、それを見事に見抜かれていたのです。

それでも、セミフラット・スモールセコンドは好きです。しかも、あの頃よりも確実に・・・。

ポルトギーゼのオートマティックも、1度はラトラパントに負けた時計です。でも、間違いなく好きな時計です。ラトラパントと比べてみても、決して2番手扱いはしていません。

方向性は似ているけど、違う時計です。どちらも違った魅力があり、どちらも好きなのです。

ヴァシュロンだって、同じことだと思います。格付けをすれば、エクストラフラットが勝るのかもしれませんが、純粋に好きな時計として選ぶのであれば、互角なのです。

そして、スピットファイアも・・・。

やはり、同じことの繰り返しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

同じことを繰り返す

IWCのスピットファイアクロノは、現在の本命です。その気持ちに変わりはないのですが、スピットファイアの3針、つまりマーク16もかなり好きになってきました。

先週見たときも、それは少し感じていたのです。でも、今日になってそれがはっきりしてきました。

そもそも、シードゥエラーの代わりとなる時計を見つけようとしていました。そして、3針のマーク16を好きになりかかっていたところで、スピットファイアクロノを見て、一気に好きになってしまったのです。

しかし、何度もスピットファイアマーク16見ているうちに、こちらも間違いなく好きな時計だと気が付いたのです。

今の気持ちとしては、ほぼ互角です。本気でどちらも欲しいのです。

実は、以前にも同じような経験をしたことがあります。

ポルトギーゼは、最初オートマティックを本命としていました。既に所有する2つのIWCがどちらもクロノグラフなので、次はシンプルな時計にしようと考えたのです。そして、シンプルな時計としては理想通りの時計として、ポルトギーゼオートマティックを見つけました。

しかし、クロノグラフの魅力が勝り、途中でラトラパントに変更したのです。

ところが、オートマティックのことがどうしても忘れられず、結局は両方購入することになりました。

どちらも、大好きな時計です。あえて言うならば、理想の時計に近いのがオートマティック、好きな気持ちが強いのがラトラパントですが、ほとんど差はありません。

今回のスピットファイアの件、ポルトギーゼの時と非常に似ています。

と、言うことは・・・。

結果は、わかっている気がします。

成長していませんから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

久しぶりに買ったCD

忙しかったり忘れていたりで、ずっと買いそびれていた音楽CDを買いました。

CDを買うのが久しぶりなら、Media Player で再生するのも久しぶりなので、完全に忘れていて、実に恥ずかしいことなのですが・・・。

MediaplayerMedia Player でも、アルバムタイトルや曲名が表示されるのですね。

これって、昔からでした?

いや、PCで再生することなんて、ほとんどなかったので・・・。

ところで、買ったCDですが、オフコースの i (ai) -オール・タイム・ベスト- です。

Offcourse_i実は、オフコースが好きです。小田和正でも鈴木康博でもなく、オフコースが。

今回のアルバムも、収録曲は全て他のCDで持っているのだけど、それでも買ってしまいます。

でも、ベストアルバムではなく、オリジナルアルバムの発売を期待したいけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Rhodiaメモカバー

Rhodia_quovadis_1Rhodia_quovadis_2今までロディアのメモカバーは、クオバディスを使っていました。

使い勝手に関しては、全く不満はなかったのですが、天然の素材ではなく、革の感触を楽しめないことには少し物足りなさを感じていました。

だからと言って、あまり高価なものを買うつもりもなく、“適当に気に入ったメモカバーがあれば買ってみようかな?” 位の気持ちでいました。

Slipon3801dbr_1そして、何となく気に入ったのが、これです。

スリップオンのメモカバーです。

色はダークブラウンにしました。今でも十分好きな色合いですが、使い込んだら、もっと良い色になるのでしょうか?

Slipon3801dbr_2Slipon3801dbr_3Slipon3801dbr_4正直言って、使い勝手だけなら、クオバディスの方が良いかもしれません。

でも、何となく好きなのです。

極めて曖昧な表現ですが・・・。

そう言えば、これが今年最初の文房具の買い物です。

他に欲しい文房具もペンケースだから、結局、革製品に興味が移っている気がしますね。

時計も、“レザーストラップ”を選ぶことに決めたし・・・。

あ、これは関係ないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

ペンケースは買いたい

万年筆は買い控えようと思っていますが、ペンケースはまだ欲しい気がします。

同時に全ての万年筆を収納できるだけの純正ペンケースが欲しいと思ってしまうのは私だけでしょうか?

全ては必要ないとしても、とりあえずモンテグラッパは欲しいです。

しかし、問題があるのです。2本用だからです。

絶対に、もう1本入れたくなるはずですから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月11日 (木)

ブルーブラックを使いたい

万年筆に関して、私の好きなインクの色はブルーです。あえて、書く必要もないでしょうが・・・。

ところが、久しぶりにブルーブラックを使いたくなっています。何となく、そんな気分なのです。

実は、ブルーブラックはそんなに好きな色ではありません。はっきり言えば、嫌いです。

でも、使ってみようかなと、考えているのです。

モンブランとペリカンのブルーブラックは既に買っています。

・・・・・確か2年位前に。いや3年になるかな。

劣化する前に使おうとしているのではないですよ。

本当です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パテックかヴァシュロンか

“5196と5119では、どちらを勧めますか?”

“5119です。5196は、96ではありません。”

-----------------------------------------

先日、パテックを見ていた時の出来事です。確かに、5196は必要以上に大きく感じます。これはこれで素晴らしい時計なのでしょうが、もはや96ではないのかもしれません。

ところで、2つのポルトギーゼを購入した後、次の本命としていたのは3796でした。2針か3針のシンプルな手巻き式時計が欲しかったのです。

しかし、実物を見て、自分の好みとは違うことに気が付きました。3796に限らず、パテックにそれほど感動出来なかったのです。その後、ブレゲやヴァシュロンを理想の時計として、“私にパテックは必要ない”と考えることにしたのです。

ところが、先日久しぶりにパテックを見て、好きかもしれないと思いました。

でも、少し迷っています。やはり、ヴァシュロンの方が好きな気がするのです。冷静に判断すれば、パテックの方が良いのかもしれませんが、現在の心境で純粋に好きなのはヴァシュロンです。

当面、買う予定のない時計のことなど、心配する必要などありませんが、それでも気になります。

パテックかヴァシュロンか、それとも、IWCなのか・・・。

買わないことで楽しめることもあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すぐに買わないようにする

最近、欲しいものがあっても、すぐに買わないように心がけています。冷静に考えてみて、それでも欲しかったら買うことにするのです。

時計に関しては、既に所有している大好きな時計と並べてみて、それでも欲しいと思わない限りは絶対に買わないようにしているのです。そうして、欲しいと感じたら買うようにしているのです。

今までの時計店では、好きな時計を持っていくことが、最終決断の合図だったのです。

・・・あれ?

この前、スピットファイアクロノをドッペルとアエロナバルに並べて、“この時計は本当に好き” と言ったような気がするな・・・。

違う店だから、まあ、いいか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

IWCは質実剛健か

IWCは、質実剛健という印象で語られることが多いようです。

しかし、私はIWCに対して、そんなことは思っていません。もちろん、真面目でしっかりとした時計も製造しているでしょうが、実は遊び心に満ちた時計が多いと思います。

いつものオーバースペックは、IWCの技術者が、自分たちの趣味で実現しているのではないかと考えてしまうのです。

結果として、質実剛健に見える時計があるだけで。

どちらかと言えば、ロレックスの方が質実剛健ではないのかな?

もちろん、私の個人的な意見なので、反論する人も多いでしょうが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

気付いたこと

実は、今年になってから、まだ何も文具を買っていないことに気付きました。

年末に注文したものがあるので、そのうち買い物をするのは間違いないのですが、それにしても珍しいことです。

我慢しているのではなく、それほど欲しいものがないので、あえて何かを買う気になれないようです。

“こんなことで、文具系ブログと言えるのかな?” と思います。

いや、本当は、欲しいものが高くて、簡単に手を出せないだけです。しかも、時計を買おうとしているので・・・。

中途半端な買い物が減ることは、むしろ好ましいけど、確実にブログのネタが少なくなります。

・・・これで、大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 8日 (月)

昨日見た時計について

昨日はIWCを主目的として時計店に行き、ついでにヴァシュロンでも見ておこうかな、というつもりだったのですが、予想以上に楽しめました。

ビッグパイロットウォッチとポートフィノも見たので、その感想を書いてみます。

まず、ピックパイロットウォッチですが、見るだけなら楽しいです。これだけ大きければ、視認性には文句の付けようがありません。ただし、大きすぎて普通に使えるとは思えません。どう考えても、コレクターのための時計です。当然、買うことはないです。

ポートフィノは、現行IWCの中では小さめの時計です。しかし、小さく見えません。むしろ無駄に大きく見えます。やはり、“先代のポートフィノを買っておけば良かったな”という意識が働いてしまいます。それでも、しばらく見ていると、徐々に違和感が小さくなりますが、完全には消えません。これも買わないです。

現行パイロットウォッチのクラシックシリーズは、ビッグパイロットウォッチを最優先したデザインに思えました。それで、3針のマーク16が間延びして見えたり、クロノのバランスが悪く見えたりするのではないでしょうか。

ただし、何が優れたデザインなのかは、私にもよくわかりません。所有者が満足できれば、それで問題ないのでしょう。

なお、IWCは大好きですが、パテック、ヴァシュロン、オーデマ・ピゲなどに比べると、質感の差は歴然としています。特に昨日はそれを強く感じました。

スピットファイアクロノとオーヴァーシーズクロノ、質感の高さと美しさの違いは比較するまでもありません。しかし、常用するための時計として、私の良きパートナーとなってくれそうなのは、間違いなくスピットファイアクロノです。そもそも、スピットファイアクロノのデザインの方が好きですから。それに、オーヴァーシーズクロノを買う余裕があるならば、他に欲しい時計もありますので。

スピットファイアクロノの次が何になるのか、それは私にもわかりません。パテックか、ヴァシュロンか、それとも、もう一度IWCか・・・。

しかし、そんなことはあまり関係ないと思うようになりました。今、欲しいと思う時計を選び、これから先のことは、その時になって考えることにします。

もちろん、憧れの時計は、いつも心の中に存在していると思います。それもまた、将来の目標として楽しむつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大切に使うこと

昨日、BREEの財布の修理依頼をしたのですが、最初は財布を持っていくのが恥ずかしく思っていました。

“かなり痛んでいるし、ここまで使ったのだから、もう使うのを止めてもいいのではないかな?” と思い、次に使う財布の準備は考えても、修理して使うことなど、考えてもいなかったのです。

しかし、“まだ使えます。是非、使い続けてください。” と言われ、ボロボロになった財布を使うことが恥ずかしいと思っていたことが間違いだったことに気付かされました。

財布に限った話ではなく、買ったものは大切に使い続けなければならないと思いました。

それに、衝動買いを避け、本当に欲しいもの、必要なものを買わなければならないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソネットも好調

最近、ソネットも使うようになっているのですが、これも好調です。

ソネットはスターウォーカーと同様に、万年筆を本格的に使い始めようとした頃に購入したものですが、他の万年筆に埋もれてしまい、ほとんど使わなくなっていたのです。

ソネットを購入した頃は、万年筆を万年筆らしく使うことを考え、筆圧をかけずに寝かせて書くように心がけていたと思います。それ自体、悪いことではないのでしょうが、少し無理をしていたかと思います。

調子が悪ければ、意地でも使い続けて改善を試みようとしたのでしょうが、そこまで悪くもなく、“書けるけど快適ではない”という状態で、その結果、使う頻度も下がっていったのです。

その後、何度か使ったり休ませたりの繰り返しを続けていましたが、携帯用の万年筆がM400と144に固定してしまったので、完全に出番を失ってしまいました。シズレでなければ、もっと使ったかもしれませんが、携帯用としては重く感じたのです。

今回の復帰は、クインクのブラックを使い切ってしまいたいと理由から始まりました。デュオフォールドにはブルーインクを入れていたため、本当は仕方なく使い始めたのです。

使っていて感じたのは、以前よりも好きな書き味になっていることでした。しかし、どちらかと言えば、使い方が変わったので、使いやすく感じているのかもしれません。ある程度筆圧をかけ、少し立たせ気味で書いているような気がします。つまり、何も考えずに書きやすいように書いているのです。

万年筆のためには良くないのでしょうが、現行品ならば、それが正しい使い方なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

スピットファイアの次

本命のスピットファイアクロノのレザーストラップが最初の時計店で見られなかったことに加えて、スピットファイアクロノ以外に気になっていたオーヴァーシーズを見るために、他の時計店にも行ってみました。

まず、オーヴァーシーズを見て、“いい時計だな”と思い、次の店でスピットファイアのレザーストラップを見て、“本命はこれだ!”と思い、さらに次の店でヴァシュロンのパトリモニー・セミフラット・スモールセコンドを見て、“ヴァシュロンを買うならクラシック系にするべき”と思い、そしてその次、パテックを見て、“パテックもいいな”なんて感じてしまいました。

いろいろ時計を見て、迷いは完全に消えました。次に欲しい時計は、スピットファイアクロノ(レザーストラップ)で決まりです。

パテックやヴァシュロンのスポーツモデルも素晴らしいのですが、好きな時計、使いたい時計として選ぶのであれば、私にはIWCが適しているのです。

いつになるかわからないけど、パテックを買いたいと思います。

実は、今までに誰にも話したことはなかったのですが、ポルトギーゼを買った当時、次の本命として考えていたのはパテックのカラトラバだったのです。しかし、ブレゲやヴァシュロンの方に魅力を感じてしまい、パテックとは縁がなかったのです。

無理をしてまで買う気はありません。まあ、少しくらいは無理をしなければ買えない時計かもしれませんが。

とにかく、縁があれば、ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本命決定

今日は、時計店巡りをしたのですが、最も印象に残ったのは、やはりあの店です。

------------------------------------------

“もう答えは出ているのでしょ? いらいらするなあ・・・。”

“そんなこと言うけど、いろいろな可能性を考えるから。好きな時計だから好きな形で使いたいし。もちろん、レザーストラップが好きだけど。”

“だから答えは出ているでしょ!”

“そうだね。スピットファイアクロノのレザーストラップ。他は考えられないよね。”

“絶対に似合いますよ。”

“ありがとう。そう言ってもらえるのが、一番うれしいな。”

“それなら、オーダーする?”

“あ、・・・それは待って。”

------------------------------------------

確かに、答えは出ていました。答えは出ていたのだけど、迷うことを楽しんでいたのかもしれません。

それにしても、変な人です。しかし、私も“変な人”と思われているようです。

まあ、お互いさまですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

財布の修理

以前、BREEの財布について書いたことがありましたが(BREEの財布)、それまで使っていた財布を修理に出しました。

戻ってきたら、また紹介しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターウォーカー好調

今まで休ませていたのが、もったいないと思う位に好調なスターウォーカーです。

(キャップ内側の錆が気になりますが・・・。)

スターウォーカーの書き味は、146や149などとは異なります。あえて似ているペンを探せば、リエゾンでしょうか。筆圧をかけずにペンの重さでスラスラと書けます。

なお、リエゾンも最初の頃は苦労しました。フロリダブルーを入れたけど、どうしても調子が上がらず、他のインクを入れてもさほど変化なく、半分諦めかけていましたが、インクをフロリダブルーに戻し、しばらくしたら、調子良く書けるようになっていました。

いつの間にか調子が良くなったことが、最も似ているのかもしれません。

苦労して育てたペンは、記憶に残りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

そろそろ花粉症対策

新年を迎えると、そろそろ考えなければならないのが、花粉症対策です。

今年の飛散量は、平年よりも少なめと予測されているので、ある程度安心していますが、ピーク時には苦しむことは間違いないでしょう。

甜茶を飲むと症状が軽くなるので、甜茶の準備でもしておこうかと思っています。それから他に相性の良いものとして、“花粉ハーブ”、“トマトのちから”がありますね。

体質によって効果の差があるみたいなので、症状が改善されない人もいるかもしれませんが、私はこれらの組み合わせで、かなり楽になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年1月 5日 (金)

迷っている理由

次の本命は、IWCのスピットファイアクロノに決まっているはずなのに、小さなことで迷っています。

安い買い物ではないし、この時期に時計を買うことなど考えてもいなかったので、予算的に苦しいというのもありますが、とりあえずそれは別の話として・・・。

簡単に言えば、予想以上に好きになってしまったことが、最大の原因かもしれません。

やはり、毎日使いたくなると思うのです。そうなると、メタルブレスの方が良い? それとも、フォールディングバックルに変更?

いや、今のままのレザーストラップが気に入ったのだから、そのまま使い続けるべきかな?

どうでもいいことで悩んでいると思います。しかも、かなり本気で。

それともう1つ。

シルバー文字盤のクロノグラフとして、オーヴァーシーズも思い出したのです。

正直なところ、スピットファイアの方が格好良いと思います。オーヴァーシーズは奇妙なデザインです。しかし、細部の美しさはオーヴァーシーズが勝ります。

結局、両方好きなのです。強烈に引き込まれるような魅力は互角です。

とりあえず、当分の間はオーヴァーシーズの購入は無理なので、比較することもないのですが、やはり気になる存在です。

さらにもう1つ。

時々、3針のマーク16スピットファイアも悪くないかなと・・・。

ついでにもう1つ。

ポケットウォッチも少しだけ・・・。

何だか、馬鹿なこと書いていますね。

でも、本命はスピットファイアクロノ・レザーストラップです。それだけは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月明けの仕事

駄目です。頭と体が働きません。

それでも、明日から三連休!

・・・ではなく、明日は仕事です。

でも、このまま休みに入って、休みボケが長引くよりも良さそうです。

本当は、すぐにでも時計を見に行きたいけど、もう少し我慢が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

スターウォーカー復帰

長期間、インクを抜いて待機させていたスターウォーカーでしたが、新年を機会に携帯用万年筆として復帰させました。

スターウォーカーは、自分で購入した最初の金ペンだったので、それなりに思い入れはあります。

購入直後は、なかなか調子が上がらず、苦労しましたが、いつの間にか(3ヶ月位かな?)滑らかな書き味になりました。

しかし、その後、急激に万年筆が増えていったため、スターウォーカーの出番も少なくなってしまったのです。

マイスターシュテュックに比べれば、とても本格的とは言えない万年筆でしょうが、実は好きです。ボールペンも気に入っています。

正直言って、これ以上万年筆を買い足す必要性を感じなくなっているので、ひょっとしたら、今年は何も買わないのではないかと思っています。仮に買ったとしても、1本か2本程度で終わるはずです。

万年筆に対する、新たな関心は薄れつつあります。

しかし、万年筆を使わなくなったのではありません。毎日のように使っています。

使うのが当たり前になっていて、ボールペンなどとそれほど変わらない、普通の筆記具として扱うようになってきたのです。

高級筆記具への関心は、書きやすいボールペンを探すことで始まりました。その途中で、万年筆を知り、多くの万年筆を買い集めました。

でも、これ以上は必要ないかなと、今持っている万年筆を大切に使い続けた方が良いかなと思います。

どうしても欲しくなったら、また買ってしまうと思います。だって、好きなものですから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

結局好きな時計とは

素直に好きな時計、そして、今使いたいと思う時計について考えてみました。

やはり、IWCのスピットファイアクロノ(レザーストラップ)ですね。

もう1つ、ヴァシュロンのオーヴァーシーズクロノ(シルバー文字盤)です。

どちらも、シルバー文字盤のクロノグラフです。いわゆる理想の時計ではありません。でも、好きなのです。

好きで、いつも使いたいと思う時計。

好きで、丁寧に扱いたいと思う時計。

好きで、いつの日にか買ってみたいと思う時計。

好きにはいろいろあっても良いと思います。

だから、もっと素直になって、本当に好きなものを手に入れます。

それか可能であるならば。

一体、何を書いているのだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きと理想と憧れと

“レザーストラップの方が好きだけど、メタルブレスが気になって・・・。でも、好きなのは間違いなくレザーストラップ。”

“それなら、レザーストラップでいいじゃないですか。”

“やっぱり、そう思う? ここまで好きなのに、何を迷っているのかと思われるかな?”

“はい。”

“・・・ところで、ポケットウォッチだけど、似合うと思う?”

“まだ早いよ!”

“やっぱりそうかなあ・・・。自分でも、そう思っているのだけど・・・。”

“急ぎ過ぎてはないですか?”

“結局、同じことの繰り返しをしているみたい。変に理想を追い求めたりして・・・。素直に好きな時計を選べばいいのにね。”

“まだ若いね。”

“そうだよ! 半年ほど若いからね。 ・・・でも、ありがとうございます。またアドバイスしてください。”

------------------------------------------

この人には勝てないです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

年賀状で使うインクの色

届いた年賀状をチェックしていますが、万年筆で書いている人を見つけることは出来ません。

大半はインクジェットプリンタの印刷文字ですが、手書きの部分でも、ボールペン、水性ボールペン、筆ペンなどです。

そして、当然かもしれませんが、インクの色は圧倒的にブラックですね。

私も、年賀状でなければ絶対にブルーインクを使うのですが、形式的な年賀状では無難なブラックにしてしまいました。

しかし、私のところに届いた年賀状の中で、一通だけブルーインク(水性ボールペン?)で書かれた年賀状がありました。

正直言って、かなり感じは良かったです。

来年は、親しい人限定で、ブルーインクで年賀状を書いてみようかと思いましたが、マナーとしては、友人以外にブルーインクの年賀状は好ましくないのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

See you again

“しばらくの間、ここに来るのはやめようと思います。自分が本当に好きなもの、大切なものを探してみたいので・・・。”

“そうですか・・・。さびしくなりますね。でも、他にも理由があるのではないですか?”

“・・・はい、確かにそうですね。それでも来ない方がいいと思います。・・・そのうち必ず戻って来ますから。”

“その気になれば、いつでも戻って来てください。”

“ここは、本当に好きでした。”

“ありがとうございます。”

“それでは、お元気で。・・・いや、また来ますって、言いましょうね。”

“はい、いつでもいらっしゃってください。お待ちしています。”

-----------------------------------------------

変わらない気持ちと、変えなくてはならない気持ち。そして、いつの間にか変わっていく気持ち。

ただ、今はまだ、その途中みたいだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

ラバーストラップ

以前は、ラバーストラップが大嫌いでした。時計にラバーという素材を使うことが、とても嫌だったのです。

だから、実物を見るまでもなく、ラバーストラップの時計を敬遠していたのです。

しかし、IWCのアクアタイマーを見て、“これも悪くない”と感じるようになり、スポーツウォッチならば、ラバーストラップという選択肢があっても良いのではないかと思うようになったのです。

ベゼルやプッシュボタンがラバーなのは、絶対に嫌ですが、“消耗品と割り切った上でストラップにラバーを使うのであれば、それほど気にすることもない。” と考えるようになってきたのです。

そして今日、この意識のもとでブレゲのマリーン・ラージデイト(ブルー文字盤)を見ました。

しばらくメタルブレスのタイプと見比べていましたが、この時計に関しては、メタルブレスより、ラバーストラップの方が好きかもしれません。

結論から言えば、買う可能性は限りなく低い時計です。しかし、見ていて楽しくなる時計です。

“こんな時計で遊びに行ったら楽しいだろうな・・・。” とは思いますが、買う余裕と使いこなす余裕の両方ともありません。

自分では買わないけど、誰か買わないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お正月に使う時計を考えながら

大晦日から元旦にかけては、IWCのGSTクロノで過ごしました。元旦は少しだけ親戚の家に行った位で、それ以外は特に外出していません。

今日は、ちょっと出かけてみようかなと思うのですが、新年最初の外出用時計は何にしようかと考えていました。

2007_01

とりあえず、普段動かしていない時計もゼンマイを巻いて動かしました。

やはり、時計は動かしてあげたいですね。ケースの中で保管するだけではなく、定期的に使ってあげたいと思います。

“お正月気分を味わうなら、金の時計が良いのかな?”なんて考えながら、腕に付けてみました。

2007_022007_032007_04シルバーあるいはホワイト文字盤なので、時計が大きく見えます。

しかし、ポルトギーゼ・ラトラパントが40.9mm、ポルトギーゼ・オートマティックが35mm、エクストラフラットが31.5mmです。

最近の時計のサイズと比較すれば、決して大きくないのです。

時計が持っている存在感というものは、面白いものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

おめでとうございます

あけましておめでとうございます。

Birthdayところで、今日は、BURGUNDYの誕生日でもあります。しかし、ブログのBurgundyだけ更新して、かなり放置気味なので、今年は少しずつ手を加えていくつもりです。

それから、もっと大切な誕生日でもありますが、それは内緒(?)です。

でも、年賀状に、そのことについて書いてもらえると、とても嬉しいのです。だって、いくら言っても、忘れる人が多いので・・・。

さて、どんな1年が始まるのでしょうか?

不安もあるけど楽しみです。

今年こそ、幸せな気分を味わいたいですね。そして、誰かを幸せにしたいです。

また、ここを訪れてくれる人たちが、少しでも楽しめるようなブログを続けていきたいです。

どうかよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »