« 予定変更か | トップページ | インクを入れたままで »

2006年12月16日 (土)

優先させるのは

実用時計としてIWCの購入を本気で考えるようになった最大の理由は、精度で不満を感じ出したシードゥエラーのオーバーホールに備えるためです。

まあ、新規に時計を購入しなくても、戻ってくるまでシーマスター・クロノグラフなどを使っていれば済むのですが、それでは少し問題があるのです。

疲れているときに、重たい時計は苦痛なのです。

普段の元気なときなら、平気です。でも、風邪をひいたり疲れているときは、シードゥエラーやシーマスターは重さを感じてしまいます。

毎日気楽に使える、普通の3針カレンダー付き時計が欲しくなったのです。

3針カレンダー付きなら、オーバーシーズやサンマルコも所有していますが、これらは常時気楽に使える時計ではありません。綺麗過ぎるので気を使ってしまいます。

サイクロップレンズが嫌いだからロレックスは除外です。それでも、デイトジャストなどを何とか好きになれないかと検討していましたが、今は無理です。仮に買ったとしても、ほとんど使わないと思います。

何故かと言えば、現在所有するシードゥエラーやエアキングほど好きになれないのです。好きになれない時計など、使い続けるはずがありません。

毎日使う時計だからこそ、本当に好きな時計を選びたいのです。

そして現在、マーク16とポートフィノが候補になっているのです。

しかし、優先させるのは、新規に時計を購入することではなく、シードゥエラーのオーバーホールかもしれません。

マーク16とポートフィノのどちらかに決めるには、まだ当分の間は悩むと思いますから。

|

« 予定変更か | トップページ | インクを入れたままで »

コメント

取り合えずアクセス7おめでとう御座います。
もう毎度言わなくても良いかな・・(^^;)

IWCはオーバーホールの時の為にでしたか。
確かに疲れているときでしたらシーマとかは
へびー過ぎますね。

つい先日、先代ポート(デッドストック)と現行ポートが
双方とも在ったので試着したのですが現行は、
なんかシックリこないと思って考えてみたらサイズもですが
IWCロゴ下に在るIWC筆記体ロゴが無くなっているのですね。
今頃気がつきました。何で伝統的なロゴ減らしたのだろうか?
後日行くと15も先代フィノも無かったのでやはり現行よりも
人気が在るんだなと思いました。

個人的に生活スタイル的に頑丈な時計が気になってくる毎日です。
インヂュニア・・・IWCの概念としては主役でも
異色なモデルだけに迷います。
母には「車買えるGショックなんか買うなよ」と言われました(苦笑)
Gショックと言われただけにショック(寒)

投稿: サガ | 2006年12月16日 (土) 23:35

サガさん、どうもありがとうございます。

IWCが欲しくなったのは、オーバーホールのためだけではないのですが、それも理由の1つですね。
ヴァシュロンやブレゲばかり見ていると過度に緊張しますから。それもあるかな?
まだ他にも大きな理由がありますが、それはまた別の機会に・・・。

実は、先代ポートフィノで最も好きだったのが筆記体ロゴだったのです。あれは格好良かったですね。本当はサイズアップより、そちらの方が不満なのです。
それを除けは、“まあ許せるかな?” という感じです。

なお、マーク15はそれほど好きではなかったです。ついでにマーク12も。
時計としての違和感は少なかったけど、正直言って、あまり魅力を感じなかったのです。
むしろ、違和感が大きくても、何となく気になってしまうのが、マーク16です。

インヂュニア、あれはもう少し何とかして欲しいです。いくら頑丈な時計でも、使いやすくなければ困ります。
ミッドサイズを一回り大きくして、それで耐磁性を高めてくれたら、間違いなく候補に入るのですが・・・。
それとも、ずっと眺めていたら、そのうち欲しくなってしまうのでしょうか?

投稿: royalblau | 2006年12月17日 (日) 00:12

筆記体は私も一番好きな部分です。
昔のIWCは筆記体当たり前でしたが、
今だと懐中時計とF.A.ジョーンズポルトぐらいでしょうか。
カタログに在りますがサファイア風防のNewダ ヴィンチすら
筆記体無くなっていますね。スモールは在りますが。
そもそもプラ風防の前ダヴィンチシリーズが廃盤になってから
Newダ ヴィンチって見たこと無いです。日本で取り扱い在るのだろうか?

12や15は知人もギャレット(サンダーストームタイプ)や
ハミルトン(カーキモデル)みたいと、当たり前の軍時計と。
ただ16は何故か許せると言ってました。
「違和感」が逆に良いのでしょうか。

インヂュニアは36か38サイズ出て欲しいです。
構造図(ペラトンインヂュ)見ても、
とてもじゃないがもう何代目かと考えると
もう少しどうにかできんのかと思うとります。
ムーブメント自体大きくないですし。
それを考えるとポルトやBigの7日(8日)ペラトンキャリバーの
大きさもゼンマイのサイズ考慮してもあれ?と思いますが・・

取り合えず私は現行のペラトンインヂュは見ていたら
「アリエナイ→他と比べたら駄目なキャラクターな時計→良いかも」
になりました(^^;)見方を変えれば楽しいかもしれません。

投稿: サガ | 2006年12月17日 (日) 02:30

ダヴィンチは、西暦2000年を迎える頃には注目されることが多かったですが、最近はほとんど話題がないですね。
他にパーペチュアルカレンダー搭載モデルが出てきたので、余計にでも埋没してしまった感じです。

12なんて、本当に地味な時計でしたから。(革ベルトで)30万円以上する時計には見えなかったです。“そこが良い”と言う人も多かったけど、本音はジャガールクルト搭載だったからでしょう。
・・・ちょっと言いすぎかな?

インヂュニアは、本当は欲しい時計です。基本性能だけなら、実用時計として理想的です。
ただ、あの大きさが引っかかりますね。

投稿: royalblau | 2006年12月17日 (日) 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/13092220

この記事へのトラックバック一覧です: 優先させるのは:

« 予定変更か | トップページ | インクを入れたままで »