« 残った4本 | トップページ | ロットリングとインク »

2006年12月18日 (月)

レザーストラップの実用性

実用時計は、メタルブレスでなくてはならないのでしょうか?

昨日からマーク16のことを考えていて、こんなことを気にしています。

濡らさないように注意していれば、レザーストラップでも大丈夫でしょうか?

実は数ヶ月前、雑誌の広告でマーク16(スピットファイアのレザーストラップ)の写真を見てから、ずっとマーク16は気になる存在だったのです。

久しぶりにIWCが欲しいと感じました。

クラシックはもちろんのこと、スピットファイアもレザーストラップの方が格好良いと思っています。ただ、実用性を考えたら、メタルブレスが良いのかなと・・・。

夏場だけロレックスにすれば解決する問題でしょうか?

いや、次に買うIWCは、毎日欠かさず使うつもりだから・・・。

そんなこと言ってても、一年間、同じ時計を使い続けることは不可能でしょうね。

・・・断言します。無理です。

やっはり、時計好きの人は、浮気者なのかな?

|

« 残った4本 | トップページ | ロットリングとインク »

コメント

こんばんわです。実用時計として考えるのであればメタルブレスは使い勝手がいいですよね。でもマーク16はレザーストラップの方が雰囲気がかなりアップして素敵に思えるような・・・。でもテーマが実用であるならば・・・う~ん、悩ましい。時計選びの時様々な事を想定して悩んでいる瞬間はとても楽しいですよね。私は大好きです。
疑問ですが「時計好きは浮気者」と前にも聞いた事がありますが、何故その様な噂があるのでしょう?

投稿: 中堅社員 | 2006年12月19日 (火) 00:26

こんばんは。
そうなんですよ、とても悩んでいます。
実は、GSTクロノなんですが、ドッペルを買った後、容赦なく使う時計のつもりで買ったのです。でも、あまりに好きになってしまって、気楽に使えず困っていました。その後、シードゥエラーを買って、無事に解決したのです。
でも、IWCが好きだから、可能な限りIWCに接していたいのです。それで、先代のポートフィノを狙っていたのですが、気がついたら生産中止です。インヂュニアに期待したら、ものすごく大きな時計になってしまったし、半分諦めていたのです。
そんな状況の中で、マーク16に出会ったのです。
もう少し悩むと思います。だから、いろいろ相談にのってくださいね。

さて、もう一つの話題ですが、私は浮気者ではないです。信じてください。いや、書くべきことは、そんなことではないですね。
今までに何度かブログに書いていたと思いますが、時計選びと恋愛感、似ている部分は多いと思います。いつもそばにいて、同じ時間を楽しく過ごせれば、それだけで幸せだと思います。

しかし、以前、時計店で女性の店員さんと話していて、“時計は異性に例えず、我が子と思えば良いのですよ!”と言われたことがあります。
確かに、気に入って買った時計は、どれも好きです。どの時計に対しても愛着があります。
それなら、何本持っていても許されますね。
そうです、そういうことにしましょう。

投稿: royalblau | 2006年12月19日 (火) 01:04

レザーでもフォールディングバックルにして
メンテしていればフルシーズン使っても問題ないです。
まあこれは裏が合成皮革に限ると思いますが。
裏が革だったらあえてオイルコートしてみても良いかも。
ただ一般的に言われる汗に対しての有効耐性能的に
3年ぐらいで交換ペースなんでしょうか・・・

16も確か裏は合成皮革だったと思いますが、
時計をローテーションしていれば
実用時計として問題無いと思います。
フォールディングバックル導入は如何?

時計史を見てもメタルブレス本格化はレザーよりも後ですし、
近年レザー=オンタイム、ドレスとなり過ぎている気もします。
使い捨てと言う概念は捨てきれませんが軍用がナイロン出ている
世の中でもレザーベルトが使われているんですし実用時計でも
レザーベルトOKでしょう。

まあ本来「皮革」自体は汗に強いですし。
「付けっ放し」で風を通さないのが臭いかほりの元ですし。
ローテーションで在る程度問題はクリアーできるかと。

スピッドの茶クロコベルト良いですね。
ただ今年の黒クロコベルトは
革好きとしてどうもしっくりきません。
質が下がった感が否めません。
そして時計のサイジング上げてあのボンベ幅は
装着時の安定性を考えても微妙です。。

投稿: サガ | 2006年12月20日 (水) 01:12

訂正
>近年レザー=オンタイム、ドレスとなり過ぎている気もします。

近年レザー=オンタイム、ドレス、夏場無理となり過ぎている気も。

まあ汗は個々ユーザーの体質によりけりですが2個でも時計ローテしてれば問題無いかと。ぺた付く場合は普段より一コマ分広げればいいですし。

投稿: サガ | 2006年12月20日 (水) 01:15

サガさん、いろいろありがとうございます。

やはりレザーだと、一年中容赦なく使い続けるのは難しいですね。
秋から春までは、レザーを使うことが多いのですが、夏は使いませんね。そもそも、毎日使うこともないです。そのおかげで、ドッペルは8年使い続けていられるのだと思います。

使い分けとかをすれば、長く使えるのはわかるのですが、そうするとシードゥエラーの代わりにはならないですね。純正以外の水や汗に強いストラップにしてみるのも悪くはないと思うのですが、やはり純正を使いたい気持ちもあります。

好きな時計を好きな形で使いたいけど、それは当初の目的から外れるし、悩むところです。

投稿: royalblau | 2006年12月20日 (水) 04:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/13116084

この記事へのトラックバック一覧です: レザーストラップの実用性:

« 残った4本 | トップページ | ロットリングとインク »