« リフィール決定 | トップページ | 時計を時計として意識する »

2006年9月 5日 (火)

ヴァシュロンが好き

今から約7~8年前、最も好きな時計のブランドは、間違いなくIWCでした。ただし、カタログ上の数字などには全く興味がなく、デザインが好きだったのです。フリーガーの耐磁性や自社製ムーブメントなどにも少しは興味がありますが、あまり重要ではありません。

たとえ自社ムーブメントを搭載していたとしても、ケースや文字盤のデザインを気に入らない限りは、絶対に好きになることはないのです。

ところで、現在最も好きなのは、ヴァシュロンだと思います。多分、そうです。

でも、どうして好きなのか、自分でもよくわからないのです。

現行のオーヴァーシーズなど、絶対に格好悪いと思います。そう思っているのだけど、なぜか好きなのです。長時間眺めていると、不思議なことに欲しくなってしまうのです。

1972も、昔は大嫌いでした。でも、実物を見ていると許せてしまうのです。そして、いつの間にか1972の素晴らしさに気が付いてしまうのです(ただし、“好き”までは到達していません)。

エクストラフラットは“完璧に好き”ですが、オーヴァーシーズは、“悔しいけど好き”という感覚です。

悔しいけど、オーヴァーシーズが欲しいのです。

|

« リフィール決定 | トップページ | 時計を時計として意識する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/11765410

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァシュロンが好き:

« リフィール決定 | トップページ | 時計を時計として意識する »