« タウンゼント復帰 | トップページ | P164とP165 »

2006年8月20日 (日)

VINTAGE 1945

今まで、ジラール・ペルゴには、あまり興味がなかったのですが、最近、何となく気に入ってしまったのが、“VINTAGE 1945”です。

最初のうちは、9時の位置に存在するスモールセコンドは許せても、1時と2時の間のカレンダーには、どうしても拒否反応があったのですが、しばらく見ていると、少しずつ気にならなくなっていくのです。

だから、“スモールセコンドが6時の位置で、カレンダーなしのRef.25930なら良かったのに!”という気持ちから、“Ref.25932も悪くないかな?”という気持ちに変化しつつあります。

本当に買うかどうかは微妙なところですが、気になる時計に浮上してきたのは事実です。

なお、Ref.25932でも、裏蓋が手首に合わせて湾曲しているタイプと、フラットなタイプが存在しているのは、なぜでしょうか?

|

« タウンゼント復帰 | トップページ | P164とP165 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/11523226

この記事へのトラックバック一覧です: VINTAGE 1945:

« タウンゼント復帰 | トップページ | P164とP165 »