« オーバーホールを検討中 | トップページ | VINTAGE 1945 »

2006年8月19日 (土)

タウンゼント復帰

時間の問題とは思っていましたが、タウンゼントも休止状態から復帰しました。これで、各社の主要モデルは全て復帰したことになります。

まあ、使いたい気持ちがあるのだから、無理に休ませることもないですよね。

現段階では、タウンゼントは書いていてもそれほど楽しさは感じないのです。あまり使い込んでいないからなのでしょうが、手に馴染んだ感覚ではありません。それもあって、使い続けようかと思っていたのです。

しかし、タウンゼントとM400、ニブの形状はほぼ同じ(全く同じ?)なのに、書いてみると全く異なる万年筆に感じます。タウンゼントはM、M400はEFとF(ただしFは休止中)という違いはあるでしょうが、軸の形状や重さが異なれば、ここまで異なる印象となるのでしょうか?

|

« オーバーホールを検討中 | トップページ | VINTAGE 1945 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タウンゼント復帰:

« オーバーホールを検討中 | トップページ | VINTAGE 1945 »