« VINTAGE 1945 | トップページ | ウェザーニュースの有料サービス »

2006年8月20日 (日)

P164とP165

次の本命万年筆に向けて、余計な買い物をしないように、耐え続けているところです。そのせいもあって、文房具ネタが激減しているのですが・・・。

それから、これから先、万年筆はあまり買わないつもりです。増えれば増えるほど、1本毎に対して接する時間が減っていきます。当然、自分の物に仕上げることが難しくなっていきます。

・・・まあ、こんなこと書きながらも、1本買ってしまったら、また次が欲しくなるのは、最初からわかっているのですけどね。

さて、そろそろ本題に入ります。

私は、万年筆、ボールペン、ペンシルがあれば、大体セットにしてしまいます。もちろん、万年筆は好きだけど、ボールペンやペンシルも好きです。

そして、現実の問題として、仕事などの一般生活において、ボールペンやペンシルの方が、圧倒的に必要性が高いからです。極論を言えば、万年筆がこの世から消滅しても、実務上は困ることはありません。だからこそ、余裕をもって接していたいのです。無理をしてまで万年筆を使い続ける気はありません。

あれ? また少し話がそれましたね。戻します。

スターウォーカーは、万年筆とボールペンを所有しています。それで以前から、スターウォーカーのペンシルが気になっていたのですが、具体的に購入を考えたことはありませんでした。それでも今日、試し書きをしたところ、“これなら良いかな?”と、少し前向きな気持ちになりました。

しかし、スターウォーカーの横にあったP165を手にすると、P165の方が手に馴染むのです。ボールペンの164は、いつか買いたいと思っていたので、“それなら、P164とP165という組み合わせにしようかな?”と考えてしまいました。

買うとしても、当分先のことですね。むしろ、無駄使いを抑えるため目標みたいなものです。

それに、“プラチナ”のボールペンとペンシルを買ってしまうと、万年筆も“プラチナ”が欲しくなるのが確実なので、かなり危険な行為です。

ところで、かなり前に、“文房具カテゴリをまとめる”と宣言したような気がしますが、やはり、このままで行きます。

|

« VINTAGE 1945 | トップページ | ウェザーニュースの有料サービス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P164とP165:

« VINTAGE 1945 | トップページ | ウェザーニュースの有料サービス »