« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ポケットウォッチに憧れる

“理想とするのは、シンプルな2針あるいは3針。” 私の時計の好みに関しては、これで間違いないでしょう。特に、ヴァシュロンのエクストラフラットを購入してから、さらにこの傾向が強まりました。

誤魔化しの効かないシンプルな時計で、どれだけ魅力的にまとめ上げられるかが、各社の実力の差だと思っています。

私の関心は、自動巻きよりも手巻き、ハイビートよりもロービート、少しずつ、この方向に進んでいます。そうすると、当然ながらポケットウォッチに目が向いていくのです。

実は、以前もポケットウォッチに憧れた時期がありました。それは、ポルトギーゼを購入した頃です。“理想通りの腕時計を手に入れたので、これ以上腕時計を買う必要はない。それ以前に、ポルトギーゼ以上に欲しい腕時計は存在しない。” そう感じていた頃です。それでも、唯一気になる存在だったのが、IWCのポケットウォッチでした。

そもそも、初代ポルトギーゼはポケットウォッチと密接な関係があり、無意識のうちに、ポケットウォッチに憧れる下地を作っていたのかもしれません。

その後、TISSOTの安いポケットウォッチを買ってみましたが、あまり使い勝手が良くなかったことと、ブレゲやヴァシュロンの素晴らしさを知ってしまったことで、腕時計に魅力を感じたため、本格的なポケットウォッチを購入する計画は、見事に忘れ去ってしまったのです。

今回も購入に至る可能性は低いと思います。それでも、憧れとしてポケットウォッチを追いかけていきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

来年の手帳

夕方、文具店に行ってみたら、来年の手帳を売っていました。

この数年は、システム手帳のみ使っていて、綴じ手帳を買うことはありません。多分、来年もその点では変わらないでしょう。

しかし、来年はバインデックスを止めて、ファイロファックスの“プレミアムコットンクリーム”で一年を過ごしてみようかと思っています。

それでも、ファイロファックスの週間ダイアリーと、バインデックスの月間ダイアリーを組み合わせることで落ちつきそうな気もします。

その他、“ソネット クロコダイル ヴァーメイル” を見ました。想像していたより綺麗でしたが、これは買わないと思います。ソネットに4万円は出せないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

時計は何本

“時計の趣味と恋愛観は似ているよね。”

“えっ? まあ、そんな気もしますね。”

“買った時計をずっと大切にする人もいれば、簡単に下取りに出して新しい時計を買う人もいるからね。”

“そうですね・・・。”

“それから、時計をたくさん持っている人は浮気者、というのも聞いたことあるね。”

“そうなのですか? それなら、何本くらい時計を持っているのですか?”

“えっ! さっ、3本くらいかな?”

“はぁ? 嘘でしょ?”

“い、いや、もう少し多いかな?”

“何本持っているのですか?”

“まあ、そんなことは、いいじゃない。”

“だから、何本持っているのですか! 教えてくださいよ!”

--------------------------------------------

余計なことは、しゃべらない方が良さそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文字化け

“ウェザーニュース”の“My SOLUTION”でメールが届かないのは、単純な設定ミスだったことに気がついて、その後は設定通りにメールが届いています。

でも、メールのタイトルが文字化けしています。それも全てではなく、一部のみです。

特に困ることはないので、そのまま使っていますが、なぜでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

嬉しいこと

個人的な内容で申し訳ないのですが、少しだけ嬉しいことがありました。

先週は姉の出産もあったし、どちらかと言えば、幸せな1週間だったかもしれません。

だた、予想出来ないようなトラブルも発生したので、必ずしも平穏な一週間ではなく、むしろ胃が痛くなるようなことも多かったです。

まあ、全体で判断して良ければ、それで良し、ということにしましょう。

さて、今週は、どんな出来事が待っているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

tapli clip

文具店に行って、“細字の油性ボールペンが欲しい!” と伝えたところ、タプリクリップの0.4と0.5を勧められました。どちらにするか考えたのですか、結局、両方とも買いました。

“0.7は細字” という感覚に慣れていると、0.4の細さは衝撃的ですね。0.5でもかなり細く感じます。ただ、細字ペン特有の引っ掛かりを感じますが、これは仕方ないところでしょう。

滑らかさを求めれば、水性やゲルなのでしょうけど、私の使い方を考えれば、条件を選ばない油性ボールペンが好ましいのです。

やはり、細字は必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

4日で飽きる

シードウェラーの精度チェックの結果、日差(秒/日)は、以下の通りとなりました。

+18、+14、+17、+15

あれ? +20秒位だと思っていたけど、予想していたよりも進みが少なかったですね。ただしこれは、1日中腕に付けていた場合です。姿勢差などの影響もあるので、寝るときに時計を外していたら、+20秒位に落ち着いていたかもしれません。

本当は、1週間程度は続けるつもりでしたが、駄目です、もう飽きました。

時計への関心が高まっているときには、1つの時計しか使えないことは、とても苦痛なのです。特に、明日からの休日で、“道具としては絶対的な信頼を寄せられるけど、時計としては面白味に欠けるロレックスしか使えない!” なんて、退屈でたまりません。

と、いうことで、腕から外しました。

あ、そうだ! 静止状態でどれだけの日差か調べることにします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細字の油性ボールペン

最近、感圧紙に字を書くことが多いので、油性ボールペンの使用頻度が上がっています。そして、小さな字を書かなければならないことが多いので、細字のボールペンが活躍するのです。

しかし、これまでに細字を意識して油性ボールペンを買ったことはありません。感圧紙に書きやすい、細字の油性ボールペンの代表と言えば、何になるのでしょうか?

やはり、細字のペンは必要ですね。万年筆やボールペンは、書き心地を重視して、やや太字のペンを買い揃えるようになってしまいますが、信頼できる細字は確保しておきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

ボールペンを使う

ボールペンのインクを使い終わると、何となく達成感があって嬉しくなるので、残量が少なくなると楽しみなのですが、まるで予想していない時に突然書けなくなるのは困ります。

金属製リフィールだと残量が不明なので、予備のボールペンを常に持ち歩くようになってしまいますが、こんな場合には、インク切れは発生しないものです。

また、インクは絶対に残っているはずなのに書けなくなることもあります。とても悔しいので、何とかして書けるように頑張ってしまいます。

振り回してみました。振り回しすぎて、少し疲れました。

でも、一応書けるようになりました。

はい、今日の出来事です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

精度のチェック

以前は、時計の精度を気にして、日差を測ってみたりしていましたが、最近は、そんな面倒なことは全くしていません。日常的な使用に耐え得る精度なら、何も気にしなくなったからです。

それでも、オーバーホールに出すタイミングの見当をつけるためにも、ある程度は自分でも把握する必要があると思い、久しぶりに精度のチェックをしています。

まあ、チェックといっても、普通に使ってみて、1日でどれだけの進み(あるいは遅れ)が生じるか確認し、それを数日間(出来れば1週間程度)続けてみようというものです。

とりあえず、シードウェラーで、+18秒です。

あ、まだ1日しか経過してないので、得られたデータはこれだけですね。

先日、“+20秒で安定”みたいなことを書いたけど、良く考えたら、もう少しばらつきがあったかもしれません。使わずに置いていた方が、進みが大きかった気がします。

“購入時の精度は非常に良いけど、その後は予想以上に乱れる。しかし、全体で見れば、精度は良い部類に入る。” というのが、ロレックスに対する私の印象ですが、当たっているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスカウンターの変更

ココログにアクセスカウンターの機能が追加されたため、今まで使っていたアクセスカウンターを廃止し、ココログ提供のカウンターに変更しました。

それと同時に、僅かに変更を加えています。非常に地味な変更ですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メール届かず

気温は30度を超えたし、雨も降ったのに、メールが届きません。

“My SOLUTION”の設定を間違えているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェザーニュースの有料サービス

(株)ウェーザーニューズのウェブサイト、“ウェザーニュース”で、携帯電話と連動した有料サービス(月額315円)が始まっていて、それを何とか使いこなそうと頑張っているところです。

携帯電話版の有料サービス(月額105円)、“天気Plus”は、以前から使っていて、その機能でも特に不満はなかったのですが、少し面白そうなので申し込むことにしたのです。

本当は、もう少し前に申し込んでいたのですが、忙しくて何も設定していなかったのです。

気象予報士を目指したことも憧れたこともありませんが、気象データを見るのは好きです。日常生活や仕事の上でも気象情報は必要ですが、それ以前に純粋な趣味(?)として見ています。

とりあえず、現在住んでいる地域で、気温30度以上を観測した時点、あるいは35度以上を観測した時点でメールが届くようにしました。今日も暑くなるのは確実なので、設定に間違いがなければ、無事にメールが届くはずです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

P164とP165

次の本命万年筆に向けて、余計な買い物をしないように、耐え続けているところです。そのせいもあって、文房具ネタが激減しているのですが・・・。

それから、これから先、万年筆はあまり買わないつもりです。増えれば増えるほど、1本毎に対して接する時間が減っていきます。当然、自分の物に仕上げることが難しくなっていきます。

・・・まあ、こんなこと書きながらも、1本買ってしまったら、また次が欲しくなるのは、最初からわかっているのですけどね。

さて、そろそろ本題に入ります。

私は、万年筆、ボールペン、ペンシルがあれば、大体セットにしてしまいます。もちろん、万年筆は好きだけど、ボールペンやペンシルも好きです。

そして、現実の問題として、仕事などの一般生活において、ボールペンやペンシルの方が、圧倒的に必要性が高いからです。極論を言えば、万年筆がこの世から消滅しても、実務上は困ることはありません。だからこそ、余裕をもって接していたいのです。無理をしてまで万年筆を使い続ける気はありません。

あれ? また少し話がそれましたね。戻します。

スターウォーカーは、万年筆とボールペンを所有しています。それで以前から、スターウォーカーのペンシルが気になっていたのですが、具体的に購入を考えたことはありませんでした。それでも今日、試し書きをしたところ、“これなら良いかな?”と、少し前向きな気持ちになりました。

しかし、スターウォーカーの横にあったP165を手にすると、P165の方が手に馴染むのです。ボールペンの164は、いつか買いたいと思っていたので、“それなら、P164とP165という組み合わせにしようかな?”と考えてしまいました。

買うとしても、当分先のことですね。むしろ、無駄使いを抑えるため目標みたいなものです。

それに、“プラチナ”のボールペンとペンシルを買ってしまうと、万年筆も“プラチナ”が欲しくなるのが確実なので、かなり危険な行為です。

ところで、かなり前に、“文房具カテゴリをまとめる”と宣言したような気がしますが、やはり、このままで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VINTAGE 1945

今まで、ジラール・ペルゴには、あまり興味がなかったのですが、最近、何となく気に入ってしまったのが、“VINTAGE 1945”です。

最初のうちは、9時の位置に存在するスモールセコンドは許せても、1時と2時の間のカレンダーには、どうしても拒否反応があったのですが、しばらく見ていると、少しずつ気にならなくなっていくのです。

だから、“スモールセコンドが6時の位置で、カレンダーなしのRef.25930なら良かったのに!”という気持ちから、“Ref.25932も悪くないかな?”という気持ちに変化しつつあります。

本当に買うかどうかは微妙なところですが、気になる時計に浮上してきたのは事実です。

なお、Ref.25932でも、裏蓋が手首に合わせて湾曲しているタイプと、フラットなタイプが存在しているのは、なぜでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

タウンゼント復帰

時間の問題とは思っていましたが、タウンゼントも休止状態から復帰しました。これで、各社の主要モデルは全て復帰したことになります。

まあ、使いたい気持ちがあるのだから、無理に休ませることもないですよね。

現段階では、タウンゼントは書いていてもそれほど楽しさは感じないのです。あまり使い込んでいないからなのでしょうが、手に馴染んだ感覚ではありません。それもあって、使い続けようかと思っていたのです。

しかし、タウンゼントとM400、ニブの形状はほぼ同じ(全く同じ?)なのに、書いてみると全く異なる万年筆に感じます。タウンゼントはM、M400はEFとF(ただしFは休止中)という違いはあるでしょうが、軸の形状や重さが異なれば、ここまで異なる印象となるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

オーバーホールを検討中

Rolex機械式時計を使い続ける上で、オーバーホールは欠かせないものです。

しかし、そうは言っても時計が増えると、全ての時計に手が行き届かなくなってしまいます。

高級時計には細心の注意を払っても、普段使いの時計は、意外と無関心になってしまうのです。

それでも、使用頻度が高く、過酷な条件に耐え続けている時計は、優先して手入れをしていかなければならないと感じています。

私が最も酷使しているのは、間違いなくロレックスのシードウェラーです。

購入直後は、日差で+2秒程度だったのですが、最近はずっと+20秒程度です。ただ、安定感は素晴らしく、1年中、どんな使い方をしても20秒位進みます。

なお、エアキングは(平均すれば)今でも日差+5秒程度です。しかし、温度差や姿勢差の影響を強く受けます。最も進む場合と、最も遅れる場合では、10秒以上の開きがあったと思います。

涼しくなって、革ベルトの時計を使うようになる頃には、オーバーホールの実施を本気で検討します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

Nikon F2

Nikon_f2今まで使ってきた中で、最も印象に残っているカメラが、このNikon F2(フォトミックA)です。

このカメラを使って、星の写真を頻繁に撮っていました。私にとって天体写真といえば、Nikon F2がすぐに思い出されるほどです。

元々、父のカメラで、借りて使っていたのですが、借りたまま返さず、結局自分の物にしてしまった経緯があります。

今となっては、形見のカメラですが・・・。

後になって、F70やF5を自分で買いましたが、F2ほどは使っていません。というより、F70やF5は、天体写真には向きません。

今年のペルセウスも写真撮影を見送りましたが、そのうち、必ず天体観測や写真撮影を復活させるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

交換断念

数回試みてもエラーが続くので、ハードディスクの交換は中止し、普通に増設ということで落ち着きました。

なお、デスクトップPCは、VAIO PCV-RX76、ハードディスクは、BUFFALO HD-H250FB です。

それにしても、何が悪いのでしょうね?

ただし、データを退避させ、空き容量を増やしたおかげで、動作自体は快適になったので、このままの状態で使うことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハードディスク交換中

デスクトップPCのハードディスクを交換しようと思っていながら、面倒なので先送りにしてきましたが、この盆休みで思い切って交換することにしました。

“DriveImage”で、ディスクコピー・・・。

あれ? エラー発生! CRCエラー?

ちょっと苦戦しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

2006年のペルセウス座流星群

今年は、8月9日が満月だったので、条件が悪いですね。

ちょっと残念です。

まあ、それでも夜空を見上げてみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

似たような時計

“また、同じような時計を買ったね。” と、友人に言われることがあります。

私の時計の大半は、黒文字盤かシルバー(または白)文字盤に該当します。色だけ見れば対称的ですが、デザインに着目すればシンプルな定番時計ということになるのです。だから、一見違うタイプに思えても、よく見れば共通点も多いのです。

なお、サンマルコ(ブルー文字盤)を買ったときは、“イメージが違う”と言われたこともありました。しかし、この時計自体、ブルーは定番色であり、決して珍しいものではありません。それに、文字盤のデザイン自体はシンプルです。だから、“よく見たら共通点も多いよ”と答えていました。

過去の経緯を見ると、黒のスポーツ系からシルバーのスポーツ系、そしてシルバーまたは白のクラシック系へと、時々後戻りしながら、好みが移行してきました。

基本的に、一度好きになった時計は、いつまでも好きです。まあ、似たような時計ばかり好きになるので、当然と言えば当然です。

そして、好きになって買った時計は、一生大切にしようと思うのです。“飽きたから売る”なんてことは、とても考えられません。

ただし、他に大切にしてくれそうな人がいるならば、譲ることはあるかもしれません。

本当に大切にしてくれるなら、ですが・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

貰ったペリカンの万年筆 (2)

あれから使い続けていますが、やはり、悪くはないのですよね。

“悪くはないのだけど、何か物足りない。” そんな感じです。

金ペンと鉄ペンの差なのか、仕上げの差なのか、個体差なのか、それとも最初からの思い込みなのか、どれでしょう?

M400の方が、若干しなやかなのは事実です。その僅かな差こそが、書いていて心地良いかどうか、大きく影響しているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう1つの決断

個人的にいろいろありまして・・・。

少し落ち込むこともあったのですが、予想通りの結果という感じでもあり、それほど引きずることはないでしょう。

とりあえず、前に進むしかないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

貰ったペリカンの万年筆

Pelikan_4先日貰ったペリカンの万年筆(写真:中)に、インクを入れて使ってみました。

悪くはないと思います。ただ、悪くはないと思うのですが、それほど良くも思えません。

少なくとも、主力として使い続けているM400を押しのけてまで使うことは考えられません。

そもそも、金額が違うのだろうから、単純に比較すべきではないのかもしれませんが、明らかに物足りなさを感じてしまいます。

とりあえず、インクがあるうちは使い続けますが、インクが切れたら洗浄して長期保存かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

M600からM1000まで

休止中のM600、M800、M1000を復帰させることにしました。

やはり、我慢は良くないですね。いや、本当に。

使いたくなったら使って、使わなくなったら休ませて。

これからは、これで行きます。

もっと素直になることが、必要らしいので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス解析バージョンアップ

ココログのアクセス解析がバージョンアップして、かなり詳しくなりました。

でも、今までと違いすぎて、戸惑っています。

そのうち、慣れると思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

店を選ぶこと

正規品と平行品、店頭購入と通販、時計や文房具を買う際には、いろいろな方法があると思います。

私も以前は、時計を平行店で購入したり、万年筆を通販で購入したりしてきましたが、最近では全て、正規店あるいは店頭で購入しています。

購入欲が強すぎると、少しでも安く、少しでも早く手に入れたくなります。しかし、ある程度落ち着いてくると、購入することだけではなく、店自体に行くことにも楽しさを感じてくるのです。

買い集めるだけなら、少しでも安い方が良いのかもしれませんが、長く使おうと思ったら、信頼できる店で買うべきだと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »