« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

買った物と貰った物

普段は買い物の予定が全くなくても行っているのですが、書類作成のために細字のペンが欲しかったので、文具店に行きました。

サクラの“ピグマ”を買おうとしていたら、シャチハタの“ウェットライト”を見つけたので、一緒に購入しました。

その後、“アウロラがまた値上がりするのですよね” とか、しばらく雑談をしていたら、急に思い出したように、“宜しければ使ってください” と言われ、ペリカンの古いペンを貰いました。

Pelikan_1Pelikan_2Pelikan_3これ、何ですか?

“W.-Germany”と記されています。トラディショナルの系統になるのでしょうか?

どんな書き味なのか、時間の余裕がある時に試してみます。

それから、また1本、万年筆を買うことになりそうです。まあ、すぐに買うことはないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

何となく復活

正直言って、何も進展はないのですが、あまり深く考えても仕方がないということで、気楽に考えることにします。

とりあえずは連絡待ちなので、動くとしてもそれからです。

さて、何となく復活です。

休止中の万年筆も復活させようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

いろいろありまして

最近、個人的にいろいろあって、そちらの方に時間と労力を費やしています。

全て解決したら、ここで報告することがあるかもしれません。

まあ、“悩みを抱えて落ち込んでいる”、ということではないので、それなりに元気です。

こんなときは、更新頻度が上がるか下がるかのどちらかですけど、今回はどちらになるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

宛名書きにボールペン

先日、手紙を書いていたときのことです。

今まで、宛名書きも万年筆を使っていました。晴れの日が続いていれば何も問題はないのですが、どう考えても外は雨です。

カーボンブラックか極黒でも使えば良いのですが、現在休止中のため、すぐに使える状態ではありません。

“ボールペンでも使ってみようかな?”

当たり前だけど、普通に書けますね。それに、濡れても滲まないし・・・。

“これから宛名書きはボールペンでもいいかな?”

万年筆を裏切っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

興味復活

この前まで、万年筆を購入する意欲が完全に失せていました。文具店に行っても、何か買おうかという気にならなかったのです。

今日、久しぶりにオプティマ・ソリッドシルバーの試し書きをしました。“見た”だけではなく、久しぶりに“書いた”のです。

良いです。欲しいです。

まあ、書き味自体はそれほど良くもないのですが、軸の形状や重量バランスはかなり好きです。

最大の問題は購入資金です。多分、万年筆だけではなく、ボールペンも欲しくなります。そうすると、ペンケースも必要です。

したがって、購入は、まだ先のことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

シャレーナとガラスペン

セーラーのシャレーナを“見た”のですが、思っていたより面白かったです。こんな万年筆を1本持っていても良いかもしれません。

なお、“見た”ということは、試し書きはしていないということです。下手に試し書きすると欲しくなるので危険です。

ただし、この金額なら・・・・、別のものを買います。定価で1万円以内なら、かなりの確率で買ってしまいようですが、1万5千円なら見送る可能性大です。

その後、別の店でガラスペンを見ました。以前から、ガラスペンには興味があるのですが、買ってもそんなに使わないような気がして、本格的に購入を検討したことはありません。

それでも、“何か1本、買ってみようかな?” と思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

万年筆を使う環境

最近、手紙を書く機会が多かったので、万年筆自体はそれなりに使っているのですが、“可能な限り万年筆を使いたい!” という気持ちは薄れています。

万年筆は好きだし、これからも使い続けるのは間違いないでしょうけど、無理をしてまで使う気はありません。

本当に忙しいときには、高価な万年筆は紛失や落下を心配して、気楽に使うことは出来ません。やはり、精神的にゆとりがないと駄目ですね。

これからは、少し落ち着きそうだし、“再度、本格的に使えるかな?” という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

リエゾンとセンテニアル

気分転換、ということでもないのですが、休止中だったリエゾンとセンテニアルを復帰させました。久しぶりに使っても、普通に使いやすい万年筆に感じます。

やはり、この2本を使わないのは、もったいないですね。

ついでに、M800やM1000も復帰させたくなっているのですが、これ以上増やすと、元の20本体制に戻ってしまうので、今は我慢しています。

                  ・・・我慢なんて、やめようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

決断

転職します。

転職といっても、本来の専門分野に戻るのです。

自信を失って、逃げ出していたのです。

でも、もう一度勝負したくなりました。

“相談にのってくれてありがとう。負けないように頑張るからね。”

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

夏の時計

最近、かなり暑くなってきたので、革ベルトの時計は“夏休み”に突入し、メタルブレスの時計が活躍しています。

本来なら、防水機能の高いシードゥエラーやシーマスターを主力として使うところなのですが、これだけ暑いと重い時計は苦痛です。

それに、十分注意して使っていれば、それほどの防水機能も必要としないので、エアキングやサンマルコなどを手にしてしまいます。

それにしても、サンマルコのブルー文字盤は涼しげで心地良いです。

逆に、冬に見ると寒くてたまらないので、事実上、夏限定の時計になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

手紙を書くときは

最近、手紙を書くときは、エヌビー社の万年筆用便箋“クラシック”を使用しています。

使い始めの頃は、それほど使いやすいとも思わなかったのですが、使い慣れてしまうと、他の便箋には替えたくなくなりました。

コットン25パーセントの“クラシック”の他に、コットン100パーセントの“エレガンス”も同時購入しているのですが、“クラシック”の方が紙の色合いが好きなので優先して使っています。

私が手紙を書くときに使用する万年筆(伯爵スターリングシルバー:M)では、“エレガンス”の方が、若干引っ掛かりが強い気がしますが、大きな差ではありません。

なお、これら万年筆用便箋は、インクの吸収に優れるためか、インク消費量が多く感じます。

これは事実でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

夢の実現

メンテナンス終了後は、確かに快適です。この快適さが続けばいいのですが、実際にはどうなるのでしょうか?

さて、この数日間で、個人的にいろいろな出来事がありました。

その中でも、友人が転職を決断したことが大きかったかな?

これから大変だと思うけど、何だかとても羨ましく感じます。

夢を持つこと。そして、その夢に向かって行動すること。

負けないように頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

久しぶりに管理画面

ココログのレスポンスが最悪で、何も出来ない状態だったけど、この時間は操作可能です。

今日の14時から2日間、本格的なメンテナンスに入るので、それに期待しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

スプリングドライブ

今日、初めてグランドセイコーのスプリングドライブモデルに触れました。

今まで、あまり興味がなかったので、見向きもしなかったのですが、ちょっと気になって見せてもらったのです。

スプリングドライブがスイープ運針だということを今日初めて知った(何かで見たことあるかもしれないけど忘れていた)くらいですから、いかに今まで関心がなかったか、わかりますね。

正直言って、面白かったです。感触は完全に機械式なのに、機械式とは異なる動きをしています。

でも、高いですね。この価格なら、普通の人ならメカニカルモデルかクォーツモデルを選ぶでしょう。

私なら、せめてメカニカルモデルと同じくらいの金額(本音はクォーツモデル程度)でないと、買う気にはならないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイロットのペンポーチ

Pilot_401_1Pilot_401_2パイロットのホームページには掲載されていませんが、“PILOT シチ-401”と書かれた、4本差のペンポーチです。

セレモ、14kスタンダード、ヤング・プロフィットなど、国産5千円クラスの万年筆に最適なサイズです。

最近は、これらの国産万年筆を全て休ませているので、このペンポーチ自体も出番を失っていますが、少し前まではとても活躍してくれていました。

入れられるペンは限定されますが、使いやすいペンポーチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

累計アクセス40,000

累計アクセスが40,000を突破しました。ありがとうございます。

相変わらず、その場の思いつきで書いています。だから、内容が薄いと思うのですが、それでもアクセスしていただけることに感謝しています。

今後もよろしくお願いします。

それにしても、最近、夜間のココログのレスポンスが悪すぎます。来週(7/11 14:00 ~ 7/13 14:00)のメンテナンスに期待しているのですが、どのくらい改善されるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

ピンクゴールドが好き

ピンクゴールドの時計が好きです。そして白(シルバー)文字盤です。

やはり、これらの時計は本当に好きですね。

Breguet_c_pr1Breguet_c_pr2_2Breguet_c_pr3_1

Vc_p_efIwc_p_atIwc_p_c_r

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

パイロットのペンシース

Pilot_tlps02_1

ペンとペンケースを出来るだけ揃えて使いたいのですが、全てで実現させてはいません。

特に、携帯用のペンに使うペンケースは、適度な大きさで使い勝手の良いものを選びたいです。そして、あまり高価なものは使いたくないのです。

これは、パイロットのトレンダーレザーのペンシース(TLPS-02)です。トレンダーレザーのペンシース(ペンケース)は他にも持っていますが、最も気に入っているのはこのTLPS-02です。

Pilot_tlps02_2Pilot_tlps02_3

実際にM400とイプシロンを入れている写真を示します。

2本差ですが、仕切はありません。そのため、布で袋を作り、その中に入れるようにしています。そうすることで、安定感も増します。

なお、1本差として149やM1000などの太軸のペンを入れることも検討しましたが、これらのペンを携帯することは少なく、1本差として使うことはあまりありません。

価格の割には気に入っているし、実際に使う機会も多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 3日 (月)

限定品

限定品は、あまり好きではないです。どちらかと言えば、避けたいです。

限定品を全て否定するつもりはありませんが、限定以外の要素で魅力を感じない限り、絶対に買うことはありません。

だから通常は、長く使える定番のモデルを選びますね。

これも好みの問題でしょうけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

パーカーのペンケース

Parker_pencase1Parker_pencase2

パーカーのペンケースです。これも廃番だったと思います。

センテニアルがなんとか入るけれど、かなり窮屈です。現実的にはインターナショナルよりも細いペンを選ぶべきでしょう。

このペンケース自体は、価格の割には使いやすいと思うのですが、もう少しサイズが大きければ、さらに便利に使えているはずです。

それで、実際はパーカーではなく、144を入れていた時期が長かったのです。

再度、パーカーのペン(万年筆)を使い始める際には、ペンラップでも買ってみようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »