« 魚釣り | トップページ | 洗浄 »

2006年6月10日 (土)

Tourbillon

ブレゲのクラシック・トゥールビヨン・パワーリザーブを見ました。

素晴らしいです。

プラチナケケースだったので、見た目以上に重量感があり、とても迫力がありました。大きさを調べたら直径39ミリでしたが、感覚的には40ミリ以上でした。それだけ存在感があるのです。

シンプルな2針や3針の時計が“静”の時計だとすると、トゥールビヨンは確実に“動”の時計でしょう。

安らぎを与えてくれる時計ではありません。しかし、目が覚めるような感動を受けます。トゥールビヨン機構の動きを眺めていると、とても楽しい気持ちになるのです。

なお、最近(2005年発表)の“クラシック”なので、従来の“クラシック”系デザインとは印象が異なります。何となく、“マリーン”を連想してしまいます。ここは好みが分かれるかもしれません。

ところで、金額は約1400万円です。こんな時計は絶対に買えません。ここまで高価だと、“頑張って買おう”という気も起こりません。

だから、安心して好きになれます。

ちょっと負け惜しみかな?

まあ、いいです。大好きな時計は買ったから。

その時計を一生大切にしますから。

|

« 魚釣り | トップページ | 洗浄 »

コメント

基本的にトルゥビは金有り余っている人間
にしか無理ですよね(苦笑)
実物見ると確かに夜空で動いている星座ですよね。
腕にまくなんでしょ・・高級車て言えば良いのかな?

投稿: サガ | 2006年6月11日 (日) 03:51

腕に乗せてみましたが、良かったですよ。これで一桁安ければ、買ってみたい時計です。それでも苦しいですけど。

“トゥールビヨン”は、現実に使うことを想定しているのかどうかは微妙なところでしょうが、どんな高級時計でも、腕時計は腕の位置が似合います。店の照明の中で展示されているよりも、使うことで、さらに輝ける気がします。金庫の中なんて、かわいそうです。

でも、私のところに来てもらうことは絶対に無理です。

投稿: royalblau | 2006年6月11日 (日) 07:04

今の時代クロノメータも揃っていますし其れ以上のも在りますしトゥール自体の実用的な価値は微妙だと思います。いくら対重力コントロール機能付いていても日差精度が他の時計との差が在るかと言われると微妙ですし。まだ評判の??なセイコーのスプリングドライブの方が現実的だと思います。

やはり一つの星座を抱えているだけある見た目と所有感とストーリーが全てでしょうか。

投稿: サガ | 2006年6月11日 (日) 08:54

実用性重視でトゥールビヨンを買う人はいないと思います。本来の目的である精度に関しては、費用対効果の点で、とても話にならないほど不利でしょう。
トゥールビヨンに限らず、現代の機械式時計は、“趣味的な要素で自分の好みに適合するか”が重要なんだと思います。
だから、絶対に買えないとわかっていても、それが憧れの存在であるならば、良いんじゃないかと思うのです。夢を見れることも大切ですしね。
でも、憧れの時計は、“何とか頑張ったら買えるかな?”と思える位の金額なら嬉しいですね。

投稿: royalblau | 2006年6月11日 (日) 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/10465502

この記事へのトラックバック一覧です: Tourbillon:

« 魚釣り | トップページ | 洗浄 »