« オプティマのバーガンディ | トップページ | IWC Portuguese Chrono-Rattrapante »

2006年5月12日 (金)

手巻きのロービート

時計を購入する際に、最も重視しているのはデザインなので、ムーブメントに対してのこだわりは比較的弱いです。

それでも、好きになった時計が、“手巻きのロービート”であれば、少し嬉しい気持ちになります。“手巻きのロービート”は、機械式時計に触れているという感覚が、一段と高まるのです。

毎日ゼンマイを巻きながら、ゆったりと刻んでいく音を楽しむ。一応、これが理想です。

ただし、”自動巻きのハイビート”が嫌いなのではなく、“手巻きのロービート”の方が好き、ということなのです、そもそも、“自動巻きのハイビート”を否定してしまうと、買える時計が極めて少なくなってしまいます。

自動巻きよりも手巻きが好きだけど、それが絶対条件ではないのは、万年筆に例えた場合、両用式と吸入式との関係と同じ感覚だと思います。

なお万年筆だと、丁寧に仕上がっていれば、他社から購入したペン先を使ったり、鉄ペンだったりしても、それだけで批判されることは少ないのに、時計の場合はムーブメントを自社で作ることが、必要以上に重要視されている気がします。

やはり、万年筆よりも時計の方が、実用よりも形式を気にしてしまうのかな? なんて思います。

|

« オプティマのバーガンディ | トップページ | IWC Portuguese Chrono-Rattrapante »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/10029209

この記事へのトラックバック一覧です: 手巻きのロービート:

« オプティマのバーガンディ | トップページ | IWC Portuguese Chrono-Rattrapante »