« 初めて意識して使った万年筆 | トップページ | 極黒使用を前提とした万年筆 »

2006年4月13日 (木)

使用頻度の高い国産万年筆

Platinum_14ks以前から何度か書いていますが、私が所有する国産万年筆の中で、最も使用頻度が高いのが、プラチナの14kスタンダードです。書き味としては、パイロットのセレモやエリートの方が若干好きなのですが、14kスタンダードにはカーボンブラックを入れているので、意識して頻繁に使っているところもあります。

細字の万年筆(私が持っているのは極細)としては、何だか変な表現ですが、確実に細字が期待できる万年筆です。小さめの字で丁寧に書きたいときには活躍してくれます。

実は、14kスタンダードの購入前は、“カーボンペン”を使用していました。価格の割には使い勝手が良く、かなり気に入っていました。しかし、台風等気圧の低い日にキャップを外したところ、インクが飛び出して紙を汚してしまうことが続けて発生したため、それ以降使用を控えるようになってしまったのです。

カーボンブラックは使い続けたかったので、他のプラチナの万年筆を検討し、14kスタンダードを選びました。使い始めの頃は、インクがすぐに詰まってしまわないか心配していましたが、今のところ全くと言っていいほどトラブルは発生していません。

使用頻度が高いのだから、もう少し本格的なプラチナ製万年筆も使ってみたい気もするのですが、これ以上高価な万年筆にカーボンブラックを入れる勇気がないのも事実です。

とりあえずは、14kスタンダードでも満足しているし、当分の間はこのままでも良いかな? なんて考えています。

|

« 初めて意識して使った万年筆 | トップページ | 極黒使用を前提とした万年筆 »

コメント

すっきりしていてよいデザインだなあ、と思って写真拝見していたら、だんだん欲しくなってきました(笑)
(この価格で金ペンというのは画期的ですね..赤軸もあるみたいだし...どうしよう!)
私も、「くっきり黒」用のペンがひとつ欲しいと思ってるんです。
セーラーの極黒なら知っていましたが、これも同じような感じなのでしょうね。

投稿: ほしの | 2006年4月13日 (木) 23:05

欲しくなりました? それなら買ってください!
黒インクの万年筆は絶対に確保しておきたいので、カーボンブラックを入れた14kスタンダードは手放せないです。
この万年筆があるからこそ、他で思う存分遊べますしね。
カーボンブラックと極黒、好みは人それぞれでしょう。裏写りや滲みが嫌なら極黒、擦れて汚れるのが嫌ならカーボンブラック、という程度かな?
私は、どちらかと言えばカーボンブラック派です。

投稿: royalblau | 2006年4月13日 (木) 23:42

コメント有難う御座います。
実際は「通りす狩り」です(^^;)これは他の方もよく使っているHNですからブログではサガがHNです(ネチケット違反ですが・・汗)
ブログ自体、寝ぼけて書いているので本音が出てたり出てなかったり伝えたい事が書かれていなかったりですが(大学が忙しくて居眠りしながら更新の日々です)
まず値段はroyalblauさん同様に疑問持っています。スウォッチグループも其れだけ必死なんでしょうから仕方ないといえば仕方ないですが。
最近のオメガはやっとコーアクシャルをモデル全体的に搭載を開始したりデザインもガラっと変えてきたり、またスイス時計も世代が変わるのでしょうか。

しかし履歴からサーチというか最近のネットはよく判らないのですが自分のサイトを見てもらった相手の人の持っているサイトを検索するとかでしょうか?貴殿のコメントみて「ん!?」と思いました。まさに「はじめまして、ではないと思いますが、一応はじめまして」です(笑)
改めて宜しくお願いします(^^)

投稿: サガ | 2006年4月14日 (金) 00:45

サガさん、驚かせてごめんなさい。私の使っているアクセス解析では、そんなことまでわかりません。無理です。
以前、ほしのさんのブログへコメントされていたと思うのですが、そこから、サガさんのブログにたどり着きました。
ロレックスの件で“おや?”と思い、エポスの件で確信したのです。
万年筆と時計の両方ともとりあげているブログは意外と見かけないので、最初から印象に残っていました。
似たようなテーマを扱うブログ同士として、これからもよろしくお願いします。

最近の時計の件、難しいですね。オメガが現状よりも上のブランドを目指しているのはわかるのですが、かなり無理があると思うのです。もう少し落ち着いて現行のモデルを育てて欲しいと思います。この件については、また別の機会に書いてみます。

投稿: royalblau | 2006年4月14日 (金) 01:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使用頻度の高い国産万年筆:

« 初めて意識して使った万年筆 | トップページ | 極黒使用を前提とした万年筆 »