« 初めて使った万年筆 | トップページ | 使用頻度の高い国産万年筆 »

2006年4月11日 (火)

初めて意識して使った万年筆

私が初めて使った万年筆は、パイロットのエリートだったのですが、それは半分以上遊び感覚で少し書いてみただけで、今のような使い方とは大きく異なっていました。

その後、本格的に万年筆に興味を持ち始めた経緯は、以前から何度か書いていますけど、“書き心地の良いボールペンを探していたら、ボールペンよりも書き心地の良い、万年筆という筆記具を見つけた。”ということなのです。

ただし、いきなり感動的な万年筆に出会えたのではありません。

最初にパイロットの“Vペン”を買ってみました。でも、何か違う気がします。それで、長年眠っていた、パイロットの“セレモ”にインクを入れて使ってみたのです。つまり、セレモが実質的に最初の万年筆だったのです。

Pilot_seremoところが、実はセレモも、最初の頃は印象があまり良くなかったのです。今になって考えてみると、新品の万年筆かつ細字だったので、引っ掛かりがあり、書き心地が悪く思えたのでしょう。結局、その時はセレモでも満足できず、各社の万年筆を買い集めることが始まりました。

なお、しばらくセレモを使い続けるうち、他の万年筆と同様に書き味が良くなってきました。製造時期が異なるので単純に比較は出来ませんが、5000円クラスの国産万年筆の中では、最も好きかもしれません。

|

« 初めて使った万年筆 | トップページ | 使用頻度の高い国産万年筆 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて意識して使った万年筆:

« 初めて使った万年筆 | トップページ | 使用頻度の高い国産万年筆 »