« OMEGAに触れて | トップページ | 細字が欲しい »

2006年2月 6日 (月)

スターリングシルバーを磨く

タウンゼント(スターリングシルバー)を使っていたら、黒ずみを汚く感じてしまったので、磨いてみることにしました。

最初は消しゴムで汚れを落としていたのですが、労力の割りにあまり綺麗になってくれないので、結局、銀みがきクロスを使いました。やはり、スターリングシルバーは磨くと美しい光沢が得られます。久しぶりにタウンゼントの輝きを見て、思わず感動してしまいました。

タウンゼントの3本(FP,BP,MP)を磨き終わった後も調子に乗って、センチュリー2(FP,BP,MP)、センチュリー(BP,MP)、伯爵(FP,BP,MP)、アンモナイト(BP,MP)、イプシロン(FP,BP)と、ソネットとインシグニア以外のスターリングシルバーのペンは全て磨いてしまいました(当然シズレは磨きません)。

今回、改めて感じたのですが、スターリングシルバーと言っても、ペンによって変色の様子が異なります。なぜかタウンゼントだけ、かなり黒くなります。イプシロンは白っぽいです。

これは個人的な好みの問題となりますが、私が所有するスターリングシルバーのペンの中で、最もいぶし銀を楽しめそうなのは、伯爵だと思います。でも、磨いた美しさも大きな魅力なので、最近はあまり変色させないようにしています。

|

« OMEGAに触れて | トップページ | 細字が欲しい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターリングシルバーを磨く:

« OMEGAに触れて | トップページ | 細字が欲しい »