« 楽しむためのM1000 | トップページ | 149と146 »

2006年2月22日 (水)

再度モンブランについて

“ソリテールを見て、高級筆記具に興味を持つようになった”、という内容を以前書きましたが、本来、モンブランに対して、特別な思い入れはありません。もちろん、昔からモンブランの名前は知っていましたが、特に憧れる存在でもなかったのです。モンブランに対しての知識があまりなかったのも事実でしょう。

だから、モンブランがロレックスのイメージに重ねられて語られていることに対して、“なるほど、そんな面もあるかな?”と思った反面、(ロレックスでは感じていたことですが)強すぎるブランドイメージに嫌悪感を抱くこともありませんでした。

そもそも、モンブランにロレックスほどのブランド力は感じないし、この位のブランド化なら落胆することもないと思います。

昔からのモンブラン愛好家には許せないのかもしれませんが、私は現行のモンブランは普通に好きです。

|

« 楽しむためのM1000 | トップページ | 149と146 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再度モンブランについて:

« 楽しむためのM1000 | トップページ | 149と146 »