« 149と146 (3) | トップページ | 10ヶ月の間に »

2006年2月28日 (火)

携帯用の144

149、146と買った後、3本目のマイスターシュテュックとなったのが144です。144は、購入直後から携帯用の万年筆として活躍し続けており、M400と並んで、使用頻度の高い万年筆です。

144の書き味に対しては、特に感動したことはありません。感動はしないのですが、とても好きな万年筆です。

使用の際、思わず身構えてしまう万年筆があります。それはそれで悪くはないと思うのですが、頻繁に使う万年筆に、いちいち緊張してはいられません。その点、144は気楽に使えるのです。

いや、正確には、“気楽に使える”という表現よりも、“容赦なく使える”という表現が良いかもしれません。

決して安い万年筆ではないので、紛失しないように、あるいは落として壊さないように注意していますが、使うときには何も考えていません。乱暴に扱うつもりはないけど、必要以上に大切にもしていません。

“万年筆は大好きだけど、必要以上に万年筆を意識しない”、これ位の気持ちでいる方が、趣味として長続きしそうです。

|

« 149と146 (3) | トップページ | 10ヶ月の間に »

コメント

今晩は、GMTです。
モンブランは落とさない様に注意しましょう。
修理代は、参考までに…
クラッシックのシャープペンシルは中のプラスチックの割れ=¥8000
221のキャップの交換=¥15000
です。
ともに、購入価格と同じくらい掛かりました。

投稿: GMT | 2008年10月13日 (月) 22:33

今晩は、GMTです。
モンブランは落とさない様に注意しましょう。
修理代は、参考までに…
クラッシックのシャープペンシルは中のプラスチックの割れ=¥8000
221のキャップの交換=¥15000
です。
ともに、購入価格と同じくらい掛かりました。

投稿: GMT | 2008年10月13日 (月) 22:33

GMTさん、こんばんは。

やはり、修理代は高いですね。
私は運が良いのか、有料修理は経験していませんけど、持ち歩く際には注意が必要ですね。

投稿: royalblau | 2008年10月13日 (月) 23:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯用の144:

« 149と146 (3) | トップページ | 10ヶ月の間に »