« 万年筆の再評価 | トップページ | MontegrappaとLAMY »

2005年12月 3日 (土)

最も好きな万年筆

少し考えてみましたが、非常に難しいです。

“最も書きやすい万年筆”が、“最も好きな万年筆”とは限りません。それ以前の問題として、“最も書きやすい万年筆”が何なのか、これも決まっていません。

“理想の万年筆を捜し続けているのであって、決してコレクションの目的で購入しているのではない”、などと考えているのですが、それにしても増えてしまいました。結局、時計と同じ事を繰り返してしまったのかもしれません。

今のところ、“最も好きな1本”を確定することは出来ませんが、何本かに絞り込むことは出来ます。候補としては、オプティマ、エキストラ、伯爵を挙げます。さらに、149、146、デュオ、リエゾンも加えたいです。ついでに、144、M400、イプシロンなども好きです。

どうやら、絞り込めていないようです。

|

« 万年筆の再評価 | トップページ | MontegrappaとLAMY »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最も好きな万年筆:

« 万年筆の再評価 | トップページ | MontegrappaとLAMY »