« 144のインク (6) | トップページ | 大容量化に伴って »

2005年11月 1日 (火)

モンテグラッパが欲しい

今まで、アウロラ以外のイタリア製万年筆は避けていました。

アウロラ(特にオプティマ)のデザインが好きで、他の万年筆に対してあまり興味が無かったのも事実ですが、イタリア製はトラブルが多いとの情報から、意識的に避けていたところもありました。

最近になって、モンテグラッパを試し書きする機会がありました。

最初、ミヤを試し書きしました。すると、書き味が想像以上に気に入ってしまったのです。しかし、残念なことに、ペンを持つ部分がちょうど太く、この軸の形状にどうしても馴染めないのです。そこで、シンフォニーやプリビレッジも試してみました。これも書き味は全く問題ないのですが、八角形の軸のため、何となく持ちにくく感じてしまいました。

それでも、書き味はとても好きだったので、少し位の持ちにくさは我慢して、ミヤかシンフォニーを買おうかと思っていたところ、もう1本、エキストラ1930を試しました。すると、本当に持ちやすく感じました。ペン先の感触も悪くなく、“買うならこれしかない”と思いました。

しかし、吸入機構の調子が悪く、修理が必要なため、購入は見送りました。それに、1930ではなく、普通のエキストラの方が色合いが好きなので、実際に買うならこちらになりそうです。

それにしても、モンテグラッパは綺麗ですね。質感は素晴らしいです。ついでに、トラブルも多そうです。覚悟が必要でしょう。

それで、エイシアの購入延期は確実です。

|

« 144のインク (6) | トップページ | 大容量化に伴って »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンテグラッパが欲しい:

« 144のインク (6) | トップページ | 大容量化に伴って »