« 万年筆のための便箋 | トップページ | 万年筆のための便箋 (3) »

2005年11月21日 (月)

万年筆のための便箋 (2)

昨日購入した便箋の感想です。

試したインクは、モンブラン(ロイヤルブルー、ブラック)、ペリカン(ブラック)、アウロラ(ブルー、ブラック)、ウォーターマン(フロリダブルー)、ファーバーカステル(ロイヤルブルー)、クロス(ブルー、ブラック)、ロットリング(ウルトラマリーン、ブラック)、パイロット(ブルーブラック、ブラック)、セーラー(極黒)、プラチナ(カーボンブラック)です。

“エレガンス”がコットン100%、“クラシック”がコットン25%、と書かれていますが、両者にそれほどの差は感じません。“クラシック”の方が若干クリーム色が強く、紙面が滑らかです。

これらの便箋は、通常の紙よりもインクを多く吸い込むのか、筆跡が鮮明です。特にブルー系のインクの色が、濃く鮮やかになるのは、とても気に入りました。一部のインクを除いて滲みも少なく、万年筆用の便箋として使うことに問題はないでしょう。

一部のインクとは、パイロットのブルーブラックおよびブラック、プラチナのカーボンブラックです。気になる滲みかどうかは、何とも言い難いです。

また、紙面があまり平滑ではないので、引っ掛かりの強いペン先では書き難く感じることもあるでしょう。

ただし、限られた条件でしか試していないので、これらのことは参考程度として下さい。

それでも、私が手紙用として使う万年筆とインクの組み合わせでは、全く不満はないので、次回手紙を書くときは、この便箋を使ってみます。

|

« 万年筆のための便箋 | トップページ | 万年筆のための便箋 (3) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆のための便箋 (2):

« 万年筆のための便箋 | トップページ | 万年筆のための便箋 (3) »