« 欲しい時計 (3) | トップページ | 買い集めることと使い続けること »

2005年9月26日 (月)

カーボンブラックと極黒 (2)

最近、少し忙しかったので、万年筆を放置していました。比較的高価な万年筆には安全なインクしか使用していないし、それほど長い期間放置していたのではないので、特に問題は発生していません。

それでも、カーボンインクを入れた万年筆は少し気になります。

現在、セーラーのヤング・プロフィット(中細、太)に極黒、プラチナの14kスタンダード(極細)にカーボンブラックを使用しています。どちらもカートリッジインクです。なお、ヤング・プロフィットはもう1本、ズームを持っていますが、これにはジェントルブラックを入れています。

これら4本と、モンブランマイスターシュテュック144、ペリカンM400、アウロライプシロンが、常時持ち歩いている万年筆です。しかし、常時持ち歩いているからこそ、油断してしまうとも言えるのです。

さらに、144、M400、イプシロンの方が書き味が良いので、そちらを優先して使ってしまうのです。

ヤング・プロフィット(中細)のフローが若干悪くなってきた気がします。洗浄が必要かもしれません。

また、カーボンブラックと極黒を併用してきましたが、どちらかと言えば、カーボンブラックの方が好きです。ただし、万年筆自体が違うので、正確な判断ではないです。

|

« 欲しい時計 (3) | トップページ | 買い集めることと使い続けること »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーボンブラックと極黒 (2):

« 欲しい時計 (3) | トップページ | 買い集めることと使い続けること »