« ファイロファックス ハムステッド | トップページ | カウンターの設置 »

2005年8月24日 (水)

シャープペンシルの表記法

昨日、気が付いたのですが、あの有名な Moon Stationery's Magazine で作成された、すずみアンテナ の中に、このBurgundy が入っているではないですか!

どうもありがとうございます。

でも、本当に良いのですか? こんなブログで。確かに文房具ネタは多いかもしれませんが、内容は薄いですよ。それでも、リストから外されないように頑張っていきますので、どうかよろしくお願いします。

ところで、Column - 編集後記 (2005.08-2) を読んでいて感じたのですが、価格の高いシャープペンシルの表記方法は、確かに難しいですね。私もブログ内では、どのような表現が適切なのか考えたことがありますが、結局のところ、曖昧にしています。

一応、私の考え方としては、外国産のシャープペンシルは価格に関係なく“シャープペンシル”とは表記せず、国産の場合は基本的に“シャープペンシル”としています。

理由は簡単です。メーカーがそのように表記しているからです。国産は、三菱鉛筆、トンボ鉛筆、ペンテル、パイロット、セーラー等は“シャープペンシル”を用いているはずです(ゼブラは“シャープ”でした)。

外国産については詳しく調べていませんが、当然“シャープペンシル”は使わないですし、“ペンシル”と表記されていることもあるので、それ以上は深く考えずに“ペンシル”を使っています。

本当は、どうするのが良いのでしょうか?

|

« ファイロファックス ハムステッド | トップページ | カウンターの設置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/5621007

この記事へのトラックバック一覧です: シャープペンシルの表記法:

« ファイロファックス ハムステッド | トップページ | カウンターの設置 »