« 手紙を書いています | トップページ | ROLEX SEA-DWELLER (2) »

2005年7月10日 (日)

ROLEX Air-King (2)

久しぶりにAir-Kingを使ったので、また記事にしてみます。前回の記事は、読み返すと恥ずかしい部分もあるのですが、消さずに残しておきます。内容が重複する可能性も非常に高いですが、許してください。

Air-Kingは、使いやすい時計です。でも、決して最高の時計とは言いません。むしろ、私の中では印象の薄い時計です。

文字盤の視認性が特別優れることもなく、ブレスの質感はあまり高くなく、姿勢差による精度の安定性は良いとは言えません。突出した長所を持つ時計ではないのです。印象が薄いのも当然かもしれません。

その代わり、目立った欠点も見つかりません。適度な大きさと重さで、ある程度の防水性も期待できる。必要以上に高級感を感じることがないので、比較的気楽に使うことができる。つまり、使いやすいのです。

今まで、何か大切な日にAir-Kingを選んで使ったことはないと思います。しかし、何となく疲れてしまった日とか、どの時計を使うか考えるのが面倒になった日に、無意識に使っているのがAir-King、という確率は非常に高いと思います。

この位の大きさの時計ならば、必ずしもAir-Kingである必要はないのですが、他にこれほどバランス良くまとまっている時計は、それほど多くは存在しないと思います。

|

« 手紙を書いています | トップページ | ROLEX SEA-DWELLER (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/4917794

この記事へのトラックバック一覧です: ROLEX Air-King (2):

« 手紙を書いています | トップページ | ROLEX SEA-DWELLER (2) »