« 144とM400 (2) | トップページ | Burgundyとroyalblau »

2005年7月16日 (土)

カランダッシュ フロスティー

carandache_frosty今日は、ダーマトグラフを買うために文具店に行ったのですが、ついでにステッドラーのアバンギャルド・ライトと、カランダッシュのフロスティーを買ってしまいました。どう考えても、ついでの買い物の方が高かったです。

ダーマトグラフは、仕事で使うために買いました。でも、当分出番はないはずです。

アバンギャルド・ライトは、本当は女性用だったらしいですね。でも、軽くて使い勝手は良さそうです。気が向けばそのうち記事にするかもしれません。

さて、今日の本題に入ります。カランダッシュのフロスティーですが、思った以上に良かったです。さすがにエクリドールのような高級感はありませんが、デザインも良く、価格を考慮すれば、十分に納得できます。重すぎず、持ちやすく、書きやすいボールペンです。普段使いのボールペンとして活躍しそうです。

不満な点を挙げれば、リフィールがフロスティー専用となってしまうことでしょうか。このペンのサイズなら、通常のゴリアットが使えるはずなのに、少し残念です。それでも、フロスティーの書き味が気に入らないわけではないので、それは我慢しましょう。

もう一点、クリップの強度に不安があります。デザインは良いのですが、乱暴に扱うと簡単に折れてしまうのではないかと思います。注意して使うようにします。

実は、ブルー、ブラックの他にレッドも買ったのですが、レッドは既に人にあげてしまいました。最初からそのつもりで3本も買ったのですけどね。書きやすいと喜んでもらえたので良かったです。でも本当は、オプティマ バーガンディ のボールペンを狙われているのです。

|

« 144とM400 (2) | トップページ | Burgundyとroyalblau »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カランダッシュ フロスティー:

« 144とM400 (2) | トップページ | Burgundyとroyalblau »