« 144とM400 | トップページ | カランダッシュ フロスティー »

2005年7月15日 (金)

144とM400 (2)

実は、昨日は記事を書きながら、少し眠っていました。目を覚まして、慌てて投稿したので、中途半端な記事になってしまいました。だから、もう少し付け加えさせていただきます。

144とM400の比較ならば、書き味が好きなのは144です。しかし、使用頻度が高いのはM400なのです。つまり、書くことを楽しむのは144、書くための道具としてはM400、という感覚が私の中にあるのかもしれません。

146とM800、あるいは149とM1000という対比ならば、書くためのマイスターシュテュック、楽しむためのスーベレーンということになるので、これは逆の関係になっています。

144とM400では、どちらを人に勧めるか、と聞かれれば、M400を選ぶでしょう。そもそも、M400の方が入手が容易ということもありますが、客観的に見ればM400の方が完成度が高いと思います。

でも、私としては両方好きなので、どちらか一方には決められないのですけどね。

|

« 144とM400 | トップページ | カランダッシュ フロスティー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 144とM400 (2):

« 144とM400 | トップページ | カランダッシュ フロスティー »