« 時計や万年筆について思うこと | トップページ | 万年筆との出会い »

2005年5月 5日 (木)

ROLEX Air-King

rolex_airking時計と文房具に関するブログと宣言しているのに、時計については、まだまともに書いていないので、とりあえず自分の時計を少しずつ紹介していきたい。紹介する順番は、基本的に、その日使用した時計ということにしたい。しかし、その順番では、数日続けて同じ時計になる可能性も高いし、いつまでも出てこない時計もあるかもしれない。それに、大量には時計を所有していないので、すぐに話が尽きてしまうかもしれない。でも、それはまたその時にでも考えよう。

ところで、時計に興味を持ち始めると、次第に中の機械に対して関心が高まる。それは良いことだと思うし、否定するつもりは全くない。しかし、ムーブメントのみを重視し、外見は全く異なっていても、ベースとなるムーブメントが同じなら、時計の価値も同じである、と言う考えには賛同できない。

確かに、ムーブメントは時計の中で極めて重要な要素である。それと同時に、1つの要素でしかない。ムーブメントを重要視するあまりに、時計の選択肢を自ら狭めてしまうのは、非常にもったいない。

ここまで書くと、自分の時計選びの基準を示さなければならないだろう。簡単に言えば、シンプルで時間が読み取り易い文字盤と針を持ち、信頼性の高いムーブメントを搭載した時計、である。もう1つ、最も重要な点として、時計のデザインが自分の好みであることだ。

そろそろ本題に入りたいと思う。時計に対する思いを述べた後に、これを持ってくるのはあまり気が進まないのだが、最初に今日使った時計を紹介する、と宣言してしまったし、そのために写真を準備しているので、予定通りROLEXのAir-Kingについて書いてみる。

例えば、友人から時計購入の相談を受けた場合、必ず候補の中の1つとなるのがAir-Kingである。時計なんて、Air-Kingが1本あれば、何も問題ないだろう。オーバーホール時に、国産のクオーツ時計でも買い足しておけば、本当に他には何も必要ない。時計のために無駄なお金を使うこともない。それほどAir-Kingは完成度が高く、バランスの取れた時計だと思う。

それでは、なぜ、Air-King以外にも時計を持っているのか? という質問があるかもしれない。それは、Air-King、いや、ROLEXは何か物足りないのだ。道具としての時計であれば、ROLEXは極めて高いレベルにあると思う。しかし、時計に道具以上の何かを求めた時、ROLEXでは満たされないからだ。

それを説明するためには、他の時計の紹介が必要なので、ここで今回の話は終わりとする。

|

« 時計や万年筆について思うこと | トップページ | 万年筆との出会い »

コメント

ロレックスで全く無知なのでお力を貸して欲しいのですがデイジャストってこのモデルと同系列のモデルなんでしょうか?
検索しても中古販売がヒットするので古いモデルと言うことだけわかりましたが・・形見として引き継いだには良いのですがかなり祖父もツワモノで畑仕事にも付けっぱなしで使っていたみたいで風防も(有機ガラス?)ボロボロでロレックスって耐久度はミリタリーウォッチ並なのかと変に関心しています。何十年も前の物なのか時間は酷い時に3,4時間はずれます(苦笑)がほぼ正常に動いているので一生物というのが実感できます。
自分もロレックスは嫌いです。ただ使うと、道具として側に在ると好きですね。
長文だらだらと申し訳無いです(^^;)

投稿: 通りす狩り | 2006年2月 4日 (土) 02:58

通りす狩り さん、コメントありがとうございます。
ブログ開始直後に書いた内容なので、今読み返してみると、自分でも恥ずかしいところがありますが、基本的に考え方は変わっていませんね。
“デイトジャスト”とは、オイスター(オイスターケースを採用した)・パーペチュアル(自動巻き)・デイト(カレンダー付き)・ジャスト(カレンダーの日付が瞬時に変わる)時計です。そして、クロノメーター(公式に精度を保障)です。
それに対して“エアキング”は、オイスター・パーペチュアルというだけです。クロノメーターでもありません。
つまり、デイトジャストからカレンダーを取り除き、さらに公式な精度検定を受けていないのがエアキング、という感じです。
ロレックスの時計(オイスター・パーペチュアルの系統)ならば、中途半端なミリタリーウォッチよりも耐久性は高いと思います。安心して長く使える時計であることに間違いはないでしょう。大切に使い続けてください。
だたし、その精度は少し心配ですね。もしも長年オーバーホールを実施していなかったのなら、早急に行った方が良いと思います。
ロレックスは使うための時計です。使い続けてこそ、良さを実感できると思うのです。

投稿: royalblau | 2006年2月 4日 (土) 08:42

詳しい解説有難う御座いました!
もうロレックスはわからない単語がごろごろ出て来たので単語単語の意味が判りました!

精度は確かに・・・オーバーホールも多分全くされていないかもしれません(汗)ただ形見なのでなかなかOBに出すのは難しいところです。

>ロレックスは使うための時計です。使い続けてこそ、良さを実感できると思うのです。

同感です。良い言葉です(^^)変わらない何かが側に在りますね。
色々有難う御座いました。これからも記事楽しみにしてま~す!

投稿: 通りす狩り | 2006年2月 4日 (土) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73549/3985565

この記事へのトラックバック一覧です: ROLEX Air-King:

« 時計や万年筆について思うこと | トップページ | 万年筆との出会い »