« 万年筆との出会い | トップページ | 鉛筆削り »

2005年5月 7日 (土)

ウォーターマン クルトゥール

waterman_k 万年筆に対して、本格的に興味を持って以来、高いものから安いものまで、色々な万年筆を買ってみた。安い万年筆は、気が付けば使わなくなってしまったり、すぐに処分してしまったものもある。

安価な万年筆でも、日常的に使用しているのは、ウォーターマンのクルトゥール・ライト・ソフトである。ボールペンと共に購入し、鞄の中に放り込んでいる。値段の割りに書き味も良いと思うし、気を使うこともなく使えるので、仕事中のメモ書きなどには出番が多い。

しかし、購入直後は使い勝手が悪く、使用を止める寸前のところまで行っていた。その理由は、この万年筆を持っている人なら当然知っていると思うが、とにかくインクが乾きやすいこと。特に純正のブラックを使っていると、半日も経たない内にまともに書けなくなってしまう。フロリダブルーを使えば、少しは改善されるが、インクの煮詰まり具合があまりにも目立ち、気に入らなかった。

そこでコンバーターを購入し、クインクのブラックを入れてみたが、これもあまり良くなかった。実はこの頃には、所有する万年筆が20本を越えていたので、クルトゥールを使わなければならない理由など何もなかったが、何となく使い続けていた。

その頃、ロットリングのフリーウェイはコンバーターを付けて、パイロットのブルーブラックを入れていた。それで何となくクルトゥールにも入れてみたら、これがとても相性が良く、以後パイロットのブルーブラックに落ち着いた。

もしもパイロットのインクを買っていなかったら、クルトゥールは完全に出番を失っていたに違いない。しかし、その代わりに他の万年筆の出番を奪ったことになるので、どちらが良かったかは、なんともいえない。

それでも、クルトゥールは好きだ。

|

« 万年筆との出会い | トップページ | 鉛筆削り »

コメント

おじゃまします。
私は、このボールペンを2本色違いでもってますが、最近特に表面がべたつく様になりました。
そちらの万年筆の表面の状態はどうですか?

投稿: GMT | 2008年10月 2日 (木) 07:25

GMTさん、こんにちは。
随分と古い内容なので、自分でも何を書いたか、ほとんど記憶に残っていませんでした。
ちょっと、懐かしさを感じたりして・・・。

ところで、私のクルトゥールですけど、やはりベタつくようになっていました。
同じ色の万年筆とボールペンが、各2本ありますけど、しまい込んでいたものより、無造作に置いていたものの方が、ベタつきが少ないような気がします。

似たようなベタつき(艶消し状の滑り止めの劣化)は、10年以上前に購入した、カメラでも発生しています。
当時は、このような劣化を生じることを把握していなかったのでしょうか。

投稿: royalblau | 2008年10月 2日 (木) 16:45

ありがとうございました。
やはりそうでしたか、特に蛍光イエローが顕著です。

めっきり涼しくなりましたので、皮ベルトの時計ネタお願いします。
会社の部下が先週ギーゼのパンダ、日本限定購入しました。(高ーい)もったいぶってまだ見せてもらえません。

投稿: GMT | 2008年10月 2日 (木) 17:25

>やはりそうでしたか、特に蛍光イエローが顕著です。

特にイエローが良くないということですね。
イエローしか持っていない私にとっては、残念な結果です。

>めっきり涼しくなりましたので、皮ベルトの時計ネタお願いします。

そうですね・・・。
当分の間は、新しい時計を買うことはないと思うのですが、写真を撮る位なら・・・。

>会社の部下が先週ギーゼのパンダ、日本限定購入しました。(高ーい)もったいぶってまだ見せてもらえません。

それは凄いですね。
IWCも、本当に高くなりましたから。

投稿: royalblau | 2008年10月 2日 (木) 18:28

今、代理店に連絡したら交換すると言ってましたので
着払いで送りました。
何件かクレームで来てる様です。

投稿: GMT | 2008年10月 3日 (金) 14:10

GMTさん、情報ありがとうございます。
これは、完全に新品と交換になるのでしょうか。
その場合、ボールペンは全く問題ないとしても、万年筆だと微妙な感じかしますね。

投稿: royalblau | 2008年10月 3日 (金) 20:22

こんにちは
代理店から連絡があり、外装(胴、キャップ)の交換で対応するとのことです。
原因までは追求しませんでした。
イエロー&アンバー二本外装新品になりました。

投稿: GMT | 2008年10月 6日 (月) 12:32

GMTさん、こんにちは。

>代理店から連絡があり、外装(胴、キャップ)の交換で対応するとのことです。

なるほど。
万年筆の場合、それがありがたいです。
でも、ボールペンなら、全交換の方がインクも新しくなって嬉しいかもしれませんね。

>原因までは追求しませんでした。

素材が改良されていなければ、数年後には同じ症状が出るかもしれませんね。

この際、ベタつきはアルコールで拭き取って使おうかと、そんなことを考えていました。

投稿: royalblau | 2008年10月 6日 (月) 17:27

今日、到着しました。
時計で言う所のオールニューです。
べたつきが無くなり気持ち良いです。

投稿: GMT | 2008年10月 7日 (火) 16:23

そうですか。
良かったですね。
結局、私はアルコールで拭いてしまいました。
透明感のある蛍光イエローとなり、当初予想していたよりも気に入っています。
でも、代理店に交換依頼する方が正しいと思います。

投稿: royalblau | 2008年10月 7日 (火) 17:52

こんにちは。私もクルトゥールのブルーの万年筆を持っており、royalblauさんと同じくインクの乾燥に愛想をつかして長い間机の引き出しにほおっておいたのですが、ふと、また使ってみようかなと思ったところ、ボディがにちゃにちゃで・・洗ってもだめで・・何か情報ないかと検索していたらこちらにたどり着きました。しかも2005年にアップされたものに、同じこの時期にGMTさんもここにたどりつかれ、同じようなベタ着きで困っておられるコメントにびっくりしました。royalblauさんのもベタついているんですね。メーカーに相談しようとは思っていましたが、GMTさんも交換してもらえたとの事なので、やはり私もお店に持っていってみます!インクの乾燥でうまくかけなかった時、実は2回もペン先を傷め交換してもらったことがあります(^_^;)安い商品にも関わらず、すごく対応がよかったのでウォーターマンは好印象です。royalblauさんのようにたくさんの万年筆は買えませんが、いつか少しよい万年筆を持ちたいと思っています。またこちらのブログにお邪魔させていただきます。

投稿: あつごん | 2008年10月 9日 (木) 11:14

今晩は、クルトゥールのベトベト感は気持ち良いものでないので
代理店での交換は早い方が良いと思います。部品が有る限りウォータマンの代理店は対応してもらえると思います(私も好印象です)無料ですし。

投稿: GMT | 2008年10月10日 (金) 21:17

>代理店での交換は早い方が良いと思います。

私も、それが最善の策だと思います。
エタノールは、少々乱暴な解決策ですね。

投稿: royalblau | 2008年10月10日 (金) 21:55

ウォーターマン クルトゥールと検索して、こちらに辿り着きました。

私のクルトゥールも、ベタベタ状で・・青の新品と黄色の2本を持ってます。

代理店にお出しして戻って来た物は、ベトベトを取り除いた物なのでしょうか?

それとも、まったくの新品の改良品?

色合いとかはどのような物なのでしょうか?

現在は、ベトベト感はありますか?

私も気に入って買った物なので、永く持っていたいんですよね。。

*インクの事ですが、とても参考になりましたヽ(´▽`)/

投稿: riebon | 2010年7月 5日 (月) 04:21

riebonさん、はじめまして。

結局、私はアルコールで拭き取った状態で使い続けましたので、交換品がどのような状況なのか把握していません。
(誰か教えてください・・・。)

不具合発生品の交換なので、普通に考えれば劣化対策は施されていると思います。
クルトゥール以外の事例ですが、最近の同じ様な風合いを持つ製品では、短期間でベトベトになるということは聞いていませんので、新たな素材を使用しているのではないでしょうか。
(推測ばかりでこめんなさい。)

投稿: royalblau | 2010年7月 5日 (月) 09:04

royalblauさん 早速のレスありがとうございます。

交換なさったのは、GMTさんだったんですね。。

で、私のクルトゥールは・・アルコールなる物がなかったので・・
ネイルのリムーバーをおそる恐る使ってみました・・・ところ・・胴は大成功^^V 
キャップの方が・・クリップの内側が・・(lll゚Д゚) やはり・・磨ききれませんでした。。

胴は、意外とリムーバーで必死に何度も拭いている内に
つるんと綺麗になっていくのですが、キャップの方は、ナカナカ曇りが無くなりませんでした。ナジェ?(u_u。)

パンパンに張った親指と引換に95%は、スケルトンコバルトブルーで良い塩梅に脱皮が出来ました( ^ω^ )

色の方は・・どうしよう。。

アルコールなら?直ぐに綺麗に変身出来るのかな(゚ー゚)?

話は、変わりますが花の写真が綺麗ですね^^
ちょこちょこと読ませて頂きます。

投稿: riebon | 2010年7月 6日 (火) 02:09

riebonさん、こんにちは。

アルコールによる拭き取りは、劣化(ベトベト化)が顕著な部分では綺麗に除去できますが、劣化していない部分は拭いても効果はなかったような・・・。
私も、途中で諦めました。

>話は、変わりますが花の写真が綺麗ですね^^

ありがとうございます。
まだまだ下手な写真が多いですが、気楽に楽しんでいます。

投稿: royalblau | 2010年7月 6日 (火) 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーターマン クルトゥール:

» 「ウォーター」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 ウォーター 」の検索結果で、「Burgundy .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005年5月10日 (火) 11:53

« 万年筆との出会い | トップページ | 鉛筆削り »