« ウォーターマン クルトゥール | トップページ | アウロラ イプシロン »

2005年5月 8日 (日)

鉛筆削り

sharpener1 会社では、万年筆あるいは鉛筆を使うことが多い。鉛筆を使えば、鉛筆削りが必要になる。そこで、このファーバーカステル(写真:左)とステッドラー(写真:右)の鉛筆削りをいつも使用している。

使い勝手が良いのはステッドラーだ。ファーバーカステルは写真のように蓋を閉じると、削りカスが上から下に下りてくるので、どうしても汚れやすい。しかし、削り心地が良く、きれいに削れるのはファーバーカステルだ。

また、ファーバーカステルが3穴、ステッドラーが2穴で、どちらも太軸鉛筆に対応しているが、太軸鉛筆を持っていないので、まだ試していない。

sharpener2他にも、ファーバーカステルの車輪付き鉛筆削りを会社に置いている。見ていて楽しくなるデザインだ。手で押せは走る。しかし、車輪が付いているおかげで、鉛筆を削るときに安定感が悪くなるため、鉛筆削りとしては、ほとんど使っていない。

|

« ウォーターマン クルトゥール | トップページ | アウロラ イプシロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆削り:

« ウォーターマン クルトゥール | トップページ | アウロラ イプシロン »